手探りの英検1級語彙対策 -掟破りの英検1級対策

英検1級に合格するために、
どの程度の語彙力をどんな方法で身につけるか?
1次試験では、ここが一番の悩みどころでした。

私は、いわゆる「英検1級でる単」的な本を使おうとして、
すぐに挫折した人です。_| ̄|○

別のページでも書いていますが、私は音声学習の熱狂的信者(笑)です。
机で勉強することはあまりなく、
私の英語学習の9割は音声による「ながら学習」。

それなのに、英検の勉強を始めた当時私が買ったのは、
英検といえばここ!という某大手出版社の普通の単語本。

それで勉強しようとしたんですが、ま~~奥さんっ!(笑)

脈絡もなくただ並んでいる単語を
淡々と机に向かって覚えることの、ツライことツライこと!!


「例文もなく、ただ並んでいる単語」を覚えるのって、
つまらないだけでなく、なかなか頭に入らないんですよね・・・。

私は、「英検1級に○月までにどうしても合格!」
というモチベーションがなかったせいもあり、

「英検合格だけのための語彙対策」はしませんでした。
(ま、単語本に挫折しただけなんですけどね~)


わたしの語彙強化法(失敗編)

語彙強化のために教材は使いましたが
(「楽しく英検1級レベルの語彙力を獲得」などで書きました)

基本的に日々出合う単語をとにかく覚えていく、という方法をとりました。
結局は、これが一番英検合格に役立ったと思います。

英字新聞、雑誌、過去問題などで出合った単語を覚える。

これだと、「あ、あの話題のとこに出てたあの単語ね
頭に入りやすかったからです。

やっぱり、その単語の「使われ方」を見るのは重要!!
関連する単語をまとめて記憶すると、効率もアップします。

でも!!

語彙を増やそうと思うとき、
目にした知らない単語をとりあえず全部調べて、
それを単語帳に全部書き込むということをしませんか?

私は、やってました。

新聞や雑誌などで知らない単語が出てくるたびに
意味を全部調べて、単語帳に書いていました。

「英検1級に合格するためには、相当な語彙力が必要!

そう思っていたからです。
なんとなく、知らない単語をそのままにするのって、気持ち悪くないですか?

・・・・・でも、そんなことをしてもキリがないんです。(←当たり前です)

知らない単語は無限に出てきます。
目にする単語を片っ端から覚えていっても、英検の点数に結びつくとは限りません。

でも、やっぱり知らない単語を見たら、単語帳に書かずにはいられない・・・・・
でも、そんなことしても、単語帳に覚えられない単語が増えるばかり・・・・・

そして、深い自己嫌悪に・・・・・_| ̄|○

しかも、さらにいけないのは、単語をせっせと単語帳に書いているだけで、
「私って勉強してる」と錯覚してしまうんです。

全然覚えてないくせに、
単に「時間」を費やして自己満足しているだけだと気づきました。

そして私は、決心しました。
重要度の低い単語は勇気を持ってスルーすることを!(笑)

そうすれば、当たり前ですが重要度の高い単語を
より確実に覚えられるからです。

私の個人的な考えでは、英語学習においては
「少々の手抜きは気にしない」という部分も、
かなり重要ではないかと思います。

もちろん、すぐにあきらめる人はダメだし、粘り強さは必要。
でも、「完璧主義」な人というのは、
語学学習で成功していない場合が多いというのが私の印象です。

「手抜き」も時には必要。
でも、どうやって「手抜き」をする部分を決めたらいいんでしょう?
「重要度」を自分で判断することは無理です。

いちいち「この単語はこれまで5回出合ったからまあまあ重要」とか、
統計を取るわけにもいきません。

そんなときに役立つのが、
辞書などに掲載されているそれぞれの単語の難易度レベルです。

次のページで、具体的なツールをご紹介します。

⇒ 語彙の重要度の判断ツール へすすむ


英検1級1次試験(筆記)対策の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ