英語のオーディオブックのおすすめサイト比較:Audible, amazon, iTunes

ipad-605439_640

私は英語のオーディオブックを2007年からずっと聞き続けていますが
(通算500冊は聞いたと思います)
オーディオブックがなかったら、今の私はいなかったなと本当に思います。

英語のビジネス書や実用書のオーディオブックを
通勤時間などの「ながら聞き」の時間に聞いて、
楽しみながら知識を身につけ、それを生活や仕事に活かしてきました。

英語のオーディオブックを聞くと、英語力を高めながら
日々の生活や仕事に活かすことができるだけではなく、
家事をしながら英語の小説の世界に浸ることもできます。

オーディオブックを聞くメリットについては、詳しくはこちらもご参考にしてください。

英語力爆上げ+収入アップ!オーディオブックの5つのメリットと効果



このページでは、英語のオーディオブックを買えるサイトを
ご紹介したいと思います。

「リスニングの勉強」と称してつまんない英語教材を聞くのは、
もうこれで終わりにしませんか?



本場アメリカのオーディオブックの老舗・Audible.com ←オススメ!




Audible.com(オーディブル)は、
私が英語のオーディオブック購入に使っているサイトです。
英語のサイトだということさえ気にならなければ、私のお勧めはAudible一択です。

ここは、下でご紹介するamazonと違って、音声を収録したCDを売っているのではなく、
コンテンツをオンラインでダウンロードするという形式なので、
CDなどが郵送されてくるのを待たなくても、買ったらすぐその場で聞けます。

もちろん、データなので場所を取らないし、
いちいちポータブルプレーヤーに音声を移す手間もいりません。
英語のながら聞きに欠かせないスマホ、iPodなどのmp3プレーヤーとも相性抜群です。

参考:
英語学習に必須の三種の神器(MP3プレーヤー、Bluetoothイヤホン、防水スピーカー)


車社会のアメリカでは、日本よりずっと前からオーディオブック文化が発達していて
意識の高いビジネスマンが、通勤時間にスキルアップのために
オーディオブックを聞くという習慣が、一般に浸透しています。

また、親が毎日車で子供を学校に送り迎えをする(しかも往復1時間とか)のが
普通のことであるアメリカでは、お母さんが車に子供を乗せてないときは
オーディオブックを聞いているという話も、よく聞きます。


そんな風にオーディオブックが普通に身近にあるアメリカのサイトなので、
品揃えは素晴らしくて、聞きたい本はたいていこのサイトで見つかります。
ビジネス書、小説、伝記、資産形成、投資、子育て、夫婦関係・・・
ジャンルも幅広いです。

mp3プレーヤーをパソコンに接続してデータを移すという手間がかからず
直接ダウンロードできる、Audible専用のアプリ(無料)もあります。

小さなことですが、データをmp3プレーヤーに出し入れする手間というのは
長期的に考えると、かなりのロスになります。
それが、アプリから直接できてPCを経由する必要がないというのは、大きいです。

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル)
開発元:Audible, Inc.
無料
posted with アプリーチ



なお、Audibleで購入できる本は、
会員価格だと10ドル(約1,000円)以下のものもかなり多いです。
たまに本が1冊4.95ドル(約500円)になる会員限定セールもやっているので、
私は読みたかった本をいっきに10冊とか大人買いしてしまいます。

私は、毎月14.95ドル(約1,500円)のコースに加入していますが、
このコースだと、毎月1クレジット受け取ることができ、
ほとんどの本を1クレジットと交換することができます。

つまり、定価3,000円の本でも、1クレジット(1,500円)で買えるということです。

そして、2冊目からは、会員は通常価格の30%で全品購入できるので
1,500円以内の本だと、クレジットを使わずに30%オフで買って、
なるべく高い本にクレジットを使うのがお得ということです。


難点ば、Audibleは、当然ながらサイトが英語オンリーなことと
会員ではない人がAudibleで本を買うと結構高くつくということです。

非会員向けの通常価格だと、本の長さにもよりますが、
1冊2,000円〜3,000円程度するのが普通です。(会員は全品30%引き)
なので、会員にならないのなら、あまりお得感がないサービスです。

ちなみに、入会金などはなく、
メンバーシップのキャンセルはいつでもできます。
私は、何度かキャンセルと再加入していますが、
退会手続きはメンバーページで簡単にできます。

なお、退会しても自分のアカウントは残るので、
購入した本は退会後でもダウンロードは可能です。

(上記のアプリでも、購入済みの本は退会後もいつでもダウンロードできます)

なので、欲しい本がある時だけ会員になって、
会員価格で買ったらすぐにキャンセルという使い方もいいのかなと思います。


Audible.comは最初の30日は無料でトライアルが可能なので
ご興味があったらどうぞ。(初回のみ)
登録したら1クレジットがもらえるので、1冊の本と交換できます。


Audible30日間無料トライアル

最初にクレジットカードの登録が必要で、
30日を経過すると会費14.95ドルの支払いが発生しますが、
それまでにキャンセルすればお金はかかりません。

サイトが全部英語なので最初はとっつきにくいかも知れませんが、
やってみると何てことないですよ。

ぜひ、チャレンジしてみてください!



Amazon オーディオ版洋書CD


Amazonyousho


アマゾンの場合、Audibleや下のiTunesと違って、CDを購入する形。
かさばるし、パソコンやiPodにダウンロードする手間がかかりますが、
「やっぱり日本語で買えないと不安」という場合は、amazonをお勧めします。

また忘れてはならないポイントは、レビューの充実度。

アマゾンのレビューは、他のどの書籍販売のサイトより数が多くて充実しています。
下手な雑誌の書評なんかよりよほど質が高い常連レビューアーがいるので、
私は大いに参考にさせてもらっています。

Audible.comでもレビューや内容説明はあるのですが、もちろん全部英語。
なので、amazonでレビューに加えて著者や内容の解説などが
日本語で読めるのは、ありがたいです。

私は最初はAudibleで気になる本があったとき、
最初はわざわざその本の日本語翻訳版がないか検索して
amazonで日本語のレビューを見て検討していました。
今でこそ、英語のレビューをめちゃくちゃ適当に読み流せるようになりましたが。


金額は、2,000円から3,000円台が一般的です。
結構高いしCDはかさばるので、あまりたくさんは買えないですよね。
「そんなにたくさん聞けないし、少々高くてもCDの方が安心」
という方は、amazonで買うといいと思います。


Amazonオーディオ版洋書CD



iTunes Store




ここも日本語で全部操作できることに加え、Audibleと同じくダウンロード形式です。
値段は、配送費や材料費が不要な分、
amazonでCDを買うより若干安い場合が多いです。

品揃えは多くありませんが、日本語の本に加え
洋書でもメジャーなものはあります。

たとえば、『7つの習慣』のオーディオブックとか。

なお、iTunesストアのマイナスポイントは、
洋書の品揃えが少ないこと、本が探しにくいこと、
また、レビューはほとんどないことです。(ま、amazonを見ればいいんですけど)

品揃えは少ないものの、お目当ての本がiTunesにあるなら
日本語で買え、かさばるCDを持たずにデータで管理できるので
上のaudibleとamazonのいいとこ取りができますね。


iTunes Store


Audible.co.jp(日本版amazonのオーディブル)




上でAudible.comを紹介しましたが、その日本版です。
Audible.comと違うのは、日本版(co.jp)の方は1冊ごとに買うのではなく
会員は月額1,500円で何冊でもダウンロードし放題という点です。

「え、1,500円で何冊でも聴き放題?だったら最初からここ使えばいいじゃん!」
って思うのですが、残念ながら現状ではほぼ日本語のオーディオブックで、
いわゆる洋書は今のところほとんどありません。

英語のコンテンツは、5分前後の短い英字新聞記事やTED講演が主で
それらはたいてい無料のPodcast等でも手に入ります。

なので、現状では英語オーディオブックを目的として
日本版audibleに登録することは全くお勧めしないのですが、
日本語のオーディオブックを主に聞きたいという人が、そのついでに
英語コンテンツも時々聞いてみるというのは大いにありだと思います。

ちなみに、私自身はこのaudible.co.jpもヘビーユーザーで
サービスが始まった当初からずっと会員になっています。
日本語のビジネス書などを聞いています。


amazonプライム会員の方は無料で3ヶ月お試しができ、
それ以外の方は1ヶ月間無料お試しが可能です。


Audible.co.jp1ヶ月無料体験

1ヶ月経過すると自動的に1,500円が課金されますが、
その前にキャンセルするとお金はかかりません。
なお、退会後にコンテンツをキープすることはできませんので
お気をつけください。


以上、英語のオーディオブックが買えるサイトをご紹介しましたが
お役に立ったら幸いです!


なお、英語のオーディオブックを楽しめるレベルに到達していない人が
オーディオブックの恩恵を得られず、諦めるのはあまりにももったいです。
日本語のオーディオブックをぜひ利用してください。

詳細はこちらをどうぞ。

日本語オーディオブックで英語勉強法を学び、ビジネス力とやる気を高める



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ