あなたは大丈夫?頑張ってるのに英会話が上達しない5つの理由



いつか英語がスラスラ話せるようになって、海外旅行の時にもっと会話できたらいいなぁ。
もっと英語が話せたら、今より自分に自信が持てるのに。
英会話ができたら、もっと仕事の幅も広がるし、お給料も上がるのになあ・・・

そう思ったこと、誰でもあると思います。

英語が話せたらいろんな可能性が広がるだけでなく、外国人と互いの文化や習慣の違いについて語り合うというのは、何にも代えがたい喜びですよね。

でも、「英語が話せるようになりたい!」という強い思いを何年間も、人によっては十年以上持ちつつ、なかなか思うように口から英語が出てこない、全然上達しない・・・と悩んでいる人が本当にたくさんいます。

私は、以下のようなメールを読者さんからよくいただきます。

「何年間も英会話スクールに通っているのに、いっこうに話せるようになりません。
数年前、一大決心して英会話スクールの年間契約をした時は、『これで私は来年には英語がペラペラになれるんだ!』と希望でいっぱいだったのに、結局、数年間が経って進歩したことと言えば、外国人に英語で話す度胸くらいです・・・ orz」


どうして、長い時間とたくさんのお金をかけて頑張って英会話レッスンを受けたり、教材で勉強しても、英語が話せるようにならないのでしょうか?


英会話が上達しない5つの理由



このページでは、特に英会話の勉強を頑張ってる人にありがちな、「英会話が上達しない5つの理由」についてお話しします。



英会話が上達しない理由その1:英会話フレーズの丸暗記に頼っているから


英語が話せるようになりたい!と思う人の大部分が本屋さんで手に取ってしまうのが、「英会話使えるフレーズ○○集」とか「これだけで大丈夫!すぐに使える英会話表現集」みたいな本です。

海外旅行のチェックインの時、同僚や友達との世間話、体の具合が悪いと伝えたい時などに、そのまま使える英会話フレーズを集めたものです。こういう本、たくさんありますよね。そして、多くの人は「これを丸暗記すれば英語が話せるようになる」と思っています。



でも、実は、こういったフレーズの丸暗記では、英会話は上達しないのです。なぜかというと、こういったフレーズを覚えても、その場面どんぴしゃでなければ使えないからです。

また、こういった本には、「えっ、その英語でそんな意味なの?」という、私たち日本人が想像がつかないようなフレーズがたくさん紹介されていることが多いのも問題です。

たとえば、英会話フレーズ集で必ずと言っていいほど出てくる “What’s up?” なんていうフレーズは、私たち日本人の普通の感覚では、「え、何が上に(アップ)あるの?」って思いますよね。でも、これは「最近どう?」っていう近況を尋ねる英語なんですね。

こういう表現がたくさん載っている本を使って勉強していたら、「へぇ~、そうなんだ!知らなかった~」と驚きがあり、勉強している気には確かになるのですが、こういった表現はいくら覚えたところで応用がききません。

たとえば、これを応用させて”What’s down?”という表現があるかというと、そうシャレで言う人はいるかもしれませんが、全く一般的な表現ではありません。

こういう英会話フレーズは、ただ一つの場面でしか使えないので、せっかく覚えても勉強効率がかなり悪いんですね。


では、応用がきく英会話上達法は何なのかというと、基礎的な文法と単語をしっかりマスターして、自分で英語を組み立てられるようになることです。(詳しくはまた別のページでお伝えします。)

英会話フレーズ集の暗記は、たとえば、「海外旅行に近々行く予定の人が、海外旅行で使えるフレーズを覚える」といった明確な目的がある場合は、どんどんやることをお勧めします。

あなたには、「誰に対して何について英語で話したいのか」という明確なイメージはありますか? 実際、ほとんどの学習者はこれがあいまいです。

今のあなたが、「何となく英語をペラペラ話せたらいいなという憧れはあるけど、具体的にどこでどういう風に英語を使いたいか、まだぼんやりとしか分からない」という場合、シーン別に英会話フレーズを丸暗記することはお勧めしません。

英会話のシーンというのは、旅行だけでなく自宅での会話、同僚との会話、友達との会話、取引先との会話・・・と数限りなくあるわけで、あらゆる場面に応じた表現を丸暗記していてはキリがないし、覚えてもそのほとんどは一度も使われることなく、忘れられてしまうからです。

「英会話フレーズをたくさん覚えたら英語が話せるようになる」というのは幻想だということを理解して、応用のきく英会話のトレーニングをしていきましょう。


英会話が上達しない理由その2:いきなりネイティブらしさを目指すから


英会話ができるようになりたい人が本屋さんで手に取る本の第1位が、さきほど言った「使える英会話フレーズ集」といった本だとすると、第2位は、「こういう英語を話すとネイティブに笑われますよ」という本です(笑)。



誰だってネイティブに笑われたくないし、ネイティブが使うようなこなれた表現を使いたいですよね。もちろん私だってそうです。でも、ここに落とし穴があります。

英語を話すときに、「笑われないように」「ネイティブらしい英語が話したい」ということばかりに気が向くあまり、「もしかしたらこれも変かも?」「こういう言い方はネイティブらしくないのかな・・・」と、全てが疑わしくなって、怖くて何も話せなくなってしまうのです。

これは、通訳時代の私が実際に体験したことでもありますが、以下のページに詳しく書いています。

自然な英語にこだわっていた駆け出し通訳時代、先輩にしごかれて泣いた過去




冷静に考えてみていただきたいのですが、不自由な日本語で一生懸命言いたいことを伝えようとしている外国人を目の前にして、あなたは「何その変な日本語?ちょ〜笑えるんだけど!」ってバカにしたりしますか?そんな意地悪なこと、しませんよね。

もしかしたら、かわいらしい表現に思わずクスっとしてしまうことはあるかもしれませんが、それは決してバカにした笑いではなく、「頑張ってるんだな~!」という好意的な感情からだと思います。

実は、こういう「こんな英語を話すとネイティブに笑われる」という本がこんなに売れるのは、日本だけだそうです。

他の国だったら、「ネイティブじゃないんだから仕方ないじゃないか」「頑張ってる人をあざ笑うなんて、そいつの性格終わってるな!そんなヤツ放っとけよ」で済むところを、「恥ずかしい思いはしたくない」という思いが人一倍強い日本人を利用して、お金を儲けている人がいるということなんでしょうね。


これを読んでいるあなたに絶対に覚えておいてほしいことは、英語は、日本語と違ってネイティブ以外の話者がネイティブをはるかに上回る言語だということです。つまり、私たちのように「外国語として英語を使っている人」が世界中にめちゃくちゃたくさんいるんです。当然、ネイティブらしい表現でなくてもかなり寛容に受け入れられます。

だから、私たちも「ネイティブじゃないんだから仕方ない」「笑う人は(そんな意地悪な人はほとんどいないけど)放っておけ」で大丈夫です。



英会話が上達しない理由その3:英語を話していないから


私は「英会話が上達しない」と悩む人とよくスカイプでお話しすることがありますが、「じゃあ、昨日は何分くらい声を出して英語を話す練習しました?」って聞くと、ほとんどの人が「いえ・・・・や、やってません・・・」と口ごもります。



みんな、英語教材のCDを聞いたり、英単語を覚えたり、問題集をやったりするのには熱心なのですが、実際に「英語を声に出す」ということが習慣になっている人は本当に少ないです。

でも、英語が話せるようになるには、英語を毎日話すしかないんです。何の秘密もコツもありません。当たり前すぎてがっかりですよね。でも、これが事実なんです。

テニスが上手になりたい人が、ルール本を読み込んで、テニスの試合をテレビで見ているだけでは、テニスは上達はしませんよね。まずは家の外に出てラケットを振らなければ、何も始まらないわけです。英語もそれと同じ。英語は机の上で黙々とやる「学問」じゃなく、「スポーツ」と同じです。

そうは言っても、「外国人と同居しているわけでもないのに、どうやって英語を毎日話したらいいの?」って思いますよね。実は、英会話の練習って、相手がいなくても一人でいくらでもできるんですよ。

以下に、一人でできる英会話トレーニング法をご紹介します。私もこういった練習で英会話力を身につけました。



一人でできる英会話トレーニング法


<音読>
一番初心者向けでやりやすいのは「音読」です。毎日10分でもいいので、英語を読みながら口に出すことを継続すると、口がだんだんなめらかに動くようになります。

ボソボソと発音するのではなく、普段の話し声と同じボリュームで音読してくださいね。また、自己流の発音にならないように、お手本の音声を用意して、それをそっくり真似するつもりで音読してください。

<シャドーイング>
音読よりは少し高度になるので、ある程度の英語の勉強を積み重ねてきた中級レベル以上の人にお勧めです。英語音声を流しながら、その英語のすぐ後ろを影のようにぴったりくっついて発音していくトレーニング法です。

シャドーイングについては、以下のページに詳しく書いていますので、どうぞ。

TOEICリスニングセクションが2年で満点に!シャドーイングのやり方



<オーバーラッピング>
これも中級レベル以上の人にお勧めですが、シャドーイングと音読の間を取ったようなトレーニング法がオーバーラッピングです。オーバーラッピングは、英語の音声を聞きながらテキストを目で追って、お手本の英語に自分の英語を重ね合わせるようにして、同時進行で発音していきます。

お手本の英語音声と自分の声が同じスピードになるようにして、イントネーションもしっかり真似しましょう。

<瞬間英作文>
上の音読(シャドーイング、オーバーラッピング)はあくまでも既にそこにある英文を声に出すだけなので、残念ながら「自分で英語を組み立てる力」はつかないのが現状です。そこで、自分でイチから英語を組み立てるトレーニングとして、瞬間英作文がお勧めです。

以下のページに瞬間英作文のやり方を詳しく書いていますので、ご参照ください。

独学で英語がペラペラになれる勉強法!瞬間英作文のやり方と効果



英会話が上達しない理由その4:英会話レッスン以外の時間で勉強をしないから


英会話レッスンに何ヶ月も、また人によっては何年も通っているけど、いつまでたっても英会話が上手にならないと嘆いている人には、共通点があります。それは、「英会話レッスン以外の時間に勉強をしていない」ということです。



たとえば、週1回40分の英会話教室に仮に1年間通ったとしましょう。
月4回、1回40分のレッスンを1年間で、いったい何時間の授業が受けられるでしょうか・・・?

答えは、
月4回 X 40分 X 12ヶ月 = 32時間
です。

32時間くらい英会話教室に行ったところで、どのくらい英会話ができるようになるでしょう?

残念ながら、冒頭でご紹介したメールのように、外国人に英語で話す度胸だけはつくかもしれませんが、ほとんど変化なしというのが現実のはずです・・・

だって、32時間って、たった丸1日と8時間ですよ。もっと言うなら、「昨日の夜中12時から今日の朝8時まで」です(笑)。

私たちがどれだけ時間をかけて日本語が話せるようになったかを考えてみたら、昨日の夜から今朝8時まで英語を勉強したくらいで、どう考えても英語がペラペラになったりしないことが分かると思います。


じゃあどうしたらいいのかと言うと、もし可能だったら英会話レッスンの回数を増やすことです。この場合、通学スタイルだとレッスン費用やスクールの行き帰りの負担が増えて大変なので、自宅で月々数千円台から毎日でも受けられる、スカイプのオンラインレッスンをお勧めします。

忙しい人にお勧め。スカイプ英会話レッスンのメリットとスクール比較



また、レッスンに加えて、上でご紹介した「一人でできる英会話トレーニング法」を行うことも大事です。

英会話には相手の英語を聞き取れるリスニング力や語彙力も必要なので、毎日英語を聞く習慣をつけて、基本的な単語をコツコツ覚えることもあわせて行うと、英会話レッスンの効果がより早く出ますよ。


英会話が上達しない理由その5:いきなり英会話レッスンをやるから


多くの日本人は、英会話ができるようになりたいと思ったら、まず英会話レッスンに行くことを考えます。でも、実はそれがそもそもの間違いなんです。



もちろん、効果ゼロではないし、楽しみやモチベーション維持のためにレッスンを受けるのはとてもいいのですが、学習の成果の現れ方としてはかなり効率が悪いんです。

「えっ?英会話ができるようになりたい人は、いきなり英会話レッスンしちゃダメなの?」と、ちょっとびっくりしたかもしれません。どういうことなのか、ご説明しますね。



そもそも英会話とは ?英会話が上達するために必要な4つのステージ


なぜいきなり英会話レッスンだとなかなか英会話が上達しないのか?それをお話しする前に、「英語が話せるようになるための4つのステージ」についてお話しします。

ステージ1:素振り(基本的な単語、文法、音読、発音などの基礎学習)

英会話を野球のバッティングに例えるならば、まず必要なのは「素振り」、いわゆる「基礎練習」です。



野球を始めたばかりの初心者が、いきなりプロ野球選手の豪速球を打ち返そうとはしませんよね。きっとバットにかすりもしないだろうし、そもそもボールが速すぎて見えないかもしれません。だから、最初は素振りから始めて、バットの正しい握り方、正しいフォーム、力の入れ方を体に覚え込ませることが必要ですよね。

これは、英会話でも全く同じです。初心者がいきなりめちゃくちゃ早いスピードで英語を話すネイティブ相手に会話をしようとしても、きっと相手の英語が速すぎて理解できないでしょう。かろうじて理解できたとしても、自分の言いたいことを英語でさっと表現することは難しいはずです。だから、英語でも基礎練習が必要なんです。

英会話で言う基礎練習とは、基礎的な単語や文法の復習、音読、発音練習です。具体的に何をどうやればいいのかは、別の機会に詳しくお伝えしますね。


ステージ2:バッティング練習(リスニングや瞬間英作文などの発展学習)

素振りを繰り返して正しいフォームがある程度身につき、正しくスイングする筋力もついてきたところで、次に必要なのは実際にボールを打つバッティング練習です。



コーチにボールを軽くトスしてもらってそれを打ち返したり、実際にピッチャーを立たせてボールを投げてもらって、ボールのスピードや軌道に目を慣らしながらちゃんといい当たりで打ち返せるように練習しますよね。

それと同じで、基礎的な単語、文法、発音をひととおり学んだら、まずは相手が話している英語のスピードで正しく理解できることが必要なので、リスニングの練習を積み重ねることが必要になります。

リスニングの勉強法については、以下のページに詳しく書いています。

正解リスニング学習法-初級者・中級者はこうリスニング力を伸ばせ!



また、ステージ1で学んだ単語や文法を使って英語を実際に話せるように練習することも必要です。上でお伝えしたシャドーイングやオーバーラッピングなども使いながら、英語らしいイントネーションで口がなめらかに動くように練習します。

英語で何でも言いたいことを言えるようになるには「自分で英語を自由自在に組み立てられる」ことが必要になりますが、そのためには瞬間英作文がお勧めです。(参考:独学で英語がペラペラになれる勉強法!瞬間英作文のやり方と効果

瞬間英作文とは、提示された日本語(ボール)をどんどんひたすら英語にしていく(打ち返していく)という練習です。そうやって、だんだんと英語が瞬時に打ち返せるようになっていきます。

ちなみに、バッティング練習の仕上げとして私がお勧めしているのが、以下の教材です。これを私は「バッティングセンター」と呼んでいます。(笑)

相手は人間ではなく機械ですが、速いスピードでどんどん日本語(ボール)が投げられてくるので、それを間髪入れずどんどん英語にして打ち返していく訓練です。通常の英会話に近いテンポで英語で瞬間的に反応するクセがつきますよ。

どんな英会話にもついていける究極のスピーキング勉強法




ステージ3:練習試合(英会話レッスン)

たくさんバッティングの練習を積んだら、実力を試すために練習試合をしますよね。そこで自分の弱点や勝負弱さを認識して、さらに基礎練習やバッティング練習を積み重ねて、次の練習試合に臨み、だんだんと実力を上げていくはずです。



で、英会話で言うと、なんと、この練習試合が「英会話レッスン」なのです。

練習試合で勝敗やスコアは重要ではないように、英会話の先生の前で少々間違ったことや誤解を与えるような英語を言ったりしても、たいした問題ではありません。自分の言いたいことが全く英語で出てこなくてボロボロだったとしても、先生はあなたを怒ったり罵倒したりしないし、明るくあなたを励ましてくれるはずです。

練習試合が終わったら、その日の失敗を自分の課題として認識して、さらに日々の基礎練習やバッティング練習に精を出します。

それと同じように、英会話レッスンが終わったら、先生に伝えたかったけど英語で言えなかったところを復習して、必要な単語を覚えたり、「こう言えば良かったんだ」という文章を何度も発音して、次に同じような場面に出くわしたときはスラッと口から出るように練習する必要があります。

英会話レッスンは、「受けっぱなし」では残念ながら効果はとても低く、効果が出ないから長期間続けることになり、お金ばっかりかかってしまいますので、気をつけてくださいね。



ステージ4:本試合(本番の英会話)

練習試合でたくさん経験を積んで、試合の雰囲気にも慣れたところで、次はいよいよ結果が全ての本試合です。練習の成果を発揮して、勝負に出るときが来ました。



相手は英会話の先生ではないので、こちらの英語力に配慮してゆっくり話してくれたり、簡単な単語を使ってくれたりという配慮をしてくれないかもしれません。その時は、「もう少しゆっくり話していただけますか?」「それはどういう意味ですか?」などと切り返しながら、何とか会話を成り立たせます。

仕事で英語を使う必要がある人は、英語の間違いが会社の損失につながるかもしれないので、冷や汗をかきながら真剣に英会話に臨みます。でも、緊張感が大きい分、もっと英語が上手になりたい、もっと成長したいという思いは、練習試合の英会話レッスンとは比べ物にならないほど強いはずです。

もちろん、練習試合(英会話レッスン)をやらないと本試合(本番の英会話)に出てはいけないわけではないので、今すぐ英会話が生活や仕事で必要な場合は、本試合でいきなり場慣れしていくしかありません。ただ、試合ばっかりやっていたって上手にならないので、自分でトレーニングをコツコツと積み重ねることも必要です。

本試合も、試合をやりっぱなしでは進歩しないし、試合に出るだけで日頃の練習を怠っていてはいつまでたっても上手になりません。自分の課題をしっかり認識して、少しずつ日頃の練習を積み上げながら、また次の試合に臨んでくださいね。



以上が「英語が話せるようになるための4つのステージ」でしたが、いかがでしょうか。

「英会話が上達しない理由その5:いきなり英会話レッスンをやるから」に戻りますが、「練習試合」つまり「英会話レッスン」は、あくまでも

・日頃の練習の成果を披露する場所
・自分の課題を見つけて日々の練習に活かす場所
・外国人に対して英語を話すシチュエーションに慣れる場所

なんです。

そう考えると、「いきなり英会話レッスンに通って、それ以外の時間では勉強しない」というのはとても効率が悪いやり方だということが分かると思います。

英会話レッスンという練習試合は、その前の段階の基礎練習(単語、文法、発音、音読)、バッティング練習(リスニング、瞬間英作文)と併用してこそ、効果が最大になるんですね。



頑張ってるのに英会話が上達しない5つの理由のまとめ


英会話が上達しない理由は、以下の5つでした。

1.英会話フレーズの丸暗記に頼っているから
2.いきなりネイティブらしさを目指すから
3.英語を話していないから
4.英会話レッスン以外の時間で勉強をしないから
5.いきなり英会話レッスンをやるから


いかがだったでしょうか?英会話ができるようになるのに必要なことは、まだまだ多くの日本人が勘違いしているのが現状です。でも、あなたはこれをしっかり理解して練習を正しく積み重ね、英語が話せるようになってくださいね!


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ