リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(精聴編)

bf2ffc04c1975beedf4b0b2effbd745a_s

このページで書く内容をを知らないまま
高いリスニング力を獲得することは絶対にできません。

なので、今、リスニングをどう勉強していいか悩んでいるなら
注意して読んでくださいね。

そして、ただ読むだけではなく
ご自身でぜひすぐに実践をはじめてください。

リスニングには、二つのアプローチがあります。

それは、「精聴」と「多聴」です。

精聴と多聴は、必ずどちらも取り組む必要があり
片方だけではリスニング力の大幅アップは望めません。

なのに、どちらか片方しか取り組んでいない人が
ものすご~~く多いです。

あなたには、その間違いを犯さず
必ず両方に取り組んでいい結果を出していただきたいと思います。


まず必要なのは、精聴(せいちょう)

精聴とは、
同じものを何回も聴き、一語一句隅々まで理解する
という方法です。

まず、何のために精聴をするのかということですが、
精聴で得られるものは、以下です。

・ 聞こえる音と実際の英語を一致させること。
・ 頭にこびりついたカタカナ英語の発音からの脱却。
・ リエゾンなどによる音の変化を体感すること。

考えると当たり前ですが、これらは、「なんとなく」聞き流していても
決してできるようにはなりません。

よく、

「話の内容は分かるのにあえてスクリプトを確認するのは、
 テストの答えをカンニングするようで嫌なので、やりません」


「家で英語ニュースと海外ドラマをつけっぱなしにしているので
 リスニングの勉強時間は毎日4時間取れてます」

とか言う人がいるのですが、私からしたら、
「そんな勉強法で、効果がでるわけないのに・・・」
です(涙)

あなたもこんな風に思っているとしたら、要注意です。
そんな勉強は無駄です。(きっぱり)

リスニングのスキルが定着していない段階でのリスニング上達の秘訣は
「広く、浅く」ではなく、「狭く、深く」です。

とにかく、同じものを覚えるほど、飽きるほど聞く。

すると、リエゾンなどの音の変化が「知識」ではなく
「感覚」として分かるようになってきます。

音の変化が分かるようになると、
それまでは意味の分からない英語のかたまりだったのが、
「このつながっている音はこの英語だな」と単語が「切り取れる」ようになります。

単語が切り取れるようになれば、
当然英語の意味も分かるようになります。

こういうスキルが身に付いた後になってはじめて、
いろんな教材を「広く」聞く勉強法でも、十分な効果が得られます。

それまでは、いろんな教材を試してみたい気持ちをぐっと抑えて、
ひたすら同じものを繰り返すことです。

精聴のやり方

まず、自分にとって少しやさしめの素材を選びます。

何回も聞き直せる素材にしなければならないことも
前からお話ししている通りです。
(つまり、聞き直せないリアルタイムのニュースやドラマはNGです)

また、必ずスクリプト(音が文字になっているもの)があるものを準備してくださいね。

この時、いきなり難しいニュースやドラマなどに取り組むのではなく
易しい会話形式の教材から始めることをお勧めします。

このために新しい教材を買う必要はないです。
誰でもひとつはCDつき教材などがあると思うので
そういったものを使えば問題ありません。

ちゃんと意味が分かっているものを、何度も何度も繰り返してください。

なんども聞いて、単語のひとつひとつの意味や発音に注意を配ります。
内容が理解できているのは大前提です。

「理解できたから次の教材に行く」のではなく、
そこからさらに聞き込んで、リエゾンなどの音の変化や
使われている単語、熟語、文法、イントネーションに耳を傾けてください。

こう書くと、「どの教材を何回くらい聞けばいいか?」というご質問が
確実に出ると思うのですが
それはそれぞれの人のレベルや取れる学習時間によって違いますので、
一概に言うことはできません。

なので、誰にでも当てはまる答えを言っておきますと
「もうこの素材は覚えるほどやった」
そう思うまでやればいいのではないでしょうか。

私は、そうやって覚えるほど精聴を繰り返してきました。

ただし、たとえば1分間の長さの素材を、来る日も来る日も
何十回も何百回も繰り返すのは苦痛以外のなにものでもないと思います。

ですので、スキット(ダイアログ)がたくさん集まったものを
飽きすぎない程度にサイクルさせながら繰り返すと良いです。

私の経験からは、こうやって同じ教材を間隔をあけて
サイクルで繰り返すのが、一番効果があります。

また、精聴というのは、何も「聞くだけ」の勉強法を
指すのではありません。

精聴は「単語ひとつひとつ、隅々まで注意を配る勉強法」と言いましたが、
それはたとえばディクテーションやシャドーイングでも可能です。

ディクテーションとは、聞き取ったスキットなどを、音だけを頼りに
すべて自分で文字に書きだすという勉強法です。

シャドーイングとは、聞こえた英語の音を
そのまま後ろに影のようについて発音するという勉強法です。

当たり前ですが、どちらも
「一語一句完璧に聞き取れていないと不可能」な勉強法ですよね。
なので、これらも立派な精聴の一環なわけです。

ですから、そういったいろんなアプローチを
うまく混ぜながら精聴に取り組んでみてください。

では、次のページからは多聴に焦点を当てながら
さらにリスニング勉強法について詳しくお伝えしていきますね。



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ