シャドーイングを繰り返していると、会話を覚えてしまいます

book-760021_640

「シャドーイングを繰り返していると、会話を覚えてしまう」
というご質問をいただいたので、お答えします。

私は、車で子供に英語のDVDを流しているのですが、
それをシャドーイングしています。

内容をえいみさんがご存じかどうか分かりませんが、
なかなか長い文章や、聞き慣れない単語もちらほら出てくる感じです。
意味は解りますが、最初はついていけません。簡単な文章なのに。。。

そこで質問なのですが、シャドーイングを繰り返していると、会話を覚えてしまいます。
所々、覚えているためにお手本と同時になってしまう事も。

そのくらいになったら、素材は変えた方がいいのでしょうか?

それほど集中しなくても、次に何を言うか、分かってしまいます。
それでは効果はないのでしょうか?

もし取り上げて頂けましたら、
シャドーイング素材の変え時を教えて頂きたいです。
楽しいメルマガ、楽しみにしています。



「集中しなくても次に何を言うか分かってしまう」
「お手本と同時に言ってしまう」
という状態なのであれば

・英語を一語一句しっかり聞き取る
・イントネーション、アクセントに注意して発音する

というシャドーイングの訓練が十分にできていない状態ですよね。
であれば、教材は変えるべきではないでしょうか?

せっかく同じ時間を費やすのなら、暗記していない素材を使った方が
当然より高い効果が狙えると思いますが、いかがでしょうか。

その教材にこだわる理由が、何かあるのでしょうか?
なければ、きちんとシャドーイングの訓練ができる素材が
いいのではないでしょうか。


ただし、シャドーイングの主な目的がリスニングではなく
発音の訓練だったり、単語習得だったりするなら

「まあ、覚えてしまっているところもあるけど
 なるべくちゃんと英語を聞いてその真似をして発音してみよう」

と意識的に気を付けて声を出すということもできると思います。
というか、そうするべきでしょう。

「覚えているので、英語と同時に言ってしまう」
という事態は、避けるべきです。

英語と同時に言ってしまうというのは、
英語を聞いていないということであり、真似をしていないということです。


英語をとことん真似しようという意識があれば、
英語と同時に言ってしまうことなどあり得ないはずです。

私は、シャドーイングをかれこれ10年やっていますが
お手本より先に言ってしまった!とか
お手本と同時に言ってしまった!という経験は記憶にないです。


もちろん、何度もシャドーイングすれば覚えてしまうこともありますが
私はシャドーイングの時には、発音の一つ一つに注意し
お手本そっくりに真似することに意識を向けている
からだと思います。

ついつい自分が先回りしてしまう人というのは、
英語を発声することにばかり意識が向いているのだと思います。


で、私は、単語教材でシャドーイングをやったりしていますが
その場合のシャドーイングをする第一の目的は、
当然、単語を覚えることです。

単語教材でシャドーイングをすることによって

・英語に集中し、ついついCDを聞き流してしまうのを防ぐ
・ついでに発音とイントネーションを鍛える

という効果を狙っているわけなのですが、
それらはあくまでもおまけです。

少々フレーズを丸覚えしてしまって
英語と同じタイミングで言えてしまう部分があったとしても、
ターゲットとする単語が覚えられなければ目的達成ではないので、
シャドーイング教材は変えません。

これは、当然理解できますよね?


なので、あなたがなぜその教材を使ってシャドーイングしていて
どのようになりたいのかという目的次第
です。

子供用のDVDでシャドーイングをなさっているということですが、
その教材から何を得たいのでしょうか?

あなたの仕事や趣味、自己成長に役立つヒントなど(ボキャブラリー、表現など)が
たくさん含まれている教材だというのであれば、
そこから得られるものがある限りは同じものを使っても別にいいと思います。

何度も同じものを聞いて、そっくり真似できるほど
シャドーイングをやり込むのもいいのではないでしょうか。

「特にこの教材をシャドーイングに使っている理由はない」
というのであれば、違う教材に変えるべきでしょう。


よくいただくご質問:「シャドーイング素材の変え時」


「シャドーイング素材の変え時」ですが、私は全く気にしたことがありません。
私は、バラバラの教材でやっています。

というか、気楽にやっているので、どの教材をシャドーイングして
いつそれを変えるかということを深く考えたことがありません。


毎日バラバラと言っても
来る日も来る日も新しい教材をやっているということではなく、
何種類かをサイクルで回したりしています。

ただ、サイクルをきちんと決めているわけではないですし
一度やって二度とシャドーイングしない教材とかもあります。


先ほど、単語教材でシャドーイングをしている時は
単語を覚えない限りは変えないと言いましたが、
それは、毎日それしかシャドーイングしないということではなく
違うものをやったとしても、その教材にまた戻るという感じです。

サイクルに入れておくとでも言えばいいでしょうか。

私のクライアントさんにシャドーイングの教材を指示するときも、
その人のレベルと目的に合った教材を
このようにサイクルで回してやってくださいと具体的にお伝えしています。

なので、あなたも
ご自身でサイクルを考えて組んでみてはどうでしょう?

前に似たようなご質問をいただいて、お答えしたので
よかったらこちらも読んでみてください。

シャドーイングで次の教材に移るタイミング


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ