不自然な英語がある瞬間英作文の教材では、ネイティブ英語は身につかない?



「瞬間英作文の教材は英語が不自然」「あんな英語はネイティブは使わない」
いろんなところでこういう指摘を目にします。
もしかすると、瞬間英作文をやってみようと思って書籍や教材を調べてみたけれど
そういう指摘が気になって、やろうかどうかあなたも迷っているかもしれません。

何の教材にしても、「不自然な表現がある」って必要以上に騒ぐ人は多いですが、

そういうとこにばかりこだわっている人ほど、
いつまでたっても話せるようにならないのです。


・・・な〜んて偉そうなことを言ってしまいましたが、
かく言う私こそ、ネイティブらしい表現にこだわるあまり、
通訳の仕事ができなくなるほど英語が話せなくなってしまった人なのです。

それについては、当時の経験を以下に詳しく書いています。

英会話で私がブレイクスルーした魔法の言葉




英語を母国語としない人間が話すことなんだから、
完璧に自然な表現なんて最初から話せるわけないんです。

まずは、少々不自然な英語でもいいから
自分の言いたいことをしっかり相手に伝えられるようになるのが先で、
自然な英語を学ぶのは、それからです。


「わざわざ不自然な英語が書いてある教材を使わなくても、
 最初から自然なネイティブらしい英語だけ学べばいいじゃないか」

あなたはそう思うかもしれません。

でも、それだと単なる
「ネイティブらしい英語表現」の丸暗記しかできません。

丸暗記をすると、覚えている文章しか使うことができませんよね。
自分で一から文章を組み立てるという力はつかないままです。

瞬間英作文は、英語表現の丸暗記ではなく、
自由自在に言いたいことを英語で組み立てられる力を身につけるトレーニングです。



瞬間英作文の教材に不自然な表現があったからといって、
その表現を暗記するのが目的ではないのだから、はっきり言って全然問題ありません。

瞬間英作文で身につけたいのは、
英語の構文、つまりパターンですから。

構文っていうのは、文章が組み立てられているしくみ、構造のことですよね。

たとえば、受け身だと、
主語 + be動詞 + 過去分詞
というやつです。

それが、頭では分かるとか、ゆっくりやればできるというレベルを超えて、
一瞬で口に出せることを目的としています。


それなのに、

「こういう文脈で受身を使うなんて、不自然!」
「こんなのはネイティブは誰も言わない!」

そんな指摘は、ナンセンスだと思いませんか?

瞬間英作文でやりたいのは、文章の構造を体で覚えることです。
その文章を丸暗記したいわけではありません。

文章の構造を体で覚えることさえできれば、
あとは自由自在に応用ができるようになるんです。
どんな場面でも、どんな内容でも、
単語を変えるだけで、好きなことを好きなように言えるようになります。

これは、実際に私が現在進行形で経験していることですよ。


そして、自分の総合的な英語レベルが上がってくるにつれて、
何が自然で何が不自然なのかも、だんだん分かってくるものです。

なので、実践で「自然な表現」というものを身につけるのが
本来あるべき形だと私は強く思います。
本に「これは不自然な表現」と書いてあった・・・とかじゃなく。

たとえば受動態(受け身)なんかは、状況によって使った方が自然な場合と
使わない方が自然な場合というのがあります。

でも、受動態という文章構造そのものが自分のものになっていないうちから
何が自然とか不自然とか考えても、その「感覚」はどうせ身につきません。

だから、たとえば瞬間英作文の教材に、受動態の「不自然な表現」が入ってたりしたら、
それはその教材の欠陥ととらえるべきではなくて、
「とにかく受動態のパターンの練習をしろということなんだな」
考えたらいいだけなんです。

まずは受動態を含む文章をパッと英語で出せるようになって、
それからどういう時に使うのが自然なのかを
だんだんと英語の実践学習の中で身につけていけばいいんですね。


というわけで、瞬間英作文は、丸暗記するものじゃありませんので
不自然な表現があっても全然問題なし!ただパターンを体に染み込ませる練習!
これだけ覚えておいていただけたらと思います。



瞬間英作文の効果的なトレーニングのコツについては
こちらの記事を読んでみてください。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ