いつかは独立して翻訳の仕事をすることを目標にしています

現在は社内翻訳者をなさっていて
いつかはフリーランスで翻訳をやりたいとお考えの方から
メールをいただきました。

***

> — メッセージ —
> えいみさんへ

> 初めまして。
> 英検1級に挑戦しようと思い立って、色々と学習法を検索していた時に
> えいみさんのページに出会いました。

> どのページもとても面白く、どんどん読み進めていくうちに
> 自分の中で迷っていたことがクリアになっていくのがわかりました。


> 現在31歳、派遣社員として社内翻訳をしているのですが、
> いつかは独立して翻訳の仕事をすることを目標にしています。
> ですが、その道筋は不明確なままでずっと不安でした。


> えいみさんのページをみながら、
> 派遣会社が持っている仕事をもっと活用させてもらって、
> 経験を積んで、努力を重ねて、
> 失敗を乗り越えて一人前になっていけばいいんだなと勇気が出ました。

> ありがとうございます。

> 英語力の底上げに有効とおっしゃっていた
> デイリーヨミウリの購読をさっそく始めました。
> 翻訳コンテスト、積極的に応募してみたいと思っています♪

> — 引用について —
> 名前を伏せて引用可

***

メッセージありがとうございます^^

独立して翻訳の仕事をすることが目標でいらっしゃるのですね。

私はコンスタントに翻訳一本で生活したことはないので
独立するということについて経験から語れることは
それほど多くないのですが、

すでに社内で翻訳のお仕事をしているのであれば
現在翻訳の経験ゼロからいきなりフリーランスを目指す人よりは
ずっと可能性は高いはずです。

今お勤めの会社で翻訳の経験が十分に積むことができているのなら
トライアルを受けるなど独立の準備をしながら
そのまま続けてもいいでしょう。

あるいは、「自分には物足りないな」とか
「業務の中で翻訳の比率をもっと高くしたいな」とか
そう思うのであれば、状況が許せば転職すべきと思います。

現在31歳でいらっしゃるとのことで、
やはり派遣会社のお仕事の紹介も少しずつ年齢的に
厳しくなってくると思います。(31歳ならまだ大丈夫です)

なので、経験が積める時に
頑張ってチャレンジングな状況に自分を追い込んで
実務経験を積み重ねて市場価値を高めると良いと思いますよ。

で、デイリーヨミウリ(現The Japan News)の翻訳コンテストは
ぜひ続けてみるといいです。

とっつきやすいのは英日翻訳ですが、
日英を特に頑張ることをお勧めします。

というのは、やはり英日翻訳ができる人が多い分、競争率も高いので、
日英ができる方が仕事が得やすいからです。
(普通、日英ができる人は英日もできますしね)

私がデイリーヨミウリの翻訳コンテストに応募していた頃は
お題になっているトピックに関連した英文記事をネットでいくつも読んで
「英語ではこういう書き方をするのか」と勉強しました。

たとえば、受け身の使い方とか。

日本語では能動態で表すことも
英語では受動態で表す方が自然なこともありますし、
その反対もあります。

そういう、「英語らしい英語」の書き方です。

普段の会社での翻訳とはきっといろいろ違って
難しい部分もあると思いますが、いい訓練になります。

入賞したら、それを就職面接の時や
翻訳トライアルの時にアピールできますしね。

というわけで、お役に立ちましたら幸いです。

フリーランス翻訳者を目指して頑張ってください!!

⇒ 週150円で翻訳を独学-The Japan News翻訳コンテスト


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ