翻訳者への道(1)翻訳者への第一歩を踏み出すまで

私はまだ翻訳の経験年数は浅いです。
なので、あまり分かったようなことは言えません。

それでも私の個人的な考えをあえて言わせていただけるなら、
翻訳は確実に需要があり、
実力があれば仕事はいくらでもあります。

何でもそうですが、「未経験」から最初の職を見つけるのが難しい。

でも、いったん「翻訳者」として踏み出すことさえできれば、
ステップアップは容易だと私は感じています。

私が第一歩を踏み出すまで

塾講師として2年ほど勤務した後、
はじめて派遣会社というものに登録に行きました。

できれば翻訳のようなお仕事を紹介してもらえたらなぁ、
という甘い気持ちでした。

自分が翻訳の仕事をするにあたってのアピールポイントは

・ 塾講師として、英語を正しく理解する能力は身についている。
・ いわゆる学校用の「英文和訳、和文英訳」の訓練はたくさんしている。
・ フランス語の翻訳経験ならある。(詳しくはこちら
・ TOEIC980点。

まあ、結論を言うと、
これでは何の役にも立ちませんでした。

「翻訳の仕事をするために、勉強はしていますか?
 学校に通っているとか、通信講座を取っているとか」


コーディネーターさんに聞かれました。

「いいえ、特にしていません」

「翻訳の仕事がしたいと言って登録にいらっしゃる方は、
 はっきり言ってたくさんいます。

 昨日だったかな、お一人そういう方がいらっしゃいました。

 その方は、ご自分で勉強されて、
 翻訳の検定試験の資格もお持ちでした。

 その方にはちょうどぴったりの翻訳のお仕事があって、
 ご紹介できそうなんですが・・・」


結果的に、

「(その方には紹介できても、)あんたには翻訳の仕事なんてねぇよ

ということだったんですね。



ショックでした。

コーディネーターさんにそう(直接的にではないにしろ)
言われたのもショックだったし、
自分の考えが甘かったと知ったこともショックでした。

私の場合は特に、塾講師の経験しかないので
一般企業に勤めたことがないのもネックであり、
自分自身もそれを非常にコンプレックスに感じていました。

(一般企業を経験した今、考えてみると
 一般企業に対して何をそんなに卑屈になる必要があったのか、
 不思議で仕方ないですが・・・)

結局、お仕事の紹介は

「英語の必要ない一般事務からはじめませんか?」
というものでした。

まず自分で翻訳の勉強をしながら一般企業での勤務経験を積んで、
英語を使うお仕事に徐々にステップアップしていきましょうよ、と。

本当に、もっともらしく聞こえました。

その通りだなぁと思いました。

数日後、一般事務の紹介の電話がありました。
「一般企業の経験のない人でも、
 育ててあげようとおっしゃっている企業さんだから」と。

時給は、正直安かったです。
しかも、翻訳どころか、英語が全く必要ない仕事なんて・・・

でも、数ヶ月くらい我慢して、
次は英語をちょっと使うお仕事、次は・・・、と
少しずつステップアップしていくしか、ないのかな・・・?

TOEIC、980点を持っていても・・・?

これなら、塾講師を続けていた方がよっぽどいいなと思いました。
やりがいの面でも、お給料の面でも。

別の塾への転職活動も同時に行っていて、
条件の良いところがちょうど見つかった時でした。

結局、一般事務のお仕事は、お断りしました。
そして、やっぱり一番好きな塾講師に戻ることにしたのです。

⇒ 翻訳者への道(2)翻訳者として、一歩目を踏み出す へすすむ


英語のお仕事体験談・英語のプロの情報の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ