文法を勉強しないのは、数学の公式を勉強しないのと同じ

49歳、生きてるうちに英会話ができるようになるのは年齢的に無理?の続きです。

> 映画を字幕なしで読んだり、英字新聞を読めるようになったり、
> 外国の人と日常会話をしたり、したいのです。
> その為にはやはり文法を勉強しなくてはイケないのでしょうか?

というご質問についてですが、
旅行英会話や、あまり深くつっこまない会話であれば
文法をやる必要はありません。

ただし、

外国人とどんな内容のことでも準備なく話せたり
映画や英字新聞を楽しめるようになりたいなら
話は別です。

文法があやふやではかなり厳しいです。

・どんな内容の会話でもネイティブと問題なくできる
・映画が字幕なしで理解できる
・英字新聞が楽しめる

というのは、英語レベルで言えば「上級者」の域です。

TOEICで言えば900点以上、
英検なら少なくとも準1級は楽勝
というレベルでしょう。

文法を勉強せずにそのレベルに到達することは無理です。

アレですよ。

算数のテストの答えを丸暗記をするのが早いか、
公式を覚えた方が早いか、っていうのと同じです。

頻繁に英語が必要なわけではないとか
旅行にたまに行ったときにホテルのチェックインとかが
できればそれで満足かな、ということであれば、
必要な表現の丸暗記をお勧めします。

その方がどう考えても早いですし、楽です。

一回きりのテストだけいい点を取ればいいのなら、
わざわざ公式を使えるようにするよりも、
そのテスト問題の答えを上から丸覚えした方が確実なのと同じです。


でも、テストを何回も受ける必要がある場合は?
問題数がすごく多い場合は?
答えを丸暗記したテストの問題が直前にすり変わってたら?

丸暗記では対応できません。

公式を覚えておいて、その公式に基づいて計算して
自力で答えを出していく方がずっと効率がいいでしょうし
労力も少なく確実にいい点が取れますよね?


英語の文法って、結局のところ
「英語ってこうやって組み立てますよ」というルールなので
算数の公式と一緒なんです。

算数の公式をちゃんとマスターしないままで
算数でいい点を取り続けられる人がどれだけいるのでしょうか?

映画や英字新聞などの、何が出てくるか予測できない
しかも膨大な量の高度な英語を、
公式をマスターしないままで正確に処理できる人が
どれだけいるのでしょうか?

それが、「文法は必要なのか」の答えです。


文法の勉強法や重要性については
思うところがあって、ここでしか語っていません。

↓↓

中級者用メール講座




次に疑問に思ったこととしては、
英字新聞を読むことが本当に目標なのかな?ということです。


よく「英字新聞を読めるようになりたい」という目標を聞きますが、
「じゃあ日本語の新聞もかなり読んでます?」と聞くと
「いえ、そうでもないです」と言う方は多いです。

「英語ができる = 英字新聞を颯爽と読みこなす = かっこいい」

というステレオタイプが定着しているので
「英字新聞が読みたい」と錯覚している人が多いみたいです。

でも、あなたがそもそも
日本語の新聞を読むのが特に楽しくも好きでもないなら、
英字新聞も絶対に長続きしません。

どうしても英字新聞を読むのが必要なのでなければ、
この目標は忘れてしまいましょう。

その方が本当に自分が手に入れたいと思っている
ワクワクする目標がはっきりするので
目標に到達する可能性が高くなりますよ。



⇒ 心構え編の次の記事へすすむ


英語の学び方(心構え・マインド編)の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ