独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

苦手な英会話で伸び悩んでいた私がブレイクスルーした魔法の言葉

エバンス愛

サムネイル

突然ですが、私には「日本からなくなればいいのに!」と本気で思っているものがあります。それは・・・

『日本人がよく間違える英語』
『ネイティブに笑われるこんな英語』
『そんな英語はネイティブは使いませんよ』

という、「笑われたくない」「バカにされたくない」という私たちのネガティブな感情に訴える本です。

 

でも、かくいう私も実は、以前はそういう系統の本を読み漁っていました。だって、ネイティブに笑われたくないですもん。不自然な英語なんて話したくないですもん。だから、そういう本を買ったり、図書館で借りてきたりしてた~っくさん読みました。

「ほうほう!この表現、いかにも言いそうだけど、これってネイティブが聞いたら滑稽なのね~」
「そうか・・・文法的には正しいけど自然な英語はこっちなんだ~」

って、勉強してました。

 

で、私はどうなったか、というと。・・・どうなったと思います?ネイティブに笑われることのない自然な英語が話せるようになったと思いますか?

答えは・・・私は間違えるのが怖すぎて、不自然な英語を話すのが恥ずかしすぎて、全く英語を話せない人になってしまいました。

何か英語で言おうとするたび、

「えっと・・・これってもしかしてネイティブには変に聞こえるかな?」
「間違ったらどうしよう・・・笑われたらどうしよう・・・」
「あ、あの本でこの表現は不自然って書いてあったかも!」

そんなことばかり頭に浮かぶんです。

唯一、夫と英語で話すときだけは、変なこと言っても別に恥ずかしくもないので、通じる程度に適当にしゃべっていました。でも夫以外のネイティブと話すのは、本当に苦痛でした。

 

そんな状況だったのに、いろいろな偶然と幸運(と言って良いのか)が重なって、経験も実力も全くないのに、通訳として採用されました。でも、やっぱり間違えるのが怖くて、恥ずかしくて、私は、日本人の発言を英語に通訳することが本当に全くできませんでした。

当時の英会話レベルは何とか英検1級に合格した程度ですが、むしろ、通訳という立場になったために、余計に間違えるのが怖くなってしまったんです。

日本語の発言を聞いても、一つの言葉にこだわってしまって、一瞬で英語にできない。「~の」という日本語に対して「ここでは・・・ofかな?う~ん、forかな?」とか考えてしまって、結局何も言えない。

何を言おうとしても「これって本当に間違ってないかな・・・」「通じるとは思うけど、不自然だから変に思われないかな・・・」と、そればっかりが心配で、肝心の英語が全く口から出てこない。

そんな状態なので、通訳の会議に出ても「うっ・・・」とすぐに言葉に詰まってしまって、見かねた先輩が代わりに通訳するという毎日でした。

 

私は当時、自分が通訳として会議に出た議事録の翻訳を担当させられていました。そして議事録は、会議音声を聞いて確認しながら翻訳することになっていました。

想像してみてください。

日本語で自分が話している声だって、聞くの恥ずかしいですよね。それが、日本語どころか自分の下手すぎる英語が収録された録音音声なんですよ・・・

それも、友達との会話とか、英会話レッスンとかなら別にいいのですが、会社のお偉いさんがずらっと出席している役員会の会議とかなんですよ・・・

しかも、私の下手くそな英語がマイクで会場中に響き渡ってるんですよ・・・

 

もう、あの頃は毎日がつらくてつらくて、自分が英語を思い通りに話せないことが悔しくて、全く役立たずな自分が恥ずかしくて、水量を最大にしたシャワーの中が私の悔し泣きの定位置でした。涙も、鼻水も、あとできれいに洗い流せるので。

「ああ・・・こんな恥ずかしい英語が私の口から出るなんて・・・」って顔から火が出て死にそうな思いをしながら、バカ丸出しでへなちょこ通訳をやっていた当時は、「穴があったら入りたい」なんて言葉ではとても表現できないほど、毎日打ちひしがれていました。

 

私が通訳としてあまりに使い物にならなかったので、最初の1年くらいは、仕事が忙しくない時に女性の先輩が通訳の特訓をしてくださいました。

日本語→英語の訓練なのですが、「これって英語で何て言ったらいいの?」と言葉に詰まって何も言えなくなるたび、何回も、何十回も、先輩に言われました。

 

先輩

はい!分からなくても、とにかく何か言う!!
黙ってたら出席者もイライラするでしょ?


でも、ここは○○って言ったらおかしいですよね・・・?
何ていう英語で言ったらいいですか?

先輩

通訳っていうのはとにかく時間がないの。
自然な英語が思いつかないときは、もうそれで諦める!
その瞬間に言えるベストの英語でいいから。


・・・こ、この文章は、
何を主語にして文章を始めたらいいでしょうか・・・

先輩

何を主語にするかは一瞬で決める!迷わない!
主語が決まったら動詞も決まる!
動詞が決まったら目的語も決まる!


はっはい!
えっと・・・(適当な主語を置いて話し始める)
あっ、えっと、やっぱり違う主語で言い直します。
えっと・・・

先輩

一回英語を言い始めたらとにかく最後まで言い終えなさい!
途中で言い直しはしない!時間ロスするから。
英語なんて、後ろにいくらでも修飾つけられるんだから。


すっすみません・・・(涙)

 

こんな感じで、しごかれたわけです。

 

で、読んでもらって分かると思いますが、このトレーニングで「自然な英語で」とかいう意識は、皆無なんですよ。

何を主語にするかは0.数秒で決めないといけないので、何が自然・不自然なんてことに構っている余裕は全くないんです。とにかく、一瞬で主語を決める。

主語が決まれば、その人(物)が何をした、と続けるので、動詞を何にするかも決まります。そうすると、目的語も決まります。

だから、主語を決めた後はもう雪崩のように動詞、目的語、そのほかの情報をto不定詞や関係代名詞を使って次々と付け足していく。

 

つい私が「こういう時は、どう言うのが自然でしょうか?」と聞いてしまった時、先輩はいつもふんっ、と鼻で笑ってこう言うのでした。

先輩
あなたが自然な英語とか気にするのは、まだ早い!!

 

 

何度も、何度も言われました。

先輩

間違ってもいい!ちゃんと通じれば良し!

先輩

ネイティブらしい英語を言おうなんて思わなくて良し!

 

でも、私、曲がりなりにも通訳としてお給料もらってる立場なんですけど・・・しかも私、一応英検1級なんですけど・・・

なのに、「間違ってもいい」とか「自然な英語じゃなくていい」とか、そんなのでいいの??プロなのに??

 

で、当たり前すぎることに気づいたわけです。

間違った英語を話しまくるしか、正しい英語が話せるようになる道はない。
不自然な英語を話しまくるしか、自然な英語が話せるようになる道はない。

 

たくさん間違って、たくさん不自然な英語をしゃべらないと私、一生上手になれないじゃん。自転車だって、一回もコケずに上手に乗れるようになるわけない。赤ちゃんだって、コケてコケてコケまくってようやくちゃんと歩けるようになるんだし・・・

そう、心から「腑に落ちた」んです。

 

それからですね。何かが吹っ切れました。

間違えるのが、(あまり)恥ずかしくなくなりました。通訳の会議に出るのが、(あまり)怖くなくなりました。先輩にも、他の会議出席者にも「何か最近違うね」ってよく言われるようになりました。

そうして、自分なりに先輩とのトレーニングを応用して工夫して一人で毎日訓練を重ねて、仕事でもそれ以外でも英会話の実践を続けた結果、私は先輩たちに何と言われるようになったかというと、「機関銃」です。

ためらいなくすごいスピードで話すからだそう。もちろん、早ければいいってもんじゃないです。英語の完成度という点で言えば、まだまだ x1000000 先は長いですが。

 

採用されたばかりの頃は「間違ったらどうしよう・・・」「こんな英語は不自然かな・・・」って、話し始めることすらできなかった私は、変な英語をしゃべって恥ずかしいとか、間違ったらどうしようとか、そういうプライドをかなぐり捨てる以外に、先輩のしごきと通訳の現場に耐える方法が私にはありませんでした。

そして今、曲がりなりにも私が「Do you speak English?」と聞かれても、小さい声で「A little」ではなく、「Yes, I do.」と堂々と言えるようになった道のりを思い返して何が一番大変だったかというと・・・

「恥を捨てること」
「『自然な英語』を捨てること」

です。そして、ここに一番大きなブレイクスルーがありました。

 

その後何年も経ち、通訳の仕事が一応一人前に出来るようになった頃、新人時代にド下手な通訳で毎日迷惑をかけまくった役員のおじさま方によくからかわれました。「あのねー、今だから言うけどねー。あんたが入ってきた時は、ほんま、どうなることかと思ったよ~!わっはっは!!!」

その話を先輩たちにすると、

「私も同じこと言われたよ!最初は、どうしようもないほど下手くそで、その日の失敗を思い出すたびに『あ゛ーっ!!』って帰りの電車の中で思わず声が出て、頭を抱えるほど、毎日恥ずかしいことの繰り返しよ」

と先輩がみんな言っていました。(笑)

 

これを読んだあなたが、「そりゃ、あんたはそんな風に教えてくれる先輩がいるからいいよね~。やっぱ、独学では英会話はできるようにならないのか・・・」ってがっかりしたとしたら、それは私の意図したことではありません。

だって私、先輩の特訓、そんなに何度も受けてないんです。業務が比較的忙しくない時という限られた時間しかできませんでしたし、もちろんいつまでもご好意に甘えるわけにもいかず、多分、全部で10時間もやっていないと思います。

で、先輩に教えられたことは、英語そのものの面で言えば、私の職場で使われる特殊な用語、会議でよく出る固有名詞、略語、その程度です。

 

それ以外に叩き込まれたのは、ほとんどがすでに書いたような

・あなたが自然な英語を気にするのはまだ早い
・通じる英語を一瞬で出すのが最優先
・主語を何にするか迷わない、決めたら言い直さない
・英語は修飾が後ろにつけられるので、とにかく主語+動詞を言う

など、「取り組み方」についてのことばかりでした。あとは、私は先輩とのトレーニングを参考にして一人で工夫しながら、英会話のトレーニングを続けただけです。

トレーニングは、家で一人で出来ます。ということは、あなただって、自分できちんとトレーニングを積んで英会話に不自由しない人になれるということです。

 

さて。

今日の記事のタイトルである「英会話で私がブレイクスルーした魔法の言葉」。それは、この言葉です。

先輩
あなたが自然な英語とか気にするのは、まだ早い!!

 

この時、私は英検1級でした。その時は情けなかったですが、今は心の底から納得していますし、この言葉に救われて今の私があります。この言葉のおかげで、英語を話すことが前ほど怖くなくなりました。

 

だから、あなたにも同じことを言わせてください。

今、あなたが相手に通じる英語がスラスラ話せないなら、自然な英語なんて逆立ちしても無理です。まず、相手に通じる英語がスラスラとよどみなく話せるようになることが先です。

表現が自然かどうかとか、よりネイティブらしく聞こえるのはどっちかとか、そういうのは、スラスラ話せるようになってからです。

「あなたが自然な英語とか気にするのは、まだ早い!!」

ぜひ、肝に銘じてください。

 

以上、私の経験であなたが少しでも勇気を持てたり楽しんでもらえたらうれしいです。

私が実際にやった通訳のトレーニング法にご興味があれば、ここに書いてますのでどうぞ。

独学でも通訳になれる?私が8年続けた英会話上達トレーニング法

もう、効果の出ない英語学習をダラダラ続けるのはやめませんか?

独学で英語が身につく無料メール講座

多くの留学したい人間が、自分の英語学習法に停滞感や行き詰まりを感じています。せっかくの英語学習へのモチベーションを起点として、どのように英語を身に着けたらいいのか?

このメール講座では、

  • 何からどんな教材を使って勉強するかという迷いが無くなる英語の学習順序
  • 英語を読むときや聞く時につい日本語に訳してしまうクセを無くす方法
  • 「ネイティブ英会話フレーズ」の暗記をしてはいけない理由

など、英語学習についてのノウハウや具体的な実践方法について解説しています。ぜひ、あなたの英語学習にお役立て下さい。

実践ガイド

無料メルマガを見る

Ai Evansエバンス愛

独学で英語を勉強し国際機関で通訳者を8年経験したのち、独立。英語でもっと人生を豊かにする英語学習コーチとして、本物の英語力を身につける方法を指導しています。
詳しいプロフィール