単語は例文とリズムの合わせ技で覚える

コロケーションが重要ではない単語は例文なしで覚えても問題ないし、
その方が時間短縮にもなり効率がいいと前回書きました。

⇒ 例文の要・不要を明確に区別している教材

そうは言っても。

例文があることによって、印象に残って
覚えやすいってことは絶対にあると思うんです。

だったら、「例文なし、単語だけ」で覚えるのは
やっぱり不安ですよね?

前回ご紹介した「ボキャビルマラソン・パワーアップコース」では、
例文なしの単語は、「チャンツ」というシステムで
独特のリズムで覚えるようになってます。

例文があることの利点は、
記憶に残りやすいことでもあるんですが、
それを補って余りあるのがこの「チャンツ」でして。

このリズムというのが、
ま~、よく記憶に残るんですよこれが。



ここでちょっと、あなたにテスト。(笑)
英語じゃなく国語のテストなんですが。

「平家物語」の冒頭って、覚えてます?
覚えてたら、言ってみてくださいね!






・・・





・・・・





答えは

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。」です。

覚えてましたか?


もちろん、全部完璧に言えた方はごく少数かもしれませんが
なんとなく覚えてたって方は多いのではないでしょうか?



じゃあ、「枕草子」の冒頭はどうでしょう?
一文目は短いので、その先まで言ってくださいね!






・・・





・・・・





「春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山際すこしあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる。」

が答えです。

こっちはどうだったでしょうか?

「春はあけぼの」だけは思い出せても、
その先は「・・・?」だったのではないでしょうか?

かく言う私は、ド忘れしてました。
で、ググりました。(笑)


「平家物語」、「枕草子」、どちらの冒頭も
中学生のときに国語の授業で暗記をさせられてるはずなんですよね。

でも、「平家物語」の方が「枕草子」より記憶に残っている。

なぜだと思います?

それは、平家物語には「リズム」があるからです。
何となく、ゴロが良いですよね。

でも枕草子は、リズムやゴロの良さがない。


ボキャビルマラソンの「チャンツ」にも、リズムがあります。
だから、記憶に残るんです。

覚えにくいものだから、
リズムを使って効率よく学習する。

英単語も、それと同じです。

リズムがあることで、覚えられる単語が増えます。
より確実に覚えられます。



圧倒的に記憶に残りやすいリズムで
効率よく単語を覚えたい方には、これをお勧めします。
⇒ ボキャビルマラソン・パワーアップコース


例文なしの単語は、
チャンツのリズムで効率よく記憶に残す。
例文がない分、より短い時間でより多くの単語を聞ける。


例文ありの単語は
コロケーションを覚えつつ
例文の情景のイメージと一緒に記憶に残す。


これぞ、例文とリズムの合わせ技!

次のページからは、さらに単語の記憶への残りやすさの
決定的なことをお話しします。

「目からウロコでした!」
「深くうなずきながら読みました!」

と、このボキャブラリーの記事では一番読者さんからの評価が高かった記事です。


⇒ 単語の習得は出合いの【数】で決まる へすすむ



語彙(ボキャブラリー)の勉強法の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ