モチベーションがないのに勉強が続けられる秘密の方法

今日は、英語学習モチベーションシリーズの

・究極のモチベーションの保ち方
・英語をやるしかない状況を作り出す
・英語を勉強しないといけない強烈な理由はありますか?
・つらくても勉強が続けられる当たりすぎる理由

の続きです。

以前、モチベーションを上げる方法を3つご紹介しました。
覚えてますか?

1.願望を成し遂げた自分や周囲の反応を妄想してワクワクする
2.モチベーションの上がる写真、文章、音声に触れる
3.自分の努力(どんなに小さくても)を肯定的に受け止め、自分を褒める

でしたね。
さっそく実践してますか?
何度も言うようですが、読むだけで実践しないなら意味ないですよ!

ただ、これらは「即効性」はあるのですが
この方法だけでモチベーションの持続は難しいです。

そして前回の話、覚えてますか?
ものすごく大事なことを話しました。

それは、

「モチベーションを常に高く保つなんて無理!
 英語をやるしかない理由を自分に与えること!」

でした。

「英語の勉強をするモチベーションが・・・」と
悩んでいる人には、衝撃的な事実だったかもしれません。

でも、そうなのですよ。
モチベーションが重要なのではないということに気づいてください。

先日、何かのホームページで

「仕事ができないやつほど『モチベーションが・・・』と言う。
 仕事ができるやつからモチベーションがどうこうという話を聞いたことがない」

と書いてあるのを読みましたが、英語もまさにそうなんです。


あなたが英語の勉強そのものが大好きで、趣味や娯楽として
毎日ワクワク楽しく、いくらでも勉強できるのであれば別です。

でも、そんな人が
「モチベーションが上がりません」
なんて言うはずがないのです。

どんなに優れた結果を出している人だって、
モチベーションが上がることもあれば下がることもあるのです。

モチベーションに振り回されるのではなく、
自分で英語を勉強するモチベーションをしっかりコントロールして
毎日の勉強を積み重ねていってください。



・・・そして、今日は
「モチベーションがないのに続けられる秘密の方法」
をお教えします。

最初にあなたにお聞きしたいのですが、
あなたが大好きなことなら、継続するのは簡単ですよね?

好きなテレビ番組を見るとか、趣味の活動をするとか
別に努力しなくても毎週、毎日と
継続できていることはたくさんあると思います。

でも、好きなことじゃなくて
面倒だな、嫌だな、と思う時もありつつも継続できていること
たくさんありますよね?

その一つは・・・


「義務」であること。

仕事に行くのが面倒だなと思っても、
モチベーションがないなと思っても、
やっぱり仕事には行くのです。

「義務」だから。


そして、ここからが本題です。

好きでもないことが続けられるのは
「義務だから」以外に、もう一つだけ理由があります。

分かりますか?

考えてみてください。




















それは、

「習慣だから」

です。

朝ごはんを食べて歯磨きをせず、汚れた歯の気持ち悪い感触のままで
仕事に行く人はいないと思います。

【習慣】だからです。

英語の勉強が「好き」ではないし、
どうにも「義務」にするのも難しい・・・という場合、
それでも英語の勉強を続けるためには、
「習慣」にするしかないんです。



いいですか?

「義務」「習慣」

たったこの二つしか、好きでもない何かを
継続できる理由はないんです。


上がったり下がったりするモチベーションに引きずられて
勉強をやったりやらなかったりするのではなく、
英語を毎日やるのが当たり前という、英語を日常の完全な一部にするのです。

これが、モチベーションがなくても
英語が義務でなくても続く最大の秘密です。



⇒ 毎日勉強時間が勝手に積みあがる習慣を作ることへすすむ



英語の学び方(心構え・マインド編)の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ