聞き取った単語を文章として理解するのに時間がかかるのです

今日は、いただいたご質問にお答えします。
あなたも、「単語は聞き取れるのに文章として理解できない」という
お悩みをお持ちなら、しっかり読んでくださいね。

また、これまでお教えした注意事項も関係ありますので
この人の勉強の何が間違っているのか?どうすればいいのか?
という答えも考えながら読んでみてください。

> —– 件名 —–
> リスニングについて

> —– 現在の英語レベル(教材・勉強法のご質問の場合) —–
> 夫の駐在でアメリカに滞在中(5年目)
> この間、コミュニティカレッジのESLに2年間在籍

> —– メッセージ —–
> えいみさん
> いつもブログを参考にさせていただいてます。
> 今日は、リスニングについて伺わせていただきます。

> アメリカでの生活が4年過ぎた40代後半の英語の学習者です。
> 最近、会話やニュースの一つ一つの単語の音は、
> 聞き取れるようになったと思うのですが、
> それを文章として理解するのに時間がかかるのです。

> 理解が遅い。私は、覚えることに、とっても時間がかかっています。

> 聞いたことをそのまま理解できるようになるために、
> どのようなことをしたらよいのか教えていただきたくお願いいたします。

> 今は、ラジオを聞いたり、CDを聞きながら、
> スクリプトを読むということが主です。

> —– 引用について —–
> 名前を伏せて引用可


お答えします。

勉強法についてですが、

> 今は、ラジオを聞いたり、CDを聞きながら、スクリプトを読むということが主です。

ということですが、ラジオの理解度はどの程度でしょうか?
ラジオというのは、アメリカのラジオ番組ですか?
また、ラジオのスクリプトは手に入りますか?

スクリプトなしでアメリカのラジオ番組を一度聞いて終わりであれば、
何もしないよりはもちろんいいですが、
残念ながらほとんど効果はないと思ってください。

必ず、何度も聞きなおせたり、
スクリプトが手に入る素材を使用してください。

また、「CDを聞きながらスクリプトを読む」という勉強法は
どなたかのご指導があってされていることでしょうか?
読むというのは、黙読ですか?それとも音読?
何のスキルアップを目的としてそのお勉強をされていますか?

この部分を読んで、私はそれが気になりました。

CDを聞きながら音に合わせて「音読」なさっているのであれば
それは「オーバーラッピング」という、よい訓練法です。

ただし、私だったらオーバーラッピングより
ディクテーションなどに取り組みます。

もし黙読であれば、
ただ英語を聞きながら字面を目で追っているということですよね。

もちろん、聞くときは意味を理解しようとなさってはいると思いますが、
それだと、失礼ながらあまり効果がないような・・・?

あなたがしっかり目的を意識してそのお勉強をされていて
上達も感じていらっしゃるのなら、もちろんそれで構いません。

でも、ただ何となく・・・ということであれば、
勉強法を見直した方がいいかもしれないですね。

また、「ひとつひとつの単語は聞き取れるのに
文章全体としては意味が分からない」というのは、誰もが経験するプロセスです。

この問題を克服するためにやるべきことは、以下になります。

1.基本文法をマスターして英語の構造をとらえられるようになること
2.英語のスピードに慣れ、英語の語順のままで理解する訓練をすること
3.単語の一つ一つにとらわれることなく、全体を理解する訓練をすること

それぞれについて解説します。

1.基本文法をマスターして英語の構造をとらえられるようになる

これは、今までにもさんざんお話ししてきたことですが、
単語だけが分かっても、英文は理解できません。

「単語の一つ一つは知っているのに、
 文章全体として何を言っているのか分からない・・・」

という経験は、あなたもたくさんしてきたのではないでしょうか?

文法というのは、
文法問題を解けるようになるためにやるのではなく

・英語の構造
・英語の組み立て方のルール
・英語の論理

を理解するためのものです。

英語の構造を知らない人が英語の文章が理解できるようにならないのは
ある意味、当たり前のことですよね。

文法に関しては、メール講座(無料)で詳しく解説しているので
(「こんな役立つ講座が本当に無料でいいんですか?」「目からうろこが落ちまくってます」
 という声が読者さんから多数寄せられている講座です)
ご興味があればメール講座にご登録ください。

⇒ えいみのメール講座(不要になればいつでも解除可能です)

2.英語のスピードに慣れ、英語の語順のままで理解する訓練をする

英語のスピード自体に慣れるのは
それほど難しいことではありません。

英語をたくさん聞いていれば、
単語がどのくらいの時間でどのくらい流れてくるかは
分かるようになります。

ただ、それが理解できるかが問題なんですよね。

単語は聞き取れるのに理解が追いつかない・・・
聞こえた順にどんどん理解していくことができない・・・

という悩みを克服するトレーニングとして
この教材を以前ご紹介しました。

⇒ 「ネイティブ思考法」が導くTOEIC高スコア

たとえば、
I saw the painting which she had bought at the auction.
という英語があったら、これを

「私は彼女がオークションで買った絵を見た」
と訳すのではありません。

これは、いわゆる「返り読み」による訳し方ですが、
これこそが「英語が英語の語順で聞き取れない」原因です。

そうではなく、

I saw the painting /  私はその絵を見た
which she had bought /  それを彼女は買った
at the auction.  オークションで。

といった具合に理解していくんです。

CDにそのように英語と日本語が吹き込まれていますので、
その指示に従って、語順のまま理解する癖をつけてみてください。

ところで、英語のリーディングやリスニングが劇的に向上する
重要なコツをひとつお教えします。
それは、「先を予測しながら聞く(読む)」ことです。

たとえば、さっきの文章。

I saw the painting /  私はその絵を見た
which she had bought /  それを彼女は買った
at the auction.  オークションで。

ちょっとお聞きしますね。

これって、最初に「彼女はその絵を見た」とだけ聞こえたとき、
あなたは「へ~」で納得して終われますか??

それとも、
「それってどんな絵よ???」
って、続きが気になりませんか?

で、「どんな絵??」って気になっているところに
「彼女は買った / オークションで」っていう情報が入るので
すごくスムーズに理解できるんですね。

これが、コツなんです。

私も、「英語を語順のまま理解する」っていう感覚が分からなかった頃は
ただただ聞こえてくる英語をそのまま右から左に聞き流して
「全然ついていけないや・・・」ってやっていたんですけど、

この「次に来る情報を予測する」ということができるようになってから
リスニングや読解の力が格段に上がりました。

無料試聴のCDとテキストでもコツはよく分かるので、
ご興味があれば試してみてはいかがでしょうか。

⇒ 「ネイティブ思考法」が導くTOEIC高スコア

3.単語の一つ一つにとらわれることなく、全体を理解する訓練をする

「全体をがばっと理解すること」というのは
これまでにもさらっとお話ししたことがありますが、
とても奥が深く、また簡単には説明できないことなので、
今回はこれに関しては省略します。

ここから先のページで詳しくお伝えしていきますね。

***

私がこのホームページでご紹介している教材を
使わなければいけないってことは決してありません。

ご自身にとって本当に必要かどうか、
また金銭的な事情などが許すかどうかを考えて
決めていただければいいと思います。

ただ、当たり前ですが、手探りの独学はとても時間がかかります。

教材の指示に沿って目的に特化した勉強を行っていけば、
目的もよく分からないまま自己流で何となく勉強するより
確実にリスニング力上達までの時間が節約できます。




    あなたは英語を勉強する正しい順序、知っていますか?

    せっかく長い時間を勉強に費やしていても、勉強する順番とやり方が間違っていると
    その努力は全くの無駄になってしまうのです・・・
    いろんな勉強法や教材にフラフラするのはもう終わりにして
    迷うことなく最短距離で高い英語力を身につけませんか?

    ⇒ 英語中級者向け無料メール講座でもう勉強法を迷うのをやめる!

    さらに具体的なリスニング学習法やお勧めの教材、効果的な使い方についても
    このメール講座で詳しく解説しています。

    「本当に無料でいいんですか?」「目からうろこが毎日落ちまくっています!」
    という講座受講者さんからのメールが多数届いている、人気の講座です。
    今なら特製オリジナル単語シートもメール講座の中でプレゼント中です。(期間限定)

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ