スラッシュリーディングで英語を語順どおり読めるようになる方法

あなたは、「スラッシュリーディング」っていう
英語の読み方、知ってますか?

スラッシュリーディングとは、英文を意味の切れ目で
区切って斜めに線を入れて、頭から読んでいく勉強法です。

I saw the painting / which she had bought / at the auction.
(私はその絵を見た / それを彼女は買った / オークションで。)

という感じです。

英語脳を作るには「返り読み」の習慣が大きな壁となってしまうのですが、
スラッシュリーディングを身につけることによって
英語を英語の語順のままで理解できるようになり、
英語脳を手に入れることができます。

でも・・・残念ながら、
「スラッシュリーディングを今日から実践しましょう!」
って言って、いきなり英文にスラッシュが入れられるもんじゃないんですよね。

私は高校のリーディングの授業で「ここで切れるでしょ?」と
当たり前のようにスラッシュを入れて説明する先生がいましたが、
当時は意味が分かりませんでした。

私が塾で教えていた生徒は、
「リーディングが苦手ならスラッシュリーディングしろ」
と高校の先生に言われたそうです。

でも、どこにスラッシュを入れたら良いのか
分からないんだと悩んでいました。
スラッシュの入れ方など習わずにです。

・・・今にして思えば、
そりゃ分かるわけないじゃろ、と。

スラッシュは「意味の切れ目」「文節の切れ目」
スラッシュを入れていく以上、

そもそも意味を理解するのも大変な英語なのに、
どこで区切っていいかなんて分かるわけない(涙)

そう思いませんか?

意味が理解できない文章の「意味の切れ目」なんて分かるわけがない。
当たり前すぎる当たり前の話です。

でも、不思議な話で、
高校の先生も、英語学習者も、全然分かってないんです。

ウンウンうなってようやく理解できるレベルの英語が
英語のままで理解できるわけがないし、ましてや
スラッシュなんて入れられるわけがないということを。


スラッシュリーディングが出来る人には
そうやって英語を語順のまま読んでいくのが当たり前だけど、

それができない人に
「スラッシュリーディングやれ!」って言っても、無理なんですよ。

だから、ずっと言っているように
「あなたにとって簡単な英語をたくさん読む」ということが
まずは重要なんですね。



スラッシュリーディングのやり方が分かるようになる教材

でも、自分にとってめちゃくちゃ簡単な英語を読んでみたら
スラッシュリーディング勝手にできるんですよ。

誰に教えられたわけでもないのに。
スラッシュリーディングの訓練なんてしてないのに。

だから、スラッシュリーディングは、簡単な英語を大量にインプットしていたら
自然に出来るようにはなりますが、
さっさと英語を語順のまま頭から理解するコツをつかんでスピードアップしたいなら、
教材を使った方が早いです。

読む場合でも、聞く場合でも、日本語と違う語順で流れてくる情報を
どうやって聴いた順番通りに認識していけばいいか、分かります。

スラッシュリーディングの教材は、これが秀逸です。

⇒ 英語を英語の語順のままで理解する教材(えいみのレビュー)

将来、通訳者・翻訳者を目指す人は
スラッシュリーディングの技術は必要です。

もちろん、それ以外でも
英語を頭からすばやく処理できるようになりたい人には
スラッシュリーディングの技術は重要です。

この教材は10日間無料試聴できるので、もう持ってる人は知っていると思いますが、
この教材では、日本語という武器を最大限に利用します。

便宜的に日本語に訳していくことで、強力なイメージを残します。
その方が効率よく理解できるからです。

「日本語を使わないのはもったいない」って断言してます。
私のポリシーと一緒です。

最初は日本語を使って理解を助けることで
語順のままで理解できるようになれば、ゆくゆくは
ほっておいても英語脳できますから。

日本語を使うことに、過敏にならないでください。

日本語は、理解を助けるための単なる補助輪です。
補助輪が外れたら、英語のままで理解できるようになります。

心配しないでください。

あなたは、それでも
いきなり補助輪なしで派手にコケることを選ぶんですか?

それとも、日本語という強力な補助輪を使って
効率よくスラッシュリーディングのコツを身につけますか?

無料小冊子とサンプルCDだけでも勉強になりますし
スラッシュリーディングのやり方と
日本語を使うと何がすごいのかはっきり分かりますので、
とりあえず請求してみたらいいんじゃないでしょうか。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ