【発想転換英語ブートキャンプ】英語がペラペラな人は誰でもやってる「発想転換」とは?
  独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

英語がペラペラな人は誰でもやってる「発想転換」とは?【発想転換英語ブートキャンプ】

 

「誰かの足を引っ張る」って何て言うんだろう?
・・・pull someone’s leg かな?

⇒ 残念、それでは「からかう」という意味になってしまいます。

 

「あ、今、アナウンサーが噛んだよね」は?
・・・The announcer just bit・・・? chewed? なわけないか・・・

⇒ はい、それでは全く通じません。

 

日本語には、このように
そのまま英語に訳しても意味が通らない表現がたくさんあります。

 

 

こんな経験をした時、

「こういう場合の『噛んだ』って、英語でなんと言うのか
 知らないから言えないや・・・」

と、「噛む」を辞書で調べて、単語を闇雲に覚えようととしたり、
ネイティブ表現の暗記に時間を割く人がたくさんいます。

 

残念ながら、それでは、いつまでたっても
「こういう時は何て言ったらいいんだろう?」から抜け出すことができません。

じゃあ、どうしたらいいんでしょうか?

 

それは、

表面的な日本語にとらわれず
「それが本質的に何を意味するか」を一瞬で考え、英語にする

という訓練を意識的に積むことです。

 

「5歳児にわかる日本語」への変換スキルが英会話力アップの鍵

 

「本質的に何を意味するか」

なんて言い方をすると難しそうに聞こえるかもしれませんが、
実際は全然難しくありません!

 

これだけ覚えておいてください。

5歳児にわかる日本語で、あなたが言いたいことを説明してください。

 

では、アナウンサーが「噛んだ」というのは
そもそもどういう状況を指すのでしょうか?

 

さあ、
「アナウンサー、噛んだよね」を、
あなたは5歳児に、なんと言って説明しますか?

 

私だったら、

「アナウンサーさん、ニュースを読むとき間違えちゃったね」

と言います。

 

この簡単な日本語だったら、英語にできそうじゃないですか?

 

では、英語にしてみましょう。

 

The announcer made a mistake in reading the news.
(アナウンサーがニュースを読むときに間違えた)

これで、いいのです。

 

というか、ニュースを読んでるのは見ればわかることですから、

The announcer made a mistake.
(アナウンサーが間違えた)

だけで十分です。

 

いかがでしょう。

「あ、そんなんでいいんだ!」
とお思いになりませんか?

 

 

これが、「発想転換」です。

この発想転換力を鍛えるのが、「発想転換英語ブートキャンプ」です。

 

 

余計に時間がかかる?いえいえ、みんなこれをやってるんです!

悩む

 

でも、

「5歳児にわかる日本語を間に挟むなんて、
余計に時間がかかるじゃん!!(; ・`д・´)」

と心配になるかもしれません。

 

でも、この発想転換は実は
英語が話せる人なら誰でもやっているプロセスなんです。

頭の中で、「超高速で」やっています。

 

「私には子供がいないから、
5歳児にわかる日本語が思いつかない・・・」

という方も、もしかしたらいるかもしれませんが、安心してください。

私にも子供はいませんが、できるようになりました。

 

訓練を積めば、誰だってできるようになるのです。

その訓練のために作ったのが、発想転換ブートキャンプなんです。

 

YouCanSpeakや瞬間英作文だけでは、英語は話せるようにならない?

 

私が英会話教材としてお勧めしているYouCanSpeakや、
類似した「瞬間英作文」の書籍を使って
英会話トレーニングをされている方も多いと思います。

 

もちろん、それらの教材には効果がありますし、
私自身もたっくさん訓練してきた方法です。

でも、問題は、
YouCanSpeakや瞬間英作文に掲載されている日本語は、
「英作文しやすい(=不自然な)日本語」だということです。

 

でも、私たちが日常的に話している日本語というのは、
英語とは全く系統の異なる言語なので、
そのまま英訳できない場合が、圧倒的に多いのです。

さっきの「足を引っ張る」もそうだし、「アナウンサーが噛む」も、
そのまま文字通り英語にしても、意味が通じません。

 

日本語をそのまま英語にしてもダメな場合、必要なのは

「日本語にとらわれず、それが何を意味するのかを一瞬で考え、
英訳可能な日本語(=5歳児にわかる日本語)に加工し、英語にする」

という発想転換のスキルです。

 

なので、YouCanSpeakや瞬間英作文を補完するために、この
「発想転換ブートキャンプ」を企画しました。

 

知っている単語を自分の言葉で英語で説明できますか?

 

「発想転換ブートキャンプ」では、
まずは、誰でも知ってる簡単な日本語を
英語で説明することから始めます。

 

たとえば、

「hair salon」

 

hair salonの意味を説明しようと思ったら
日本語にしたら「美容院」で終わってしまいますが、
そうではなく、あえて英語で説明してみるんです。

 

「a place where you have a haircut(散髪してもらう場所)」

と。

 

もちろん、最初からそうやってすっきり言えないと思うので

 

When my hair becomes long, I go there.
They cut my hair.

(髪が長くなったら、その場所に行きます。
そこの人が、髪を切ってくれます)

 

という説明的な言い方で、全く問題ありません。

この訓練を継続し、瞬間的な発想の転換力を鍛えるわけです。

 

 

ですが、正直なところ、なかなか一人でこれを続けることは難しいと思います。

そうではないでしょうか?

 

ですので、この言い換えトレーニングを
アメリカ人の夫・マイクとコラボで企画することにしました。

「英語にならない日本語が英語で言えるようになる!発想転換ブートキャンプ」です。

 

 

英語が話せる人は、
誰もが一瞬でやっている「発想の転換」。

そのトレーニングに、あなたも参加して
どんな場面でも英語でスラスラ言える力を身につけませんか?

 

 

英語にならない日本語が英語で言えるようになる!発想転換ブートキャンプの内容

1.50日間あなたのメールボックスに毎朝届くメール

catch029

このブートキャンプでは、50日間毎日、
英語を自由自在に話せるようになるための課題をメールで提供します。

その中で、毎日の課題(単語)の言い換えフレーズの文例もお送りします。

 

たとえば、以下のようなメールが毎朝届きます。

 

では、さっそく今日のお題。

【airport】

 

今、あなたの目の前に、
airport(空港)が何なのかを知らない5歳の子供が
あなたの目の前にいることを思い浮かべてください。

「ねえねえ、『くーこー』ってなあに?」

 

あるいは、アマゾンの奥地に住む人と話していると
妄想してもいいです。(笑)

「え?『くーこー』?そんなの聞いたことないぞ?何だそれ?」

 

airportをあなたはどう説明しますか?

あなたが英語で言えることを、すべて出し尽くしてみてください。

 

「それが何なのかという本質、目的(いわゆる辞書的な定義)」

だけだと、一瞬で言い終わってしまう人もいると思います。

 

なので、話を膨らませるために、

・空港とは、何をする場所?
・空港には、何がある?
・空港には、どんな人が働いている?
・あなたは、どんなときに空港を使う?

これらを思いつく限り付け加えてみてください。

 

 

こんな感じのメールが毎朝届き、
2日目以降のメールには、1日目の復習と新しいお題が収録されています。

 

このトレーニングが
あなたの日常生活に組み込まれ、習慣として身につくよう

50日間にわたって毎日、朝にこのブートキャンプメールをお届けします。

 

トレーニングに必要な時間は、1日たったの5分から10分程度です。

毎朝、起きてすぐに取り組んでもいいし、
通勤電車で頭の中でトレーニングしても構いません。

そうやって毎日取り組む習慣が身につけば、
あとは成果が出るのを楽しみに待つだけです。

 

2.音声ファイル(mp3ファイルのダウンロード形式)

catch080

マイケルのネイティブ音声(mp3ファイル)による
言い換えトレーニングも、しっかり聞いてみてください。

この音声は、ブランク(空白時間)なども含まれており、
通勤中や家事をしながら
この音声を聞きながらトレーニングができる
ようになっています。

 

さらに、一つの単語について
お手本の定義ありバージョン、なしバージョンの2種類を用意していますので
あなたのレベルや学習の進み具合によって、いろんなトレーニングが可能です。

あなたは、毎日届くメールを読んでご自宅でトレーニングするもよし、
音声を使って出先でトレーニングするもよしです。

 

発想転換ブートキャンプをご購入した方への特典

この発想転換ブートキャンプをさらに効果的に行うための
特典もご用意しました。

 

特別特典:英会話上達のヒント詰まった特別レポート

bootcamppdf

 

特別レポートの内容:

 

発想転換ブートキャンプに参加した方からのご感想

現役通訳でご活躍の愛さんならではの素晴らしいアイディアですね

トレーニングというものの2、3分で終わってしまうこの手軽さ、気に入ってます。ちゃんとやっています。笑。参考回答は覚えるべき模範解答ではないので暗記するな、ということは承知していますが、(というか暗記できません。。。)引き締まった良い表現なので勉強になりノートしています。

それに、参考回答のモノの説明の発想が分かりやすくてすばらしい。例えば、先日の an actorを説明するのに、私だったら「脚本家の書いた台本を自分なりに解釈してシナリオ通りに演ずる人、云々」を言おうとして混乱し、後で調べたりしました。

でも、何もそんな難しい言い回しにしなくてもよいのだと、まずは日本語での発想の転換が必要と気づきました。もっと別の表現でわかりやすく相手に説明できるのだ、かえって、もっと易しい表現でないと相手は混乱するぞ、ということを示していただきました。また、思いつかなかった別の発想、(日米の俳優デビューの仕方の違いなど)を取り入れられたり、と面白いです。

 

こういうトレーニングと参考回答は、通訳ガイドを目指す人に最も必要なものだと思います。英検1級二次試験にもこの度お陰さまで合格した私の次なる目標は、恐れ多くも大胆にも通訳ガイド試験(来年受験目標)なので、大変役に立つと思います!(恥ずかしながら会話力ダメダメからの出発です)

日本の見知らぬものを外国の人にわかりやすく丁寧に伝える、アマゾンの人に冷蔵庫とは何かを教える、それは全く同じことです。そこには、基本的な知識に加え即興力が必要です。暗記だけでは太刀打ちできません。それに、英語表現と同時に説明の発想をトレーニングしなくてはなりませんよね。その点、文法と発想力のトレーニングが同時にできるので、おもしろいです。

 

冷蔵庫の参考回答も表現がなるほど、と思いました。3つの部分があってひとつは、2番目は、3番目は。。と説明すればわかりやすい!そういった、わかりやすい説明の仕方も教えてくれます。単語も、doesn’t spoil, とか storing。。。ああそうか!その単語がぴったりだという、単語を的確に選ぶというお手本にもなります。教授の説明の時の文法も面白いと思いました。教授とは、A、B、C、そしてDをする特定の研究分野の専門家です。なるほど!すっきりです!

このように、どの文型を使って、どの易しい単語と言い回しで、いろんな方向からの情報を的確に、そして豊かに表現するか、それを瞬時にやってのけるトレーニングなんですよね。なかなか瞬時にできなくて苦戦するからトレーニングが必要なんですよね。

通訳練習みたいで、発想→英語表現の回路を作ることに非常に役に立つだろうということを確信しています。現役通訳でご活躍の愛さんならではの素晴らしいアイディアですね。あとは自分の根気と努力がついていくのみです。

最近、愛さんの言う、英語が降ってきたみたいな経験が本当に増えました

ふと思い付いた時に、モノについて説明してみたりしています。ブートキャンプみたいに。

そんな風に続けてきたんですが、最近、愛さんの言う、英語が降ってきた?みたいな経験が本当に増えました。少し前に、会社のネイティブスピーカー達と飲み会に行ったとき、ある人の誕生日だったので、皆からプレゼントをしました。でも一人のネイティブにはそれが何なのか分からず、他の日本人講師に「あれ、何?」と聞いていて、彼女も一生懸命説明していたのですが伝わらず、それを見ていたらパッと頭に説明がうかんできて、それを言ったら、「あぁ、なるほどね~」と納得してくれました。ブートキャンプじゃん!と思ってしまいました(笑)

 

一緒に勤務するカナダ人の講師が、結構早口で聞き取れない事が多かったんですが、大まかに話をキャッチする力も上がったのか、言葉を日本語にして理解していると言うより、彼の言う言葉が、頭の中にイメージとして描かれているのが自分でも分かって、イメージとして描かれるから、日本語にして説明するのもかなり早くなりました。逆に、イメージ出来ない事は日本語にするのにとても時間が掛かる…(笑)

本格的にトレーニング始めて2年、こんなに早く成長出来るなら、もっと早く愛さんのサイトを知っていれば良かったです…(;・ω・)

ブートキャンプで強制的に訓練をすることでスピーキング力の向上を実感できています

ブートキャンプに参加させて頂きありがとうございます。思いがけず音声も聞けて勉強になります。Day1は思うようにスラスラ言えずフラストレーションが溜まりました。

インプットとアウトプットの差を強く実感しました。それでも何とか言い終わった後は、脳がどっと疲れたというか、オーバーヒートして脳が熱くなる感覚がありました。

日常生活の中でなるべく英語で言えるように心掛けてはいるのですが、語彙力不足で何と表現して良いか分からず、英作文することから逃げていました。ブートキャンプで強制的に英作文の訓練をすることで徐々にスピーキング力が向上しているのが実感できています。

とにかく、ものすごく単純な練習なのに、効果ありそうって実感しています

毎日通勤時間にブートキャンプやっています! 8日目のpost officeが、なかなか言いたいことが出てこなくて焦りました。 「えー何て説明したらいいんだ⁈」と考えてしまって、1回目は瞬間英作文になっていませんでした。ちーん。

ブートキャンプを始めて思うことは、たとえ1回目でうまく行かなくても(そもそもうまく行くようであれば練習の必要はない)、2回目、3回目で自ずと情報が整理されて、それなりにまとまりのある英語になっていくということです。 文章をキレイに作ろうと深く考え込んでいるわけでもないのに、人の脳みそってすごいですね(笑)

とにかく、ものすごく単純な練習なのに、効果ありそうって実感しています☆ まだ8日目なのに、そんな実感早いでしょうか?(笑)

 

最後に私からのメッセージ

まず、英語にしやすい表現や概念がきちんと英語で表現できるようになる。

そして、そのまま英語にしても意味が通じない表現を
一瞬で違う日本語に加工し、さらにそれを一瞬で英語にする。

 

この過程を経てはじめて、英語が自由自在に話せるようになります。

・・・こうして文字にすると、結構長い道のりですよね。

 

でも、あなたを甘い言葉で
だましたりなど、私はしたくありません。

 

簡単に英語がペラペラになる魔法なんてありませんし、
そんな都合のいい方法はありません。

でも、逆に言えば、確実にステップを踏んでいけば
あなたも、何でも言いたいことが言えるように、必ずなれます。

 

また、このブートキャンプは50日間となっていますが、
私はこのブートキャンプを、50日間で終わりと想定して企画はしていません。

先ほど言ったように、英会話の上達は長い道のりだからです。

 

ブートキャンプで実践したトレーニング方法を使えば、
どこでも何を使ってでも自主ブートキャンプができるようになります。

通勤電車に乗っていても、街を歩きながらでも、家事をしながらでも
ふと目に止まった物体、人、景色を見て
ブートキャンプで身につけた方法で英会話の練習ができるようになれば、
あなたの英会話スキルはこれからも上達し続けます。

 

このブートキャンプの価格は11,000円(税込)ですが、
あなたがこれから一生、いつでもどこでも、自分一人で
英会話トレーニングできるやり方を身につけ、それを習慣化し、
成果を出していただくためのプログラムです。

 

私自身が、毎日この方法で英会話のトレーニングを実践しており、その結果
「どんな時でも何でも言える」と実感できるようになりました。

非常に効果があったことを実感しているので、このプログラムには自信を持っています。

 

「どんな時も自分が言いたいことをスラスラ言えるようになる」
ための訓練を今、始めてみませんか?

そして、あなたの目標とする英会話力を身につけ、
アフターコロナの時代も、その英語力を武器に
あなたらしく活躍していきませんか?

 

あなたのご参加を、心からお待ちしています。

icon01-arrow-3

 

button_bootcamp3

 

paypalbank
※クレジットカード決済はPayPalのご利用で可能です。PayPalは世界最大手のオンライン決済サービスです。
PayPalを利用すればあなたのクレジットカード情報は売り手に伝わらないため、安心してご利用いただけます。

 

よくあるご質問と答え

Q. どのくらいの英語レベルがあれば、ブートキャンプに参加できますか?

今まで参加してくださっているのは、TOEIC500点前後程度の方から
お仕事として英語を教えているプロの方まで
いらっしゃいます。

正解のないトレーニングなので、学習者それぞれの方のレベルに応じて
取り組んでいただけるプログラムになっています。

 

Q. 瞬間英作文(YouCanSpeak)とブートキャンプ、どちらがお勧めですか?

「中学生レベルの基本的な文章すら話せない」という場合は、
瞬間英作文あるいはYouCanSpeakを先にやっていただくのがお勧めです。

逆に、瞬間英作文はやったことがある、または
日常で「言いたいことをどう英語にしていいかわからない」という
経験が多い方は、ブートキャンプをお勧めします。

 

Q. 私は初心者なのですが、それでも効果はあるでしょうか?

このトレーニングは、一定の正解を導き出すための訓練ではないので、
学習者のレベルによっていろいろなレベルの英作文ができますし、
それぞれのレベルで効果があります。

ですので、初級者の方が参加しても、毎日しっかり実践していただければ
きっと効果を感じていただけるという自信はあります。

 

ですが、中学生の文法に自信がない、英会話は全くできないという場合は、
「試しに英語を口に出してみる」という作業そのものが難しいでしょう。

不安であれば、まずはひととおり中学文法の復習をしてから
ブートキャンプに取り組むことをお勧めします。

 

Q. ブートキャンプをやれば、本当に英語を話せるようになるのですか?

どんな教材でも言えることですが、
どれだけ工夫し、その教材からどれだけの価値を自分で引き出し、
そのスキルをどう活用するかが重要だと私は思っています。

毎日5〜10分のトレーニングを50日間継続したとしても、それだけで
英会話スキルがゼロだった人が、ネイティブレベルにはなれません。

 

でも、このブートキャンプで
毎日英会話トレーニングをする習慣を身につけ、
一瞬で発想転換するスキルを身につけることで、
あなたの目指す英会話スキルに必ず近づくことは、私は自信を持っています。

 

「ブートキャンプを利用して得られた英会話トレーニング習慣、
 そして身につけた英語力が、あなたにどんな未来をもたらすのか」

で、ブートキャンプをやるかどうかを判断していただければと思います。

賭けてみる価値があると感じてくださった方だけが
参加してくれたら、マイクも私も非常にうれしいです。

 

icon01-arrow-3

 

button_bootcamp3

 

paypalbank
※クレジットカード決済はPayPalのご利用で可能です。PayPalは世界最大手のオンライン決済サービスです。PayPalを利用すればあなたのクレジットカード情報は売り手に伝わらないため、安心してご利用いただけます。

 

特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー