英語を勉強しないといけない強烈な理由はありますか?

今日は、英語学習モチベーションシリーズの

・究極のモチベーションの保ち方
・英語をやるしかない状況を作り出す

の続きです。

英語学習がうまくいかず
「モチベーションが上がりません!」って言っている人って、
ほとんどの場合は英語が「自己完結状態」です。

心の中でだけ「今年こそ○○したい」と思っているけれど
誰かに高らかに宣言しているのでもなければ、
誰かと一緒にやるわけでもなく、誰かを巻き込むわけでもない。

今のところは英語ができなくても
めちゃくちゃ困るという状態にはない。

つまり、

・やらなくても困らない。
・やらなくても誰にも迷惑はかからない。
・やらなくても誰もあなたを叱ったり罰したりしない。

という状態になってしまっています。
この状況だと、あなたが英語の勉強を継続するのは非常に難しいです。


いいですか?

「モチベーションを常に高く保つ」
なんてことは不可能だという現実に早く気づいてください。

あなたが、英語の勉強そのものが大好きなのでない限り。


私だって、モチベーションが出ないときももちろんあります。
というか、「今日はやる気満々!」みたいな日の方が珍しい。

最初に、あなたに

「あなたはモチベーションを毎日保てていますか?
 やる気に満ち溢れたエネルギッシュな毎日を過ごしていますか?」

と問いかけましたが、私の答えは何の迷いもなくNOです。

英語に限らず何の分野でもいいので、
あなたが「すごいな」と思う結果を出している人を
思い浮かべてみてください。

あなたは、
「ものすごく高いモチベーションを常に保っているのだろうな」
と今まで思っていたのではないでしょうか?

でも、そうではないのです。

彼らとあなたとの差は、
「モチベーション」のせいでついているのではありません。

モチベーションなんて、誰だって
上がるときと下がるときがありますから。

結果を出している人たちは、単に
「低いモチベーションの時にも実践をやめなかった」
だけなんです。

「やらなきゃ困ったことが起こる」という状況を
何としても避けなければという気持ちと、
前回ご紹介したような、辛い中にも楽しみを見つけて
モチベーションを上げ、何とか続けているだけなのです。



あなたが
「英語ができるようになって○○したい」と思いつつ
どうしてもモチベーションが上がらないという悩みがあるなら、
それはつまりこういうことです。

あなたにとって、その目標は実はどうでもいいのです。

たいして重要じゃないのです。
別に達成できなくても困らないのです。

もしかしたら将来は困るのかもしれないけど、
とりあえず現在は何とかなっているのです。

だから、モチベーションが上がらなくて当たり前なのです。

「そんなことない!私にとってその目標は重要だし
 英語ができないと困ったことが起こるんだから!」

とあなたは反論するかもしれません。


でも、本当ですか?

本当に本当に困ったことが起こるのなら、
本当に本当に重要な目標なんだったら、
あなたはとっくにめちゃくちゃ頑張っているはずなのです。
「モチベーションが・・・」とか言う間もなく。

だって、やるしかないんだから。


あなたが「モチベーションが上がりません」って言っている本当の理由。
自分で気づいてますか?

私には手に取るように見えてますよ。

英語ができるようになりたい!でも・・・

・今すぐ英語ができなくても生活に不自由はないし、まあいっか
・海外旅行もそんな頻繁に行くわけじゃないし、まあいっか
・今すぐには転職の予定もないし、まあいっか
・とりあえず今は夫の稼ぎで生活できてるから、まあいっか
・字幕なしで映画を観られなきゃ死ぬわけじゃないし、まあいっか
・今の仕事にそれほど不満があるわけじゃないし、まあいっか
・不況だから無理に転職してリスクを冒すのもアレだし、まあいっか
・今は仕事と家庭のことで忙しいし、英語は後でもまあいっか
・どうせ転職や再就職は遅すぎるし、普通に生活できてるしまあいっか
・いい歳して英語なんかやって挫折したらみっともないし、まあいっか


  ・
  ・
  ・
  ・

図星でしょ?

これらのどれかが、あるいは複数が
あなたの「英語をしない理由」であって、それらが
「英語をやらないといけない理由」に勝っているというだけなんです。

英語をやらない理由 > 英語をやる理由

「英語ができなくてもまあいっか」があなたの中で優位である限り、
モチベーションが上がるはずがないんです。


「究極のモチベーションの保ち方」。

その答えは、逆説的ですが
「モチベーションがなくてもやらざるを得ない」状況に
自分を持っていくことです。

「英語を勉強しないといけない強烈な理由」を作ることです。

「モチベーション」とか「やる気」に頼るから、すぐ挫折するんです。
それに早く気づいてください。



⇒ つらくても勉強が続けられる当たりすぎる理由へすすむ


英語の学び方(心構え・マインド編)の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ