独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

英語転職に有利になる資格は?TOEIC900なんていらない!

エバンス愛

サムネイル

最近スカイプでお話ししたコミュニティメンバーさんで、偶然「英語を使う仕事への転職を目指しています」という人ふたりとお話しする機会があったんですね。偶然、2人とも「英検1級かTOEIC950点くらいを取って、それから応募しようと思っています」と同じことを言っていました。

相談者さんからすると「高い資格を持っていた方がいいに決まっているし、安心だし」ということなんだと思います。

 

実際のところ、英語を必要とする仕事をするには、TOEIC900点や英検1級など、高い資格があればあるほど有利なんでしょうか?

このページでは、その真実を明かします。また、「『本当に』英語転職に有利になるモノ」についても私の本音でお伝えします!

 

英語転職をかなえるには資格が高いほど有利?

まず、TOEICや英検などの資格が有利になる場面とそうでない場面について、考えてみます。

「有利」とは具体的にどういうこと?

「有利になる状況」というのを、少し詳しく検討してみましょう。

あなたが他の候補者と比べて「有利」になる状況というのは、たとえば他の候補者がTOEIC700点台のところを、あなたがTOEIC950点を持っていれば、それは有利になると言えます。(「有利」という言葉を使うのは微妙なんですが、あえて。理由は後ほど説明します)

逆に、他の候補者がみんなTOEIC800点台後半とか900点台だったら、あなたが950点持っていても「有利」にはなりませんよね。他の人と似たり寄ったりですから。(※雇う側にとっては、たとえば880点と950点とかいう違いは、誤差です)

 

ただし、これは実際にその仕事にどの程度の英語力が求められるかで、現実が全く変わります。

あなたが本当の意味で「有利」になれるのは、割とレベルの高い英語が必要な仕事(英語会議や複雑なメール文作成など)が日常的に発生するなど、TOEIC900点台程度が期待されるような仕事にあなたが950点で応募し、他の候補者の多くがTOEIC700点台だった・・・という状況です。

 

高すぎる資格がマイナスになることも・・・

でも、「簡単な英文メール作成が月2〜3回」とか、「英文資料作成業務はあるけど、テンプレートがあって、単語と数字の入れ替えがほとんど」といった仕事の場合はどうでしょう? TOEICで言えば、600点台や700点台でも十分にできる仕事です。採用条件として「TOEIC600点以上」と書いていたとしましょう。

そこに、他の応募者が700点台で、あなたが950点で応募した場合、それでもあなたは「有利」だと思いますか?

 

もちろん、素直に「あなたのようなレベルの高い方に来てもらえてありがたい。採用!」となる場合もあるとは思いますが、overqualified(資格過剰)と見なされ、かえって不利になることもあります。

※overqualified・・・必要以上に教育を受けている、資格過剰の ◆求職者や被雇用者が、その仕事で必要とされるレベルをはるかに超える能力・経験・学歴などを持っていること。一般に、そのような仕事はふさわしくないというニュアンスを持つ。(英辞郎より)

 

雇う側からすると、TOEIC600点程度の英語力があればできる仕事にTOEIC900点ホルダーが応募してきて、「英語を活かして仕事をするのが目標です!」なんて熱くアピールされた日には、どう感じると思いますか?

「こんなに英語ができると、うちの仕事はつまらないだろうな」「このスコアだったら、もっといいところに就職できそうなのに・・・なんか問題ありの人材なのかな」「仕事が物足りなくなってすぐ辞められても困るんだよね・・・」と、ネガティブな勘ぐりをされることもあります。

「もちろん英語力でお役に立てれば幸いだし、自分にお手伝いできることがあれば喜んでやらせてもらうが、英語は最重要ではない。自分はこのように御社に貢献したい」と、英語以外のアピールがきちんとできていれば問題ないのですが、英語が全面に出ていると上記のような事態になることも。

 

じゃあ、通訳など英語の専門職だとどうなのかというと、英検1級やTOEIC950点では自慢にもアピールにもなりません。英検1級やTOEIC900点程度は通訳としては「ど素人レベル」なので、そのレベルには最低限いますということを示すことはできますが、「有利」にはなりません。

詳しくは、以下のページにも書いています。

通訳翻訳に英検1級は有利?「もう少し勉強してから病」流行警報!

 

というわけで、「英語の資格は高ければ高いほど有利」なのではなく、あくまでもその仕事に求められる英語力に見合う範囲で、他の応募者よりハイスコアだったら有利ということです。それよりも、英語以外のスキルや経験が重要です。

 

資格のために転職活動が遅れるのでは元も子もない

現時点で英検1級、TOEIC900をすでに持っているなら、それがない人よりは当然有利になり得ます。ただし、現時点でそうではない場合、スコア獲得のために就職活動が大幅に遅れるようでは逆効果です。

「TOEIC900になったら、英検1級になったら」どこかに応募しはじめようという思考は、捨てましょう。

 

現時点でたとえばTOEICが500点、600点といった場合、900点の取得に今後何年もかけるようなら、今できる英語関係の仕事にさっさと応募する方がいいです。(後先考えず今の仕事を辞めることを薦めているわけではありませんが)そして、実務経験を積みながらコツコツと英語のレベルアップをはかり、キャリアアップを目指しましょう。

英検1級やTOEIC900点に過度な期待を抱かず、TOEIC700、800など、途中の段階で応募可能な英語力と実務経験が磨けるポストが見つかればそこでしっかり経験を積み、ステップアップすることを考えた方がいいと思います。

そもそも、英語を使う仕事をするのが目標なら、別に英検1級やTOEIC900点がなくても出来る仕事はたくさんありますからね。

 

私は、英語を仕事に活かすような職業に就くことを目指すのなら、TOEIC800点もあれば履歴書上では十分だと思います。800点持っていて応募できないような英語スキルの応募条件(「TOEIC900点以上」「英検1級」など)を掲げている案件は、ほぼありません。

あとは、900点や950点を目指してTOEIC対策に明け暮れるより、具体的に自分が目指す仕事に必要な英語力(英会話力だったり、ビジネスライティング力だったり)を身につけることに力を注ぎ、そういう努力や成果をアピールした方が、ずっと転職に有利に働きます。

 

TOEIC900点が自然に取れる実力を目指そう

「TOEIC900点なんていらない」とタイトルに書きましたが、あくまでも、900点持っていたら「有利」だとか「自信がつく」だとかいう理由で、テスト対策で取っても仕方がないという意味です。

あなたの目標とするお仕事の内容にもよりますが、900点取れる程度の実力は、ぜひ目指しましょう。TOEIC900点を余裕で超えるくらいの実力がついてこそ、「自分は何とか仕事でも英語が使えるな」という感覚が持てるはずです。

 

TOEIC900点くらい取れる実力が、実務に直結した勉強の中で自然につくことが理想です。ハイレベルな英語を使う仕事への転職を目指すなら、「たまたまTOEICを受けたら900点を超えていた」という状態を目指しましょう。

「英語の仕事をゲットするには資格が高いほど有利なんじゃないか」と考えて、レベルの高すぎる「TOEIC○点になったら、英検○級になったら」と転職活動や実務に直結した勉強を先延ばしするのはやめましょう。

採用になったら終わりではなく、そこからが始まりですから。

 

英語転職には英文科卒だと有利?英語の仕事と学歴

ビジネス

 

では、英語を使う職業に転職するとき、どんな大学を卒業していて、どんな専攻だったら有利になるのでしょうか?

「自分は英文科卒じゃないから不利なんじゃないだろうか」といった不安を持っている人がとても多いです。実際、英文科や英語学科卒の方が転職には有利に働くのでしょうか?

 

英語分野の大学の卒業資格がないと就職は不利?

英語分野の専攻でなくても、全く不利ではありません。

私が知る限り、英語を使うお仕事でバリバリ活躍されている人は、実は英語学科・英文学科卒ではない人の方が多いです。かく言う私も、英語専攻ではないどころか、第2外国語としてチラッと勉強したのみです。

 

たとえば翻訳の世界であれば、ほとんどの需要は産業翻訳にあります。そして、産業翻訳のかなりの部分を占めるのが医薬、特許、技術、工業などの理系の分野です。

文系であっても、金融や法務など専門知識を必要とするので、英語力が高いだけでできるようなものではありません。英文科卒であっても何の役にも立ちません。ですので、そういった分野の専攻だったとしたら、そちらの方がずっと有利ということも十分あります。

企業の募集案内を見ていると、英語を必要とするポストで「工学部卒の候補者を優遇」などといった表記を見かけることもあります。

語学力というのは何も特殊スキルではありませんし、英語は努力でどうにでもなるものです。私個人の経験からも、専門知識の習得の方がずっと大変だと感じています。特に、語学は得意だけど理系分野は苦手という人は多いので。

 

英語転職に学歴は関係ある?

高卒や専門学校卒の場合、残念ながら大学卒の応募者と比較すると不利になってしまう可能性はあります。また、「大卒以上」を応募条件に掲げている企業があるのも事実です。

なので、大卒の応募者に負けない魅力的な人柄なり職務経験なり専門分野なりがあるといいです。でも、これはあまり難しく考える必要はありません。具体的には下に書きますね。

 

「本当に」英語転職に有利になるモノ(私の本音)

ビジネス

 

ではここからは、TOEIC900点でも英検1級でもなく、「本当に英語転職に有利になるモノ」について本音でお話ししましょう。

 

1.英語以外の専門分野

これがあると、強いですね。たとえば、TOEIC800点というスコアを持っていたとすると、それだけで他人と差別化するのは簡単ではありません。でも、たとえば「TOEIC800点のシステムエンジニア」だと、一気に少数派になれます。

つまり、英語プラスアルファの経験や知識があると、とても有利になります。

 

「今まで医療機器メーカーで働いてきて、経験もいろいろ積んだけど、英語は全然使わない職場だったから、英語を使う仕事に転職するのは不利かな?」

などと心配する必要はありません。むしろ、あなたが英語がそこそこできるなら、医療機器メーカーでの知識と経験が活かせる、英語を必要とする仕事に応募すればかなり有利です。

 

2.魅力的に経歴や思いをアピールできる前向きさ

転職活動において、「私はもう歳なんで・・・」「特にこれといった経験がなくて・・・」という後ろ向きな気持ちを、履歴書上や面接で隠しているつもりでも隠しきれていない人がとても多いです。

あなたの年齢は変えられませんが、「私は年齢が高いから英語を使う仕事が見つからない」という思考は変えることができます。というか、ここを変えるしかありません。

 

また、「たいした経験をしていない」と思って履歴書や面接の場で何もアピールしなければ、不採用通知をもらうのも当たり前のことです。

どんな仕事であろうと、あなたが身につけた経験があり、工夫したりこだわったり喜びを感じた部分があるはずなので、そこをしっかり魅力的に伝えるスキルがある人が有利です。

 

あなたが採用担当者だったら、自分の履歴書や面接の受け答えを見てどう思うか、客観的に考えてみましょう。自分の経歴や思いを魅力的にアピールする事例については、とてもいいページがあるので参考にしてください。

あなたが受からない理由、診断します/リクナビNEXT

 

3.「英語は単なるツールでしかない」という悟り

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、「英語を使って仕事がしたい」という多くの人の根底にあるのは、英語への執着です。

「せっかく頑張って今まで英語を勉強してきたのだから、なんとか英語を活かしたい」という思いは私も痛いほどわかりますが、この気負いがあなたを採用から遠ざけているかもしれません。

 

英語は、ただのツールです。どんな仕事でも、サービスを提供する相手があり、商品(有形であれ無形であれ)があります。一番大事なのはお客様であり商品であり、英語はその後です。

なのに、「私はこれだけ英語ができます!英語を使って働きたいんです!」とサービスも商品も無視で鼻息荒くアピールされても、雇い主も困ってしまいます。

 

さっきも言いましたが、「自分が採用担当者だったらどうだろう?」と一度冷静に考えてみましょう。

想像してみてください。採用担当者であるあなたは、その会社に長年勤めてきて、大事に商品を作り、何度も何度も改良し、お客様の期待に応えようと努力し、幾多のトラブルを乗り越えてきました。世の中の人にその商品をもっと使って欲しいと思っています。お客様の喜ぶ顔がもっと見たいと思っています。

あなたは、その会社で共に働いてくれる、熱意ある人材を探している採用担当者です。・・・そこに、「私はどうしても英語を活かして働きたいんです!」という人が来たら、ちょっと嫌な気持ちしませんか?

 

もちろん、英語ができることをアピールするのは何も間違っていません。ただし、それは採用担当者や応募企業の理念や目的にちゃんと寄り添ったアピールでなくてはいけません。

あなたの「今までせっかくこんなに英語を勉強してきたんだから、英語使って仕事できないとヤダ!」というエゴではなく。

 

「英語が単なるツールなんて、どうしてもイヤ!私は英語を最大の武器にしたい!」と言うのであれば、通訳や翻訳などの英語の専門職をやるしかないでしょう。ただし、通訳や翻訳の世界では、TOEIC900点や英検1級はほとんど何の意味も持ちませんが・・・

 

4.英語で「何ができるのか」を具体的にアピールする力

TOEICの点数や英検だけで他の人と差別化するのは、簡単なことではありません。上で書いたように、英語プラスアルファの職務経験や専門分野があればいいのですが、そういったアピールポイントがない場合、ただ「TOEIC○点です」では非常に心もとないです。

「TOEIC800点」などハイスコアを求められるポジションであれば、当然ながら800点台と900点台の候補者しかいないわけですから、あなたが900点持ってたところで、ほぼ何のアピールにもなりません。むしろ、候補者はみんなスコアは似たり寄ったりなんですから、採用かどうかはTOEICスコア以外の要素で決まるということです。

 

じゃあどうすればいいのかというと、点数じゃなく「英語で何ができるのか」を「具体的に」示すことです。

「そんなこと言っても、これまでそういう仕事の経験もないのに、何ができるもなにもないじゃない!」
「具体的に示せる実績がないから、TOEICを受けてるんじゃない。それが出来たら苦労しないよ~」

たぶん、ほとんどの人がそう思ったんじゃないでしょうか?

 

つまり、あなたが「具体的な実績」を示せたら、「その他大勢」よりかなり先を行けるということです。

でも、どうやって具体的な実績を示す?経験もないのに?

一つの答えは、たとえば翻訳コンテストです。翻訳者として採用されたい人以外にも、かなり使えると思います。(参考:翻訳の仕事に未経験者が採用されるには?差がつく自己アピールを伝授

たとえば、あなたが応募したい職種で、難解な英語を正確に読みこなしたり、きちんとした英語で資料を作成したりできる人材が求められていたら、TOEIC高得点取得者より、翻訳コンテスト入賞者の方が「この人にはあの仕事を任せられそうだ」というイメージを持ってもらえやすいと思いませんか?きちんとした日本語が書けるというアピールにもなりますし。

 

英語を使った実務経験がない場合、翻訳コンテスト以外にも、たとえば

「海外旅行の予約のときに英語でこういう交渉をし、その結果こういう良い結果を得たことがある」
「日本に観光に来ていた外国人グループにこういう案内をして、こういう調整をしたことがある」

といった、あなたの応募する仕事に関係ありそうな「具体的な」経験をアピールすることで、相手にもあなたが実際どの程度英語が使えるのかイメージしやすくなります。

というわけで、英検やTOEICばっかりやってる場合じゃないです。「実際に英語で何ができるのか」が大事なんですから、ボランティアでも単発のバイトでも何でもいいので、英語を使う経験を積むことです。

 

まとめ

以上、英語を使う仕事への転職に有利な資格やスキルについてまとめましたが、答えがあなたの期待と異なる部分もあったと思います。

私の考える、「本当」に英語転職に有利になるものは、TOEIC900点でも英検1級でもなく、以下です。

1.英語以外の専門分野
2.魅力的に経歴や思いをアピールできる前向きさ
3.「英語は単なるツールでしかない」という悟り
4.英語で「何ができるのか」を具体的にアピールする力

 

TOEIC900や英検1級は、もちろん持ってないよりは持っていた方が有利ですし、他の候補者との競争にそのおかげで勝てることもあるとは思います。

でも、あまりこれらに幻想を抱かずに、自分のスキルや経歴の棚卸しをして履歴書や面接でのアピールを再検討したりすることがよっぽど大事だと思います。

というわけで、お役に立てば幸いです!

もう、効果の出ない英語学習をダラダラ続けるのはやめませんか?

独学で英語が身につく無料メール講座

多くの留学したい人間が、自分の英語学習法に停滞感や行き詰まりを感じています。せっかくの英語学習へのモチベーションを起点として、どのように英語を身に着けたらいいのか?

このメール講座では、

  • 何からどんな教材を使って勉強するかという迷いが無くなる英語の学習順序
  • 英語を読むときや聞く時につい日本語に訳してしまうクセを無くす方法
  • 「ネイティブ英会話フレーズ」の暗記をしてはいけない理由

など、英語学習についてのノウハウや具体的な実践方法について解説しています。ぜひ、あなたの英語学習にお役立て下さい。

実践ガイド

無料メルマガを見る

Ai Evansエバンス愛

独学で英語を勉強し国際機関で通訳者を8年経験したのち、独立。英語でもっと人生を豊かにする英語学習コーチとして、本物の英語力を身につける方法を指導しています。
詳しいプロフィール