「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」にシフトすると人生が変わる

spectacles-95615_640

私は、英語のオーディオブックを毎日聞いています。

オーディオブックとは、普通の書籍が
著者またはプロのナレーターや俳優によって
読み上げられて音声になっているものです。

1冊が7時間の音声だったりするのですが、
家事をしながら、通勤中などに少しずつ聞き進めています。

英語のオーディオブックの種類は日本語と比べてものすごく豊富なので、
興味や学び、スキルアップ(ひいては収入増)に
直結する英語の音声素材が日本語に比べて格段に手に入りやすいです。

私が聞くオーディオブックのジャンルは様々ですが、
その時々で自分にとって必要なもの、自分が興味があるジャンルの本を
集中して何冊も買って聞くようにしています。

たとえば、以前の私は

・自分に自信が全くない
・すぐ傷つく、落ち込む
・何事にもものすごくネガティブ

など、メンタル面が弱くてそれを改善したいと強く思っていたので
自己啓発系の本をたくさん聞きました。

なりたい自分になるための考え方や願望を引き寄せる方法を学び、
おかげで自分の価値と英語力を高めることができ、
そんな自分に対して少しずつ自信が持てるようになりました。

家計のやりくり、資産形成、お金への苦手意識の克服が自分のテーマだった時は
それ関係の本をたくさん聞きました。

なぜお金に対してほとんどの人が悪いイメージを持っているのか、
そのせいでどんな問題が起こっていて、
悪いイメージをどう取り去るべきかを学んで私は衝撃を覚えました。

お金って何かよく分からないけど悪いもの、と
それまでの私は思い込んでいたのですが、
オーディオブックを聞き続けたことによって
いつの間にか自分の考えが変わっていました。

そして、お金の流れ方も変わりました。


オーディオブックのいいところとは、
基本的に通勤中や家事をしながらの「ながら聞き」なので、
「この本の内容はぜひ自分のものにしたい!」と
気に入った本を何回も聞きなおすのが苦ではありません

また、目で文字を追うより音声の方が印象に強く残りますし、
音の効果(声から連想されるイメージ)で学びが深まります。
なので、紙の本を読むより何倍も学べるんですよね。

本だと、そのときは「なるほど!」と思っても
少し経つと内容を忘れてしまったりしませんか?
私はメモでも取らないとすぐ忘れてしまう方で
同じ本を3回くらい読まないと頭に入りません。

でも、オーディオブックなら
繰り返し聞いていることと、印象に残る強さのおかげで
学びが深まりますし、記憶にも定着します

で、それが考え方や行動の変化となって現れているんだと思います。


で、何でこんな話をしているかと言いますと。

英語のリスニングさえできれば、

「忙しくてもながら聞きで自分が興味がある分野で
 どんどん学びを深めていくことができ、
 生活でその知識を役立てていくことができる」

ということが言いたいんです。

英語をずっと聞いているわけなので、
英語力がさらにアップし続けることは言うまでもなく。


アメリカは何だかんだ言って世界の中心ですから、
最先端の情報が手に入ります。

アメリカで出版されている本のうち、
日本語に翻訳されている本なんてほんの一握りです。
また、オリジナルが出版されてから日本語版ができるまで
数年から10年間もギャップがあることもザラです。

つまり、
英語を聞いて理解する「多聴」のスキルさえあれば、
ほとんどの日本人はリーチできない情報も
1000円ちょっとで簡単に手に入れられるんです。

もちろん、ただ聞いて楽しむだけではなく、
それを人生に生かしていくことができる。

英語を聞き続けるわけなので、
英語のスキルアップまでできる。

あなたの専門分野が何であれ、自分のフィールドでの知識を深め
価値を高めた分、あなたの存在は貴重になります。

あなたの自信や自己重要感が増すのはもちろんのこと、
知識が高まって市場価値が上がるわけですから収入も上がります。

「読書量と年収は比例する」とよく言いますが、

知識の習得、自己重要感の向上が
英語リスニングの訓練と一緒にできるなんて、すごいと思いませんか?

英語のリスニングさえできれば、
こうやって英語圏の情報をどんどん利用していけるんです。

あなたが通勤時間に

・ぼーっと考え事をしているだけ
・音楽を聴いているだけ
・ゲームで遊んでいるだけ
・くだらない週刊誌を読んでいるだけ
・携帯でネットサーフィンをしているだけ

こういう時間の使い方をしているとすると、
あなたはその通勤時間を単なる「移動」にしか使っていないわけです。

だから、私は
「耳が空いている時間は英語学習に費やしましょう!」
という話をこれまで何度もしてきました。

通勤時間に英語教材の音声などを聞くことによって

【移動 + 英語学習】

ができるんです。

そしてさらに、その英語の素材が単なる英語学習者用の教材ではなく
「それ自体が学びをもたらすオーディオブック」
だったらどうでしょうか?

【移動 + 英語学習 + 自己成長に直結する知識習得】

が、同じ時間でできるわけです。

もしあなたが、通勤時間をただ浪費しているだけなら、

こうやって英語学習と知識習得にも
その時間を活用している人と比較して、
今後どれだけの差がついていくのでしょうか?

考えただけで恐ろしくなりませんか?

通勤や家事の時間などを、少しでも英語学習に使おうとしているならば、
これが、「英語【を】学ぶ」段階から「英語【で】学ぶ」段階になれば、
英語の媒体が全てあなたの教材になる
んです。

そうすると、あなたの英語力も人生の学びも、どんどん加速していきます。
そんな風に英語を活用したくはありませんか?

英語って、人生をより豊かにする手段のひとつだなと
私は常々感じています。

「豊かにする」というのは、金銭的豊かさだけではなく、
人生をより楽しく味わい深くするということです。

高い英語リスニング力があれば

英語圏で言葉の不自由なく旅が楽しめたり、
海外の人とも言葉の壁がなく語り合えたり、
海外のドラマや映画を楽しめるのはもちろんですが、

英語ができない人は日本語でしか得られない情報を
英語の情報源から得ることができるんです。

そのおかげで、世界が広がって、学びが深まって
性格が変わって、価値観が変わって、人生が変わって・・・
という経験を、実際に私はしてきました。

英語「を」学ぶというスタンスから
英語「で」学ぶという視点に変わったとき、世界が変わります。

英語の土台がきっちり完成すると、次は
「英語で人生をより豊かにする」という世界が待っていますよ。

英語力を磨いて、あなたも次のステージに行きませんか?


オーディオブックが聞けるようになる「多聴」をマスターする教材はこちら。

手加減なしのネイティブの会話が聞き取れるリスニング力、欲しくありませんか?

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ