何時間リスニングすれば英語が聞き取れるようになる?

「英語をだいたい通算で何時間くらい聞けば
 英語が聞き取れるようになるのですか?」

「だいたい目安で何年くらい勉強すれば
 映画が字幕なしで見られるようになりますか?」

という質問を、よく受けます。

でも、このご質問って簡単には答えられないんですよね。

というのは、たとえば私は、
TOEICのリスニングセクションは満点ですし
英語ネイティブの家族もおり、通訳者として仕事をしていますが、

今日現在のリスニング力をもって
「もう私は英語が聞き取れるようになった!満足!エッヘン!」
などとは全く思っていません。

映画も、字幕なしで見ることはできますが
「一語一句すべてが理解できる」わけではありません。

⇒ どうやっても聞き取れない部分がある理由、知っていますか?

このページも書きましたが、
英語がバリバリにできる人でも全て聞き取れるわけではないのです。

「じゃあ、私は一体いつになったら英語が聞き取れるようになるのですか?
 もう一生無理と諦めるしかないのですか?(涙)」

と途方もなく長い道のりにがっかりするかもしれません。

私も、そのお気持ちはよくわかります。

私自身、いつになったら満足できるリスニング力がつくのだろうと
やる気をなくしてしまうこともあります。

でも、おそらくこれが真実であろうと私がたどり着いた結論は、
英語を外国語として学んでいる私たち日本人にとって
英語が「満足できる程度」に使えるようになることなど
一生ないということです。

聴解力、英会話力、ライティング力、語彙力というのは上限がありませんから、
(よく考えたら日本語だって、会話力や文章力、語彙はいくらでも上がありますよね)

「どのくらいリスニングすれば聞こえるようになりますか」というご質問は
「あなたの目標がそこそこ達成されるリスニング力がつくまで」
という答えが最も現実的なのです。

あなたが英語で旅行ができるようになるのが目標なら
それなりのリスニング力がつけば、それが一応のゴールです。
(その場合、もちろん個人差はありますが、500時間くらいでしょうか)

ただし、おそらく旅行中に聞こえる英語が100%聞き取れることは
たった500時間のリスニングではありえないです。
必要最低限の理解ができるには・・・ということです。

映画が字幕なしで聞き取れるようになるのが目標なら、

専門用語のない簡単な映画が6割くらい理解できるようになるには
おそらく1,000時間くらい、

専門用語の多い難解な映画が10割聞き取れるようになるには
10,000時間でも全く足りないです。


私は、アメリカ人の家族もいますし、英語で飯を食っていますし
映画やオーディオブックをもっともっと楽しめるようになりたいので、
リスニングの習慣は、おそらく死ぬまで保つと思います。

死ぬまで、あるいはネイティブと完全に同じレベルになるまで、
あるいは「英語なんかもういらんわ!」と諦めるまで。

ちなみに、たとえば文法は、死ぬまでやる必要はありません。

ほんの数ヶ月、長くても半年も頑張れば
基礎はしっかりマスターできます。

一方、リスニングにはゴールがありません。

英語の上級者で文法に重点を置いた勉強をする人はいませんが、
リスニングは、上級者も毎日やっています。

昨日も、通訳歴20年以上の先輩が
「昨日リスニングの勉強したとき・・・」とサラッと言ってました。

英語力を伸ばしたい、維持したい、という欲求がある限り
リスニングはずっと続けなければならないのです。

とはいえ、それはつらいことではなく、楽しいものです。

だって、全く聞き取れないゼロの状態から
いきなり聞き取れる100の状態になるわけではなく、
「だんだん聞き取れるものが増えていく」わけですから。

英語は、最初が一番つまらないです。

おそらく、他のスポーツとかでも何でも同じだと思いますが、
やり方が分からない、下手な時というのが一番おもしろくないですよね?

でも、ルールが分かって、自分のスキルも上達してきたら
どんどん楽しくなってきますし、できることが多くなります。

すると、楽しいからもっとそれに時間を費やします。
すると、もっと上手になります。

そうしたら、もっと楽しくなります。

私自身も、まだまだ英語が聞き取れるようになりたいので
自分の目標とするところにはたどり着いていませんが、

英語の海外ドラマやテレビ番組をそのまま英語で聞き取れますし、
オーディオブックでいろんな知識を取り入れることができるようになって
すごく楽しいです。

楽しいから、
「また明日も通勤時間はこのオーディオブックを聞こう!」と思いますし
そうやっているうちに、リスニング時間がどんどん積み重なって
リスニング力が伸びていきます。

このように好循環に入れば、どんどん英語が上達していきますので
できるだけ早く好循環に入れるように、
英語を毎日聞く習慣をできるだけ早く身につけてください。

音声学習の重要性を訴えていますが
まだ始めることができていない人は、まずは1日10分でもいいので
英語を聞くということを始めてみてください。

コツは、まずは自分のレベルに対してすごく簡単なものを聞くということです。

おうちに昔買って使っていない教材などがあると思いますので、
その中から簡単なものを選んで、聞いてみてくださいね。

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ