【シャドーイングのおすすめ教材】選ぶときに外せない3つの条件
  独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

【シャドーイングのおすすめ教材】選ぶときに外せない3つの条件

エバンス愛

※当ブログ記事には、広告が含まれます。

サムネイル

シャドーイングとは、英語音声を流しながら、その後ろを影のようにくっついて発音していく学習法です。

 

シャドーイングは、私がこれまで一番長く継続して、大きな効果を感じている勉強法です。

私はシャドーイングのおかげで英語らしい発音やリズム、イントネーションが自然に身につき、TOEICのリスニングセクションでも満点(495点)を取ることができました。

 

シャドーイングのやり方については、このページで詳しく書いていますので参考にしてください。

シャドーイングを10年続けた私が、正しいやり方と継続のコツを教えるよ!

 

シャドーイングでこんな効果が得られる!とモチベーションの上がる話は、こちらのページをご参考にしてください。

シャドーイングの7つの効果!初心者からTOEICリスニング満点取れた

 

このページでは、まずシャドーイングを行うための教材で外せない3つの条件をご説明します。その後、おすすめシャドーイング教材をご紹介しますね。

 

シャドーイング教材を選ぶ上で外せない3つの条件

 

シャドーイングは、専用の教材を買ったりする必要はなく、手持ちの教材でも十分に使えます。

でも、教材の選び方を間違うと、ものすごく負荷が大きくなって挫折しやすくなったり、期待した効果を全く得られないことがあります。

 

なので、以下のポイントに従って教材を選んでくださいね。

 

条件1.英語学習者用に作られた音声であること

シャドーイングを始めたばかりの時は、英語学習者用に作られた教材の音声を使ってください。つまり、教材ではないテレビドラマやニュースなどは、不向きです。

あなたが上級者であれば別ですが、洋画や海外ドラマ、俳優のインタビューの音声などは負荷が高すぎます。Youtube、TEDなども避けてください。

 

台本のないフリートークも、シャドーイングでは避けてください。

話者の言いよどみ、文法的な間違い、無意味な繰り返しなどがあり、真似をする素材として適しません(上級者がよりネイティブに近づくために挑戦するのなら、アリです)。

きちんと練られた台本があり、それをスピーカーがスタジオで読んでいるものを選んでくださいね。

 

条件2.自分がマネしたいと思う発音の教材であること

シャドーイングのコツは「マネ」です。だから、訛りが強い英語や非ネイティブの話す英語は、そのような発音やアクセントを身につけたいのでなければ、シャドーイングに適していません。

現在日本で売られている英語教材のほとんどはアメリカ英語ですよね。イギリス英語の発音を身につけたいという方は、イギリス英語の教材を選んでシャドーイングしてください。

 

以前、「イギリス英語を聞きながらアメリカ英語でシャドーイングして良いですか?」というご質問をいただいたことがありますが、それはダメです。(オーストラリア英語であれ、インド英語であれ、ダメです。)

シャドーイングの重要なコツは、お手本をそっくり真似ることです。「Not」がイギリス英語で「ノット」と聞こえるのにそれをあえて「ナット」(アメリカ英語)と発音するというのは、頭の中にこびりついた自分流の発音にこだわっているのと何ら変わりません。

 

お手本をそっくり真似るというのは、自分のこだわりを捨てることでもあります。自分に長年しみこんだ悪い癖やジャパニーズイングリッシュな発音を取り除くために、正しい発音をそっくりそのままコピーすることに意味があります。

だから、アメリカ英語を身につけたいならアメリカ英語の教材を使いましょう。

 

条件3.「簡単すぎかな?」くらいのレベルであること

特に最初は、「簡単すぎかな?」と思うくらいの教材を使ってシャドーイングをやってみましょう。ほとんどの学習者にとって、中学生レベルの教材でも、シャドーイングには十分な難易度のはずです。

 

「何を使ったらいいかさっぱり分からない!」という場合は、会話形式のものがお勧めです。

あ、会話形式というのは、中学生の教科書のMikeとJaneの会話、みたいなやつです。決して、シナリオなしに好きにダベってる「会話」じゃなく。

会話文だと、一文が短い場合が多く、また文章の構造も単純だからです。

 

私はシャドーイングは基礎英語1(中1レベル)でデビューしました。私は車の中でラジオの基礎英語1を聞きながらシャドーイングをはじめましたが、英語はもちろん本当に簡単で、

Do you like baseball?
He can speak Japanese very well.

とか、そんなレベルです。でもシャドーイングを始めた頃の私は、この程度の英語もスラスラとは言えませんでした。(・∀・;)

だから、これからシャドーイングを始めるという方は、ぜひ、ぜひ、中1レベルの英語からスタートすることを強く勧めます。英語は、「急がば回れ」ですよ。

 

シャドーイングは、慣れるまではちょっとしんどい訓練法です。続けることが一番大切なので、「ちょっと物足りないかな?」程度のものを継続してみてください。

慣れてきてから、レベルをだんだん上げていけばいいのです。シャドーイングは、気楽にやりましょう。

 

おすすめのシャドーイング教材

テキスト

 

シャドーイング用の教材を必ず買う必要はなく、会話文、単語の例文、エッセイ(長文)形式の文章など、教材」として出回っているものならだいたいシャドーイングに適しています。

なので、お手持ちのもので始めて大丈夫ですよ。

 

初心者の方が最初に取り組むには、会話文を私はお勧めしています。なので、簡単な会話形式の英会話用CDなどがお手元にあれば、それがちょうどいいと思います。

ちょうど良いものがないという方のために、おすすめのシャドーイング教材をご紹介します。

 

ゼロからスタートシャドーイング

単語、短文、会話、長文、生のニュース英語、と段階的にシャドーイング素材がレベルアップするので、シャドーイングを全くやったことがない人はこの本から始めるといいかもしれません。

 

NHKラジオ講座

 

私は基礎英語でシャドーイングを始めました。基礎英語1(中1レベル)からスタートして、基礎英語2、基礎英語3、ラジオ英会話・・・とステップアップしました。

「中学生レベル英語なんて簡単だ」とバカにしないでください。シャドーイングに使いたい素材は、聞き取れる、理解できるのは当然です。それを正しく発音できて、自分の言葉として発言できるようになるのがシャドーイングの目標です。

 

ただし、ラジオ講座をシャドーイングに使うメリットとデメリットがあります。

メリットは、文法解説が素晴らしいのでシャドーイングをしながら復習できるということです。私自身は、忘れかけていた文法をNHKラジオでかなりブラッシュアップできました。

その反面、何度も繰り返す場合は日本語の同じ解説を何度も聞くことになり、シャドーイング教材としては効率が悪いです。

可能なら、CDを購入してスキット音声のみをリピートする方が効率が良いです。

 

ぜったい音読シリーズ

中学1、2年生用の英語の教科書レベルの英文が収録されています。音読用で使用してももちろんいいのですが、シャドーイング素材としても使えます。

 

ぜったい音読の中級編です。(中学3年レベル)

単語や文法のレベルが自分にとって簡単なものをシャドーイング素材として使うことを私はお勧めするので、中学レベルだとバカにしないで試してみてください。

 

ぜったい音読の上級編。(高校1年生レベル)

私は、NHK基礎英語で一通りシャドーイングをやり終えた後はひたすらこの「ぜったい音読」シリーズでシャドーイングをしていました。

 

VOA(Voice of America)シリーズ

 

VOA(Voice of America)とは、英語ネイティブではない人向けの英語ニュースラジオです。わかりやすい単語で、ゆったりしたスピードで英語が読み上げられます。

ゆったりスピードが、発音やイントネーションをしっかり真似るシャドーイングにはちょうどいいです。「基礎英語は子供っぽくて嫌」とか、「ニュースが好き」という人には、VOAがお勧めです。

 

無料で使えるVOAアプリもあります。VOAは無料でいろんなアプリがあるので、好きなものを選んでください。

Learn American English Podcast

Learn American English Podcast

Nam Nham無料posted withアプリーチ

 

 

上記のLearn American English Podcastは、音声とスクリプトがあるのはもちろん、読み上げているところがハイライトで表示されて、便利です。

とは言え、文字を読みながらシャドーイングすることは私はお勧めしません。耳から聞こえる音だけを頼りにシャドーイングし、聞き取れないところだけをスクリプトでチェックするやり方が効率が良くお勧めです。

 

ボキャブラリー教材

単語やイディオムなど、あなたが暗記目的で使っているCD付き教材をシャドーイングに使うことで、より単語や熟語を記憶に強く残しながら発音やイントネーションも身につくという、すごくお得な使い方ができます。

(ただし、ボキャブラリー教材をシャドーイングに使う勉強法は、ある程度シャドーイングに慣れた人向けです)

 

たとえばこの「速読速聴シリーズ」は、単語だけでなく熟語も身につくように設計されています。覚えるべき単語・熟語が入った長文の音声は、シャドーイングにも活用できます。

 

シャドーイングにも使えるボキャブラリー教材について詳しくは、以下のページも参考にしてください。

英語ボキャブラリーのおすすめ本3種【ボキャ貧英検1級取得者が教える】

 

期間や回数は、その教材をシャドーイングする目的で決める

本

 

シャドーイングを何回、どれくらいの期間やったらいいのか? はっきりした答えはありません。でも、何らかの考え方の基準があったらいいですよね。どんな姿勢で教材に取り組めばいいか、お教えします。

 

私の考える、シャドーイングをする目的は主に以下の3つです。

1.口の周りの英語筋肉の強化と発音向上
(音声をお手本に発音やイントネーションを忠実に真似する)

2.リスニング力の強化およびアクティブ・リスニング
(理解してない状態で聞き流すことを防止し、意識的に英語と内容をキャッチする)

3.単語やイディオム、フレーズなどの習得
(ただ音声を聞き流すより、口に出すことで刺激が増え記憶に残りやすくなる)

それぞれの目的について、どの程度シャドーイングをすればいいかという考え方を書いていきます。

 

口の周りの英語筋肉の強化と発音向上

どういう素材をどのくらいの期間やろうが関係なく、口の周りの英語筋肉は鍛えられるので、気にしなくて大丈夫です。(もちろん、素材があなたのレベルに合っていればという条件はあります。)

 

上で言ったことの繰り返しになりますが、発音を矯正しようと思うなら、必ず「英語をそっくり真似る」ということを忘れないようにしてくださいね。

暗記しているせいで音声と同時に声を出してしまうようだと、それはお手本を聞いてないということなので。

 

なお、音声と同時に声を出す「オーバーラッピング」というトレーニングもあります。シャドーイングとの違いは以下のページで説明しています。

オーバーラッピングとシャドーイング、やるならどっち?効果の違いを解説

 

単語やイディオム、フレーズ、内容の習得

私は、ボキャビルマラソンという単語教材(今は販売終了しています)でシャドーイングをしまくったのですが、単語教材をシャドーイングに使う私の目的は、言うまでもなく、単語を一つでも多く覚えるためです。

私は他にもCDつきの英熟語本もシャドーイングしましたが、これも目的はイディオムを覚えるためなので、結構しつこく繰り返しました。

 

なので、「どのくらいの期間やればいいか」は、理想的には「全部覚えるまで」なんですね。そういう意図があって使っている素材なら、何度も暗記するほどシャドーイングをしても良いですよ。

あとは、「会議でよく使う英会話フレーズ」や「旅行英会話フレーズ」などのCDも、あなたが会議の英語表現を覚えたいとか近々旅行の予定があるといった場合は、シャドーイングするといいですね。

フレーズを覚えながら口の筋肉も鍛えられ、一石二鳥です。

 

単語やイディオムの暗記以外にも、たとえば「このTEDのスピーチは素晴らしい!自分もこういう考えを持つ人間になりたい!こういうスマートな言い回しができるようになりたい!」と思えば、「内容」を自分の体に染み込ませるためにもシャドーイングは使えます。

(ただし、TEDのスピーチがシャドーイングに使えるのはかなりの上級者に限られますが)

 

私も、英語のオーディオブックを自己啓発のために使っていますが、「こういうポジティブな考え方を自分に取り入れたい」と思うような本だと、何度も聞いてシャドーイングをして、体に染み込ませています。

本を一度読んだだけでは、その時は「これはいいこと聞いた!」と思ってもすぐに忘れてしまいます。そんな時にシャドーイングは記憶を維持するのにとても役に立ちます。

 

私はオーディオブックもたくさんシャドーイングしましたが、身につけたい思考がシャドーイングのおかげでより自分のものになったと感じています。

お勧めのオーディオブックは、こちらの記事も参考にしてください。

英語初級者におすすめ!洋書オーディオブック15冊【ラダーシリーズ】

 

リスニング力の強化およびアクティブ・リスニング

「リスニング力の強化」という面で言うと、何度も聞いて覚えてしまった素材は、英語を聞き取る力で理解しているのではなく記憶で理解しているので、リスニング力の向上にはあまり貢献しません。

 

じゃあどうするかというと、おすすめは、はじめて聞く、あるいは記憶するほど聞いていない簡単な素材をシャドーイングすることです。

内容を理解しながら、また次の展開を考えながら聞き、それを即座に口に出さないといけないわけなので、リスニング力もつきます。

 

とはいえ、特にシャドーイングをやり始めたばかりの人は、音声の後について口を動かすだけで精一杯のはずです。意味を聞き取って理解するということに、あまりエネルギーを割くことができません。

なので、覚えるくらい聞いてしまったものを繰り返しシャドーイングするというやり方で、最初は全く問題ありません。

しっかり英語の発音を真似ることを意識することで、音の変化やイントネーションを改善することができ、それがリスニング力の向上につながります。

 

私の場合、もう英語特有の音の変化やイントネーションはシャドーイングの継続によって体に染み付いているので、同じ素材をひたすら継続しても、リスニング力向上にはつながりません。

私が昨日車で運転しながらシャドーイングをしたときは、オーディオブックの内容が耳をすり抜けてしまわないようにシャドーイングをしました。

運転中のながら聞きだと、ついぼーっと違うことを考えてしまって英語が頭に入らないことがよくあるので、それを防止するためです。

 

このように、「アクティブ・リスニング」とは、受動的に聞き流してしまうのではなく、こちらから積極的に意味を取りに行くという聞き方です。

ちなみに、このオーディオブックはとりあえず内容は理解したのと、すごく良い本というわけでもなかったので、この本を毎日聴き続けて繰り返しシャドーイングする予定はありません。

そんな感じで、一度きりしかシャドーイングしない素材も、私の場合はたくさんあります。

 

おすすめのシャドーイングの教材についてのまとめ

以上、シャドーイング教材の選び方と取り組み方をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

 

まずは

1.英語学習者用に作られた音声であること
2.自分がマネしたいと思う発音の教材であること
3.「簡単すぎかな?」くらいのレベルであること

という教材を選んで、やってみてください。

 

というわけで、お役に立ったら幸いです!

 

もう、効果の出ない英語学習をダラダラ続けるのはやめませんか?

独学で英語が身につく無料メール講座

このメール講座では、

       
  • 何からどんな教材を使って勉強するかという迷いがなくなる英語の学習順序
  • 英語を読むときや聞く時につい日本語に訳してしまうクセを無くす方法
  • 「ネイティブ英会話フレーズ」の暗記をしてはいけない理由
   

など、英語学習のノウハウや具体的な実践方法を解説しています。現在、7,000人以上の方が受講中です。

実践ガイド
 

無料メール講座の詳細を見る

Ai Evansエバンス愛

独学で英語を学び、国際機関で通訳者を8年経験したのち、独立。本物の英語力を身につけ、大和魂を海外に発信できる国際人を育てることが目標です。
詳しいプロフィール