独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

英英辞典を使わなくても英語脳はできる!私が英和にこだわる理由

エバンス愛

「知らない単語は英英辞書で調べなさいという話を聞きますが、愛さんはどう思いますか?」という質問を、よく受けます。

 

「英和辞典を使っていたら、英語を英語のままで理解できるようになりません!」
「日本語を介しているから、いつまでも英語脳ができないんです!」

とかいう脅し文句(?)、最近よく見かけませんか? 「日本語を介さずに英語のままで理解しろ」「英語脳が大事」と毎日のように聞くようになりました。

 

でも、英英辞典を使ってみたけど、

「読むのに時間がかかって(難しすぎて)挫折した・・・(T_T)」
「英英辞典の方がいいのは分かってるけど、なかなか使いこなせない・・・(ノД`)」

と悩んでいる人が多いと思います。

 

私の経験では、英英辞典を使わなくても英語脳はできるし、むしろ英英辞典より効率のいいやり方で英語脳を作った方がいいと思っています。

この記事では、英語脳を作るには英英辞典を使わなくてもいいこと、そして英和辞典を活用したほうがいいと私が思う理由をお伝えします。読み終わる頃には、「無理に英英辞典にこだわらなくていいんだ!」と気持ちが楽になっているはずです!

 

「英語が英語のままで理解できる」には条件がある

多くの人が英英辞典を使いたい(使わないといけない)と思っている原因は、この「英語脳」です。英語を英語のままで理解できるようになりたい!日本語を介さず理解したい!と。

英語脳を作るのに英英辞典は有効です。でも、ちょっとここで注意すべき点があります。

 

「英語が英語のままで理解できる」ときの脳内

「英語を理解する」とはどういうことでしょう?

当たり前ですが、その意味が分かるということですよね。意味が分かる、理解する、というのは、「頭の中にその概念(イメージ)が浮かんでいること」を指します。英語でも日本語でもなく、そのイメージが頭に描けているということです。

 

たとえば、

She is a good tennis player.

という英語を私たちが聞いたり読んだりすると、こういうことが脳内で起こります。

 

①英語初心者:日本語に変換して理解

英語を日本語に変換

 

②英語上級者:英語のままで理解

もちろん、あなたが目指したいのは、②の、日本語に訳さずに、英語から直接理解できることですよね。

 

日本語を介さず英語を理解するための4つの必要条件

「英語が英語のままで理解できる状態」は、以下のような場合でないと、普通は起こりません。

 

・単語の意味をすでに知っている
・その分野、トピックが自分になじみがある
・自分の英語レベルより、はるかに簡単な英語
・十分なインプット(読み、聞き)の積み重ねがある

これ以外の状況では、英語のままで理解はできないんですね。

 

つまり、「英語脳ができる」と言っても、ある日突然、どんな英語でも一切日本語を介さずに理解できるようになるわけではありません。

その業界のことに詳しい、単語の意味をよく知っているといった条件が全て満たされる時に限り英語脳が発動し、日本語を介さずに理解できるのです。

 

私は、15年以上前にTOEIC980点を取得し、英語を仕事にしています。アメリカ人と夫と毎日家庭で英語で会話しています。でも、完全に英語脳ではありません。

「日本語にするまでもなく理解できる」というほど自分にとって簡単なレベルの英語だからこそ、英語のままで理解できるのです。自分にとって難しいレベルの英語が、英語のままでわかるわけがありません。

 

日本人である以上、母国語を忘れるほど異国にどっぷり浸かる生活をするのでもなければ、完全な英語脳にはなれないと私は思います。

 

私が日本語を介してしまうのはどんな時か、ここに詳しく書いています。

英語脳を鍛えて日本語に翻訳しなくても理解できるようになる方法

 

英語脳を作るのに英英辞典を使うことは必須か?

英英辞典は、もちろん英語脳を作る役には立ちますが、英語脳を作る唯一の方法ではありません。

結論から言うと、英英辞典を使って単語を調べる目的として「英語脳を作る」とか、「英語を読む練習になる」とか、そういったことは、別の方法で鍛えたらいいと私は思っています。

英語を英語のままで理解しながら読む練習は、自分が読みたい素材でやればいいという考えです。

私が英英辞書を使うのは、二つの似た単語の細かい違いを調べるとか、日本語にはない概念の単語(「sustainable」など)を調べるとか、英和辞典に書いてある日本語がしっくり来なかったときくらいです。

 

「知らない単語」なのだから、上に書いたような理由で
いきなり英語のままで理解するのは難しいからです。

最初に「糖尿病」という日本語を介したとしても、
それが自分になじんだ言葉になれば
やがて”diabetes”と直接英語が出てくるようになるし、
それでいいのではないかと私は考えています。

その方が、「単語を覚える」という作業レベルで考えたら
ずっと効率的なんです。

「血液中に糖が過剰に含まれる病気」という説明で
何となくぼんやり理解するよりも、
「糖尿病」という訳語で一発で理解した方がずっとイメージもわきやすいんです。

私は「単語の意味を真に理解した」というのは、
日本語でもなく、英語でもなく、そのものが表す「イメージ」が
頭に浮かんでいる状態だと考えています。

だから、私の場合、この”diabetes”という単語は
最初は「えっと~、diabetesは糖尿病だから・・・」と
この単語を見るたび、聞くたびに思ってました。

英語 ⇒ 日本語 ⇒ イメージ(理解)

という状態。

でも今は、日本語を介さない状態になってます。
その単語を何度も見たり聞いたりしてきたからです。

今は、diabetesという単語を見た・聞いた瞬間、
diabetesの「イメージ」が浮かびます。

英語 ⇒ イメージ(理解)

という状態。

イメージというのは、具体的には、
食事制限が必要だとか、
知り合いの○○さんが糖尿病だったよなとか、
そういういろんな情報や知識のかたまりのことです。

だから、

最初に単語を覚えたきっかけは日本語だったとしても、
最終的に「英語 ⇒ イメージ」になれば
それでいいんじゃないかと思うんです。

それを、最初から
「英語で!」「日本語は一切使わない!」っていう方法は
私は正直あんまり良さが理解できませんし、

何より、日本語で素早く正確に理解できるのだから
その能力を使わないともったいないと思うんですよね。

糖尿病が何なのかを知らない子どもだったら、
その定義から理解していく必要があります。

でも、私たちは大人です。
日本語の理解レベルは高いし、
日本語という便利なツールを持ってます。

だったら、知らない単語の意味を知る最初の入口は
日本語でいいんじゃないかな、と。

日本語を最初から使わないんじゃなくて、

英語⇔日本語の変換速度を早くしていくというか、
パイプを太くしていくというか、

そういう考え方でいいと思います。

で、最終的には日本語を介さなくて
良くなる・・・というのが理想。

(補足・逆に、すでに知ってる単語を英英辞書で引くのは
とてもいい勉強になりますよ。)

結論。

愛は、知らない単語は英和辞典で調べます。
だって、その方が早いし効率いいじゃん。

英英辞書を使った勉強法がしっくりこない人の
お役に立てたら幸いです。

 

特に英語圏の方たちの悩みですごく多いのが、
「せっかく海外に住んでるのに、日本語の教材なんか使うともったいないんじゃないか・・・」
というものなんですが、

日本に住んでる方でも、
できるだけ日本語を排除して勉強したいという人もいますし、
どうしたらいいのか悩んでいる方って、実際すっごく多いと思うんです。

「英語を勉強するとき、日本語は全て排除しなくちゃいけないのでは?」
「どうしよ~!!日本語を頭に入れてしまうと英語脳ができない!」

って。

ですので、今日は「英語学習に日本語を使うこと」に対する考えを
相談者さんへのお返事で書いたので、読んでみてください。

この方は引用不可だったので私の回答のみを掲載しますね。
アメリカにお住まいで、日本の語彙教材を使うことに抵抗があるというご相談への回答です。

***えいみの回答ここから(抜粋)***

「日本語を使った方が効率が良い場合が多い」と私は思っているので
今までも日本語を利用して勉強してきましたし、それで成果は出ています。

こう言っては身も蓋もないかもしれませんが、

「せっかくアメリカにいるという環境を生かすために、日本語の教材は使うまい」
「アメリカで早く効率よく成果を出したいからこそ、日本語の教材を使おう」

どちらも間違いではないと思いますし、
○○さんが好きな方でいいと思うんですね。

もしも、○○さんが普段から
「日本語に触れるのは最小限にとどめよう!」と
たとえば日本人とは一切話さないとか、
ネットでも日本語のサイトは見ないとか

そういう生活を送るように気をつけていらっしゃるのなら、
そのルールが崩れるのでボキャビルマラソンは
使わない方がいいのかもしれません。

でも、そうでなければ、「アメリカにいるから・・・」っていう理由は
私にはそれほど重要なことのようには思えませんが、いかがでしょうか?

○○さんの目的は、アメリカという環境を利用することではなく
最終的に欲しい英語力を手に入れることだと思いますので、
どんな方法であっても、目的地にたどり着ければそれでいいと思います。

「現地でできることにお金や時間をかけたほうがいいのでは」

ということですが、具体的にはどういうことができるのか、
それによってボキャブラリーが効果的に増えそうなのか、
それをまず考えてみてはいかがでしょうか。

それで目的が達成されそうであれば
ボキャビルマラソンは必要ないと思いますよ。^^

***回答ここまで***

この方がどういう結論に達したかというと、
現在アメリカで、このボキャビルマラソンを受講されています。

前から読んでくださっている方は記憶にあるかもしれませんが、
「ある病気」の話で「なるほど!自分もそうだ!」と思ったからなんだそうです。

「ある病気」の話はこちら。
⇒ 「単語は英英辞書で調べろと聞きますが?」

「日本語を介してはダメ」という大きな勘違い

私は、日本語を使うかどうかで
そんなに神経質になる必要なんてないと思っています。

そして、「日本語を使った勉強法」ってすごく誤解されているとも思います。

私が日本語を使う理由は、「ながら勉強」できたりという効率向上のためです。

また、最初の段階で日本語を補助として使って
頭の中にパッとイメージする足がかりにしているだけなんです。

あれです、
自転車の練習の補助輪みたいなもんですよ。

あなたは、子どもの頃、
自転車の練習は最初はコロつきじゃなかったですか?

コロつきでしたよね?

いきなりコロなしで練習しても
すぐコケるし、怖くて集中して練習できませんからね。

最初はコロつきで練習して、
だんだんバランスの取り方がわかってきたら、
そのうち気がつくとコロがガラガラ音をたてずに
ちゃんとまっすぐ自転車に乗れていることに気づく。

そんな感じで、自転車の乗り方を覚えましたよね?

自転車に乗れない人がいきなり補助輪なしで練習するのと
補助輪つきで練習するのと、どっちが上達が早いですか?

絶対に補助輪ありですよ。

で、何が言いたいかというと。

日本語は、単なる「理解を助ける補助」。
補助輪が外れたら、英語のままで理解できるわけです。

日本語を排除しよう!!って、CNNニュースを流しまくって
ひたすらあっちのドラマ見たからって、
劇的に英語力が伸びるわけじゃないのは、あなたもよ~く分かってると思います。

日本語を使った勉強法がいけないわけじゃないんですよ。
私はそう思いますし、日本語を使った勉強法で成果が出ています。

「英語脳」だって、出来ています。

もちろん、あなたが「日本語は一切使わない!」という勉強法で
成果が出ているなら、それで良しです。

でも、もしそうでなければ、
安易な日本語排除論に惑わされないでくださいね。

⇒ ボキャブラリーは日本語を使って効率よく へすすむ

語彙(ボキャブラリー)の勉強法の一覧へ戻る

もう、効果の出ない英語学習をダラダラ続けるのはやめませんか?

独学で英語が身につく無料メール講座

多くの留学したい人間が、自分の英語学習法に停滞感や行き詰まりを感じています。せっかくの英語学習へのモチベーションを起点として、どのように英語を身に着けたらいいのか?

このメール講座では、

  • 何からどんな教材を使って勉強するかという迷いが無くなる英語の学習順序
  • 英語を読むときや聞く時につい日本語に訳してしまうクセを無くす方法
  • 「ネイティブ英会話フレーズ」の暗記をしてはいけない理由

など、英語学習についてのノウハウや具体的な実践方法について解説しています。ぜひ、あなたの英語学習にお役立て下さい。

実践ガイド

無料メルマガを見る

Ai Evansエバンス愛

独学で英語を勉強し国際機関で通訳者を8年経験したのち、独立。英語でもっと人生を豊かにする英語学習コーチとして、本物の英語力を身につける方法を指導しています。
詳しいプロフィール