シャドーイングで次の教材に移るタイミング

book-168824_640

シャドーイングで、どのくらいやったら次の教材に移ればいいか?
次に移るタイミングについてのご質問をいただきました。

1本のストーリーを終えて、
次に移行するタイミングはどの程度で移行したらよいでしょうか?

1本を完璧(発音もイントネーション)に
シャドーイングできるまで次に進んではいけない、と
聞いたことがあります。

100点満点なシャドーイングにできるまで
次に進まないほうがよろしいでしょうか?



「完璧にできるまで次に進んではいけない」という人が
考えていることや、その学習効果はよく分かるのですが・・・

えいみの考えでは、こうです。


100点満点になるまで1本だけを頑張るなんてダメダメ!!

そういうことするから、
すぐ飽きて嫌になって挫折しちゃうんです。

しかも、100点満点ってネイティブと同じってこと?
って、先に進めなくなる人も多いんじゃないでしょうか??

くれぐれも、英語のトレーニングでは完璧は目指さないようにしてください。
適当なくらいがちょうどいいです。

完璧を目指さず気楽にやる代わりに、長~く続けてください。


で。

・「完璧にシャドーイングできるまで」というやり方
・「そこそこできるようになったら次へ」というやり方
・「毎日やるものがバラバラで移行も何もない」というやり方


それぞれ利点があるし、弱点もあるし
学習者によって合う合わないがあると思うんです。

いろいろやっていくうちに、
自分にしっくりくる方法が必ず見つかりますので
それまで試行錯誤してみたらどうでしょう?


で、私のやり方は、「毎日やるものがバラバラ」タイプです。

毎日、英会話、ボキャブラリー、イディオムなんかのCDを
車で流して気分でいろいろシャドーイングしてます。

シャドーイングに限りませんが、
「一つのものを完了してから次へ」という考えが全然ないので、
前にやってた教材に戻ることもよくあります。

で、シャドーイングをやりながら
たまに「あれっ?」ってついていけなくなっても、ぜ~んぜん、気にしてないです。

・・・まあ、
「全然」気にしないというのは多少語弊があるかな?

普段の実力なら言えるのに単なるミスだったら、気にしないです。
(凡ミスか実力不足なのか、判断はつきますよね?)

実力が足りないから言えないのなら、
何度か言い直してみる努力はします。

「ここが私の弱点なんだな」と把握はします。

でも、全てを完璧に、一つの間違いもなく言えるようになるほど
頑張ってシャドーイングしてはいないです。

それは私の目的ではないので。


私の場合、シャドーイングは基本的に「ながら勉強」です。
完璧にやろうと思うと、集中して取り組まないとできないので、それも理由ですね。

ながら勉強で気楽にやってるからこそ、10年間続いてます。


で、「毎日やることがバラバラでもいい」とは書きましたが、

もちろん、難しすぎて全然ちゃんとできてないのに
毎日コロコロ変えるのは、そりゃダメです。

だから私は、どれも簡単なレベルしかやってないです。
少なくとも、ちゃんと意味や単語を理解してるものを使ってます。


というわけで、好きなやり方でやればいいと思うんですが
「100%完璧」はやめた方がいいです。


こう書いたら、
「じゃあ何%になったら次に進んでいいですか?」
っていう質問がまた来そうなので、

現実的な答えは、

シャドーイング初心者さんなら
「80~90%くらいになったら次へ」
(※80%とかの判断はそれぞれの主観でいいです)

シャドーイング経験者さんなら
「毎日バラバラが好きならそれもオッケー」



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ