英語を聞くときについ日本語にしてしまう癖をなくすには?

books-552607_640

英語を聞くとき「ついつい日本語に訳してしまう癖」に
悩んでいる人が多いと思います。

あなたは、どうですか?

つい日本語が思い浮かんでしまって、「いかんいかん!」と
日本語を一生懸命頭から取り去ろうとしているでしょうか?

今日は、このお悩みにお答えします。

英語を話す時にどうしてもまだ頭の中で「日本語→英語」、
聞く時は逆に「英語→日本語」のプロセスを踏んでしまうので、
言葉に詰まってしまったり、話されている内容が
理解出来なくなる事が多々あります。

実際に英語がスラスラ話せるようになった方は、
そこをどう克服していったのでしょうか。

まず、日本の多くの英語学習者さんは、
「英語を聞いたり読んだりしたときに日本語に頭の中で直してしまうこと」を
必要以上にタブー視してしまっています。


でも、英語を聞いていて日本語が思い浮かぶことはタブーでも何でもありません。
だから、罪悪感は持たないでください。

日本語が頭に浮かんでも、大丈夫です。
ぜ~んぜん、問題なしです。

私たちが日本語を母国語とする人である以上、当たり前のことなのです。

むしろ、日常の大半をどっぷり日本語に浸かって過ごしている私たちが
完全に頭の中の日本語を排除できてしまったとしたら、ちょっと心配なくらい。

なので、別に日本語が頭に浮かんでも「まあ、そういう時もあるさ」と気にせず
少しでも英語のまま理解できることが増えてきていたら
それでよしとして喜べばOKです。


で、英語で話す時や聞く時、日本語を介するのは日本人である以上
避けられないことではあるのですが、
私の中では「日本語⇔英語」と考える癖をなくすための
明確な答えがありますし、それを毎日実践しています。

「日本語⇔英語」と考えてしまって英語のスピードについていけない・・・
そんな悩みは、どうすれば解決するのか?
どうやって勉強したらいいのか?

私の答えは、こうです。
(※今日は、英語を「聞く」方についてお答えします)

訓練と慣れが大事なのは言うまでもないですが、
分からない英語をひたすら聞き続けても、
残念ながら「英語のままで理解できるようになる」ことはありません。


だから、

「CNNニュースを意味が分からないまま流しっぱなしにしておく」
とかいうやり方は、はっきり言って全く効果がないので
あなたがそういうリスニングの勉強をしているなら、今すぐやめてください。

ではどうすればいいのかというと、
「日本語に直すまでもなく簡単に理解できる英語」をたくさん聴くことです。


一般の英語学習者は、
自分のレベルに対して難しい素材ばかりを聞きすぎです。

もちろんそれもレベルアップには重要なのですが、
「そもそも難しいものを聞くから日本語に直さないとついて行けない」
ということに気づく必要があります。

難しい内容をやろうとするから、
日本語を介さなければ理解できなくなってしまうのです。

自分にとって簡単で、日本語にすべて頭の中で直さなくても
理解できるものもたくさん聞くことによって、
「英語のままで理解する」という感覚が身につきます。


「でも、英語のままで理解できるものなんて思い当たらない!
 私はどうしても日本語が頭の中に浮かんでしまう」

とあなたは困っているかもしれませんが、絶対にそんなことはありません。

たとえば、あなたが映画を観ていて俳優さんのセリフに
「I love you」というのがあったとします。

そのとき、あなたの頭の中はどうなってるでしょうか?
いちいち「私はあなたを愛しています」って訳してます?

おそらく、違いますよね。
「I love you」という言葉が意味する状況、心情を
そのまま捉えて理解できていると思います。

これが、英語を英語のまま理解しているという状態です。
こういう経験をたくさん積んでいくことです。


そのために使う教材としては、学習者それぞれのレベルにもよりますが、
NHKラジオの基礎英語などがおすすめです。
中学生レベルなので、英語のままですっと理解できる文はたくさんあるはずです。

私も、TOEIC700点レベルのころに
ながら聞きで本当にお世話になりました。

TOEIC700点といえば、通常なら余裕で大学受験も突破できますが
その頃にNHKラジオ英語講座で中学生レベルの「基礎英語」をたくさん聞いていたわけです。
普通、そういうことしないですよね?
(だからいつまでたっても英語が英語のまま聞き取れないのです)

自分とってやさしい英語をたくさん耳に入れることで、
自然と英語のままで理解する癖がつきます。

その「自分にとってやさしい英語」のレベルを上げていけば良いのです。

なので、英語を聞いているときに頭の中で日本語にしてしまう頻度を減らして
英語のまま理解できる力を養うには、
たくさん「あなたにとって簡単な英語」に触れましょう。



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ