英語オーディオブックに必要な英語力は?聞き取れない場合はどうすれば?

ipad-605439_640

TOEIC700点台の読者さんから、
私がお勧めしているオーディオブックを使った勉強法について
ご質問をいただきました。

(参考:オーディオブックについての記事)

英語力爆上げ+収入アップ!オーディオブックの5つのメリットと効果


通勤中(車)は、えいみさんオススメAudioBook
The Secret を聞いています。
えいみさんのアドバイスに従い、翻訳本も読んでみました。

結果としては、3割理解→6割理解にUPという感じです。

最近は、繰り返し聞き過ぎて緊張感がなくなってしまったのか、
本当に聞き流してしまっている事が多々あります。
そして、6割以上の理解に進めない状態です。

今後も
・The Secretを聞き続けるべきか
・他のオーディオブックに移行すべきか
・車の中でもヒアリングマラソンを聞くべきか
・翻訳本をもう一度読むべきか
・原作(英語)を読むべきか
など、色々迷っています。

いつでも構わないので、アドバイスいただければ幸いです。



シークレットは、私が一番お勧めのオーディオブックです。
あまり難しい単語はなく、オーディオブック初心者の方にもわかりやすいです。
私自身は、ところどころ暗記しているほど、何十回と聞いています。

The Secret (Unabridged, 4-CD Set)
Rhonda Byrne
Simon & Schuster Audio/Beyond Words
売り上げランキング: 21,984


なお、CDではなくAudibleで音声データを買うこともできます。
(無料お試しで手に入れることが可能です)

Audible.com


さて、ご質問にお答えします。
6割以上の理解に進めないということであれば、
これからも今と同じやり方で聞き続けることはお勧めしません。

このまま同じ方法を繰り返しても、
今後聞き取れるようになっていく可能性は低いです。

リスニングは同じものをただ漫然と聞いていても効果はありません。
これは何のリスニング素材でも言えることなのですが、
「聞き取れなかったところを確認する」という作業が絶対に必要です。

ですので、あなたの場合は、

・聞き取れていない部分を翻訳本で確認する
・原書を手に入れて英語を確認する

などが解決法になります。

なお、原書を「読む」必要はなく
あくまでも、聞き取れない場所の英語の確認用として使えばOKです。
もちろん、読むことに楽しみを感じるのであれば、どうぞ。


ただ、
The Secretを聞いていて学びがありましたか?
もっと内容を理解したいという気持ちがありますか?


私にとってこの本は単なる英語学習の域を超えて役に立つものでしたし、
私の人生を変える本となりました。
そういった意味もあってお勧めしています。

あなたにとっても本の内容そのものが役に立っているのであれば、
原書を手に入れたり、翻訳本をもう一度読んでもいいと思います。

そもそも、オーディオブックを私がお勧めしている理由は、
単にリスニング力の向上に役立つだけでなく、その本の内容そのものが
知識向上やモチベーションアップに役立つから
ということなので。

また、私はやりませんが、小説(読み物)として楽しんで
その世界に浸るのが喜びという場合も、
オーディオブックは良いきっかけになると思います。


でも、あくまでリスニングの勉強用という位置づけしかないのであれば、
原書を手に入れてまでオーディオブックでリスニングを続ける必要はないです。

それよりも、ヒアリングマラソンとかの既習分を
車の中で復習した方がずっと良いですよ。

いずれにしても、聞き取れないところや理解のあやふやなところを
そのまま何となく流していても意味がありません。

聞き取れないところは、職場に着いてからで良いので
英語や意味を確認するという癖を必ずつけてください。

「他のオーディオブックに移行すべきか」については、
オーディオブックがまだ難しいようなので、
すごく好みに合っているとか楽しめているということでなければ、
オーディオブックはもう少し待った方が良いのではと思います。

The Secretより簡単なオーディオブックは、
私が知る限り(私がよく聞いている自己啓発系では)存在しません。

もちろん、子供用ならもっと簡単なものも見つかるでしょうが、
聞いていても楽しくないオーディオブックだと、
翻訳本や原書を手に入れる手間とお金を考えると、あまり意味がないので・・・

というわけで、お役に立ったら幸いです。


オーディオブックがまだ難しい人のためのオーディオブック活用法


オーディオブックをいつから始めるかということですが、
読書するようにオーディオブックを純粋に楽しめるようになるレベルは
最低でもTOEIC900点程度だと私は思います。
900点台でも歯が立たない、という人も少なくないはず。

でも、900点に満たない人がオーディオブックを諦めるべきかというと、
私はそうとは思っていません。

オーディオブックは、自分の視野を広げてくれたり人生を良くしてくれる
きっかけになり得るものなので、上手に活用すれば
楽しい、もっと聞き取りたいという向上心を持たせてくれます。


では、どのようにオーディオブックを活用したらいいかというと、
日本語に翻訳されていて、自分が大好きで何度も読んでいて
「この本の内容をマスターしたい!」「自分に染み込ませたい!」
と思えるような本のオーディオブックを利用するのがいいと思います。

たとえば、『金持ち父さん貧乏父さん(ロバート・キヨサキ著)』。



不動産投資をやっていなくても、バイブルのように
赤線を引きながら何度も読み返した人も多いと思います。

そんな本をオーディオブックで聞いてみるといいんですね。

自分が大好きな本なので、聞き取りたいという思いも強いですし
内容を知っているので、聞き取れないところがあっても
記憶で補いながら聞きすすめることができるはずです。

Rich Dad Poor Dad: What the Rich Teach Their Kids About Money - That the Poor and Middle Class Do Not!
Robert T. Kiyosaki
Brilliance Corp
売り上げランキング: 314,283



で、この場合、英語の原書も手元に置いておくといいですね。
そして、聞き取れないところを原書でチェックします。
(音声と原書の英文が完全には一致しない箇所もある可能性がありますが)



そうやって、知らなかった単語で覚えておきたいものをメモしたりしながら
読み(聞き)進めていくと、この『金持ち父さん貧乏父さん』を聴き込んだ後には
投資に関する単語にかなり詳しくなっているとはずです。

そうしたら、別の投資のオーディオブックを聞くと、
同じような単語がたくさん出てくるし、主張も似ていたりするので
だんだん簡単に聞けるようになってきます。


そうやって、何冊か同じジャンル(自分が興味を持っているジャンル)の
オーディオブックを聞くことで、どんどん聞き取れるようになりますよ。

私自身も、そうやって同じジャンルの本ばっかり
偏った聞き方をしてきましたが、ある時から、新しい本を聞いても
「あ、これはあの話ね!わかるわかる!」というくらいになりました。


ちなみに、この”Rich Dad Poor Dad”もAudibleでも買えます。
私もAudibleで購入しましたよ。


オーディオブックがまだ難しいレベルの人は
オーディオブックだけを聞いていても英語力は伸びないので
普通の英語教材を使った勉強も必要です。

でも、学習者用の教材だけだとやっぱりつまらない時もあるし
「こういうオーディオブックが普通に聞き取れるようになりたい!」
という張り合いが出るので、挑戦してみることをお勧めします!


オーディオブックが聞けるようになる「多聴」をマスターする教材はこちら。

手加減なしのネイティブの会話が聞き取れるリスニング力、欲しくありませんか?

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ