独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

英会話の習得にかかる時間は?TOEIC900点はペラペラじゃない

エバンス愛

サムネイル

英語がペラペラに話せるようになるのに、いったいどれくらいの時間が必要なんでしょうか?

「英語を長い間勉強しているのに、いまだに全然話せない・・・」という悩みを持つ人は、とても多いです。

 

私がTOEIC900点にまだ遠く及ばなかった頃、900点の人なんてみんな英語がペラペラなんだろうと思っていました。でも、私は900点台になっても片言しか話せませんでした。

もちろん、TOEICのスコアと英会話力は直接対応していないので、英会話が得意な人は900点でもペラペラの人もいます。でも私が知る限り、そういう人は少数派です。

英語上級者のはずのTOEIC900点でも、多くの日本人が英語で満足に話せない。結局どのくらいの時間をかければ、英会話ができるようになるんだろう? このページでは、その目安をお伝えします。

 

アメリカの外交官が日本語で十分に仕事ができるようになる時間

最初に、おもしろいデータをお見せしましょう。

アメリカ国務省の外交官を養成する語学研修所(Foreign Service Institute’s School of Language Studies)によると、英語を母国語とするアメリカ人が、日本語で「Professional Working proficiency(業務に支障のない習熟度)」に達するのにかかる学習時間は、約2200時間とされています。

FSI
出典:Language Difficulty Ranking | Effective Language Learning

 

この表の上部にリストされているほど、英語に似ているため習得が簡単な言語です。たとえばアフリカーンス語、デンマーク語などは、たった600時間の学習時間で業務に支障のないレベルになるということですね。

下に行くにつれて、だんだんと英語ネイティブにとっては難しい言語になっていきます。そして、最も難しいとされるのが一番下の「カテゴリー5」の言語で、アラビア語、広東語、北京語、韓国語、そして日本語が挙げられています。

カテゴリー5は「exceptionally difficult(特に難解)」な言語となっています。おそらく、アルファベット以外の文字を使う言語がアメリカ人には一番厄介ということでしょうね。

 

ちなみに、習熟度のレベルは以下の段階が設定されています。(日本語訳はいずれも筆者)

1.日常の最低限のニーズが満たせる(Elementary proficiency)
2.制限はあるが仕事で使える(Limited Working proficiency)
3.業務が支障なく行える(Professional Working proficiency)
4.業務が完璧に行える(Full Professional proficiency)
5.ネイティブレベル(Native or Bilingual proficiency)

このうち、「3.業務が支障なく行える」に到達するのに必要な時間が2200時間となっています。

「完璧ではないものの、その言語で支障なく仕事ができる」というレベルになれば、その言語におけるだいたいの問題は解決できるし、フラストレーションもなくなります。もちろん、「ペラペラ」の部類です。私たちも、英語でそういうレベルに到達できたらいいですよね。

 

では、日本人は、英語に何時間費やせばそういう状態になれるんでしょうか?

英語が母国語のアメリカ人が日本語を習得するのに必要な時間が2200時間とすれば、その逆の日本人が英語を習得するのにも2200時間かかると言ってもそれほど的外れではないと思います。

もちろん、日本人は英語学習開始前にアルファベットをすでに知っているとか、厳密には検討するべきことはあるとは思いますけどね。

 

「2200時間」は、エリートが明確な目的を持って授業に費やす時間

ただし、この2200時間という目安には、注意しないといけないことがあります。それは、以下の5点です。

1.対象は、頭脳明晰なエリートである
2.日本語以外の語学習得の経験がすでにある
3.自主学習の時間は含まれていない
4.長年の経験に基づく効果的な語学習得カリキュラムで勉強している
5.明確な目的(危機)意識がある

 

このデータで示される2200時間というのは、外交官になるような優秀なエリートが日本語を使えるようになるために必要な時間です。しかも、おそらくこれまでに別の語学もマスターした経験があって、語学習得のコツが分かっている人です。

また。あくまでもこの語学研修所の「class hours(授業時間)」です。おそらく、それ以外の時間で予習復習をかなりやっているでしょう。だから、実際の学習時間は2200時間よりだいぶ多いはずです。

しかも、手探りで独学してるんじゃなく、語学研修所で効果的なカリキュラムに従ってみっちり勉強して2200時間です。

極めつけは、学習者はただ何となく「日本語が話せるようになったらかっこいいな〜」とかいう漠然とした願望ではなく、「外交官として日本語が使えないと困る」という明確な目的意識、危機意識を持って勉強している人たちです。

ということは、凡人の私たちが、使う教材や勉強法であれこれ迷いながら、独学で、特別な危機意識もなく勉強しているとしたら、どれだけ時間がかかるのでしょう?

 

一般的な日本人はそこそこレベルの英会話習得に3000時間必要

私は、「1日に何時間勉強すれば英語が上達しますか?に対する通訳翻訳者の答え」という記事で、TOEIC900点台に到達するのに2000時間くらい必要と書きました。

1日に何時間勉強すれば英語が上達しますか?に対する通訳翻訳者の答え

 

でも、前述したように、外交官は授業時間だけで2200時間必要です。自主学習の時間を加えれば本当はもっと必要なはずです。また、外交官の優秀さやカリキュラムの効率の良さも考慮に入れないといけません。

私自身の経験から、特別な外国語教育を受けていない頭脳が平凡な日本人が、英語で支障なく仕事ができる程度のレベルに到達するのに必要な学習時間は、5000時間くらいではないかなと思います。

つまり、日本では一般的に「英語のプロフェッショナル」と思われているTOEIC900点(2000時間)程度でも、高度な英語力を必要とする業務ができないのも無理はないと分かりますよね。 実際、900点で仕事で英語を使うのに苦労している人は多いです。

 

とは言え、普通の日本人の学習者は、外交官としての仕事が支障のないほどのハイレベルを目指さなくても、「普通に」英語が話せればそれで嬉しいはず。

海外旅行では何も問題なく英語で会話ができて、そんなに込み入ってない話題であれば外国人の友達や同僚ともスムーズに十分な意思疎通ができる。そういう状態になるのに必要な時間は、私は3000時間程度だと考えています。

なお、この3000時間というのは、「TOEICが今500点とか600点とかの一般的な社会人が、これから英語に真剣に取り組むとしたら」の目安です。あくまでも一般化した指標なので、もちろん個人差はあります。なので、ひとつの参考として聞いていただけたらと思います。

 

英語が普通に話せるのに必要な3000時間の学習にかかる期間

じゃあ、3000時間勉強するのにどのくらい時間がかかるんだって話ですよね。

上記のアメリカの外交官が日本語をマスターするのにかかる2200時間は、期間にすると88週となっています。2200÷88=25(週あたり)なので、平日に毎日5時間の授業時間という計算だと考えられます。なお88週は、約1年9ヶ月です。

 

外交官は語学研修で毎日5時間の授業が受けられても、普通の社会人の私たちはそうはいきません。仕事や育児のかたわら3000時間を確保するには、どのくらいの期間が必要なんでしょうか?

3000時間を達成する方法を具体的に計算をしてみましょう。

 

あなたが平日も休日も年間を通じてほぼ毎日3時間英語を勉強した場合:
月28日 x 12ヶ月 x 3時間 = 1008時間(1年あたり)となり、3000時間達成に3年

平日は少し時間あるけど、土日やお盆・年末年始は子供がいるし無理ということなら、
あなたが平日に毎日2時間英語を勉強した場合:
週5日 x 50週 x 2時間 = 500時間(1年あたり)となり、3000時間達成に6年

残業が多くて時間が取れず、土日やお盆・年末年始は家族サービスで無理ということなら、
あなたが平日に毎日1時間英語を勉強した場合:
週5日 x 50週 x 1時間 = 250時間(1年あたり)となり、3000時間達成に12年

 

現在TOEIC900点の人が3000時間到達にかかる期間

仮に、あなたが今TOEICが900点だとしたら、あと1000時間が目安なので、以下のようになりますね。

 

あなたが平日も休日も年間を通じてほぼ毎日3時間英語を勉強した場合:
月28日 x 12ヶ月 x 3時間 = 1008時間となり、1000時間達成に1年

平日は少し時間あるけど、土日やお盆・年末年始は子供がいるし無理ということなら、
あなたが平日に毎日2時間英語を勉強した場合:
週5日 x 50週 x 2時間 = 500時間(1年あたり)となり、1000時間達成に2年

残業が多くて時間が取れず、土日やお盆・年末年始は家族サービスで無理ということなら、
あなたが平日に毎日1時間英語を勉強した場合:
週5日 x 50週 x 1時間 = 250時間(1年あたり)となり、1000時間達成に4年

 

逆に、もっと時間が取れるとか、ラッキーなことに留学できるという環境にあったりする場合は、もちろんもっと早く達成できます。

 

英会話ができるようになるには、英語を「話す」練習が必要

英語が普通に不自由なく使えるようになるのにどのくらいの期間が必要なのか、現実がだんだん見えてきたでしょうか。

これでおわかりいただけたと思いますが、多くの日本人は、残念ながら考えがとっても甘いです。

英会話学校に行っても満足に話せるようにはならない

「英会話学校に通っても英語が話せるようにならない」という人は、多いです。でもそれは、その人の飲み込みが遅いからでもないし、先生が下手だからでもありません。練習時間が少なすぎる、ただそれだけです。

 

たとえば、週1回1時間のレッスンを受けて、それ以外の自主勉強時間がなかったら、どうなると思いますか? 年間50週で1年でたった50時間にしかなりません。3000時間を積み重ねるのに、なんと60年かかります。英会話レッスンに60年間も通えません・・・。

しかも、1時間の英会話レッスンの間、あなたは話しっぱなしですか? 違いますよね。先生が半分くらい話しているかもしれないし、グループレッスンだったら、他の生徒の話を聞いている時間だってたくさんあるでしょう。

だとしたら、1時間のレッスンで実際にあなたが話している時間なんて、10分あるかないかかもしれません。週に10分話したくらいでペラペラになる人は、残念ながらいないでしょう。

 

つまり、週1回英会話スクールに通ったくらいでは、正直どうにもならないんです。

英会話スクールがダメなわけではありません。英会話スクール「だけ」ではダメということです。

英会話の先生との会話の練習は、「日頃の自主練習の成果を披露する場」です。それについてはこの記事に詳しく書いていますので、どうぞ。

英会話レッスンの効果を最大化する5つの方法

 

英会話の練習とは、具体的に何を指すのか

さて、ここであなたにやってもらいたいことがあります。

あなたは、今までどのくらい英語の勉強に時間を費やしてきましたか?社会人になってからの勉強時間をざっくりとでいいので計算してみてください。

中高生時代の英語の授業時間は、語学の習得という点では時間の効率がとても悪いので、無視してください。「大学の英語の授業がすごく役立ったし、今も学んだことをちゃんと覚えている」という人は大学を含めて構いませんが、ほとんどの人は、大学で習った英語なんて忘れてしまっているはずです。

 

さて、何時間になったでしょう?「3000時間には全然足りない」という人もいると思いますが、それが大多数です。

一方、「計算してみたら3000時間以上費やしているはずだけど、英会話には未だに不自由している」という人も少なくないかもしれません。この人たちに欠けているのは、英会話の練習時間の確保です。

 

ここで、勘違いしてはいけない大切なことがあります。

「英会話の練習時間」とは、英会話フレーズを覚えている時間でもなく、英会話用CD教材を聞いている時間でもなく、英会話表現の音読をしている時間でもないということです。私がよくお勧めしている、シャドーイングの時間ですらありません。

ここで言う英会話の練習の時間とは、「英語を話す」時間です。時間的な制約がある中で、緊張感を持って英語をアウトプットしている時間です。たとえば、

・英会話の先生にあなたの考えを伝えている時間
・ネイティブの友達にあなたが話している時間
・時間の制約がある中で英語を組み立てて声に出している時間

です。

英語を聞いているだけ、書いているだけ、真似て口にしているだけ(シャドーイングや音読)では、英語が自由に話せるようにはなりません。

 

よく、英語教材の宣伝であるじゃないですか。学習者が英語の教材CDをイヤホンで聞いている映像が流れて、そしたら次のシーンはいきなり外国人とペラペラ会話しているやつ。

でも、CD聞いてるだけでペラペラとか、ないんですよ。絶対。ペラペラになる前に、頭を使って自力で英語を組み立てる訓練がたくさん必要です。

 

私はかつて、シャドーイングをすれば英語がペラペラになると思っていました。でも、5年やっても英語がスラスラ話せるようにはなりませんでした。英語の発音やリズムを身につけるには役立ちました。でも、シャドーイングでは英語を自分で組み立てることはできるようにならないんです。

シャドーイングをしたり、英会話のCDを聞いたりすることで、フレーズを覚えることはできます。それは歓迎すべきことです。でも、暗記だけでは、あらゆるシチュエーションに対応するには全く足りません。

英語が話せるようになるには、「英語を話す練習(アウトプット)」が必要なんです。

 

学習時間のうち、英語を「話す」訓練に100時間は必要

私自身の過去やこれまでの指導経験に基づく計算では、アウトプットの時間が最低でも100時間、流暢に話せるようになろうと思うと200時間は必要です。(あくまでも目安です。)

マンツーマンのオンライン英会話レッスン(1回25分)を週2回受講したとすると、年間の合計が43時間になります。100時間には2年4ヶ月かかる計算です。

スカイプ英会話レッスンで英語が不自由なく話せるようになった人は、たいてい週に2〜3回と多めにレッスンを入れて、最低でも1年以上は継続しています。

 

私の場合は、アメリカ人の夫がいるという環境にはありましたが、夫婦では正直「緊張感を持って」会話はしないんですよね(苦笑)。というか、緊張感のかけらもない。通じればそれでいいから、恥も何もないし、ほんとに適当です。国際結婚カップルの私たちの夫婦喧嘩(英語)が激しくなった理由に書いてる通りです。相手が友達とか英会話の先生だったら、だいぶ違ったと思いますけど。

もちろん、私が英会話で不自由なくできるようになったことに国際結婚が無関係とは言いませんが、私にとっては国際結婚は小さな要因でしかないんです。

 

じゃあ私にとっての「英語を話すトレーニング」って何だったのかというと、瞬間英作文です。

瞬間英作文のやり方とおすすめ教材。私はコレで独学で通訳になりました

 

「自分で英語を組み立てる」トレーニングを1日30分程度続けたところ、半年(70時間くらい)で変化が分かり始め、200時間になる頃にはかなり英会話力が上がりました。

英語音声を聞くなどのインプットと比べて集中力がいるし疲れるので、そんなに毎日たくさんできません。でも、まずは100時間を目標に「英語を話す」トレーニングを続けてみたらいいと思います。くり返しますが、話す練習をしないと、話せるようにはなりませんから。

 

英会話の習得にかかる時間のまとめ

「英語が話せなくて悩んでいます」という相談してくる人に、私は「じゃあ、毎日どのくらい声を出して練習してますか?」と聞きます。すると、「・・・してないです」って答えて、何かにはっと気づいて苦笑する方がとても多いんですよね。

あなたが英語が話せるようになるためにやらなければならないのは、話す練習です。

 

とは言え、英語の基礎ができていない人がやみくもに話す練習をしても、フレーズの丸暗記しかできません。知らない単語ばかりで英語を組み立てる材料も不足しています。なので、会話がちゃんと成り立つインプット力とアウトプット力が身につく目安として、3000時間の学習時間を挙げました。

そして、そのうち少なくとも100時間くらいは英語を「話す」訓練をして発信力を鍛えていく、ということです。

 

以上、英会話ができるようになるために必要な時間の目安をお伝えしましたが、お役に経ったら幸いです!

もう、効果の出ない英語学習をダラダラ続けるのはやめませんか?

独学で英語が身につく無料メール講座

多くの留学したい人間が、自分の英語学習法に停滞感や行き詰まりを感じています。せっかくの英語学習へのモチベーションを起点として、どのように英語を身に着けたらいいのか?

このメール講座では、

  • 何からどんな教材を使って勉強するかという迷いが無くなる英語の学習順序
  • 英語を読むときや聞く時につい日本語に訳してしまうクセを無くす方法
  • 「ネイティブ英会話フレーズ」の暗記をしてはいけない理由

など、英語学習についてのノウハウや具体的な実践方法について解説しています。ぜひ、あなたの英語学習にお役立て下さい。

実践ガイド

無料メルマガを見る

Ai Evansエバンス愛

独学で英語を勉強し国際機関で通訳者を8年経験したのち、独立。英語でもっと人生を豊かにする英語学習コーチとして、本物の英語力を身につける方法を指導しています。
詳しいプロフィール