ディクテーションは効率が悪いのにやる意味あるの?

ディクテーションは効率が悪いのに
やる意味があるのかというご質問をいただきました。


> よく、おすすめ勉強方法にディクテーションがあるのですが、
> これって、結構時間を費やしますよね。
>
> 同じ時間を使うなら、より多くの素材を聞いて聞き取れないところは
> スクリプトを見て確認する方が勉強効率がいいと思うのですが、
> えいみさんの意見はどうですか?



ディクテーション、やってみたことがおありなら、分かると思いますが
期待とは大違いで、全然聞き取れてないと気づくと思います。

「多くの素材を聞いて聞き取れないところはスクリプトで確認」
は、多聴という勉強法になります。

多聴では、一語一句聞き取れなくても、
大まかな内容が分かって、話についていければそれでいいのです。

たとえば、英語でニュースを聞いたり、
映画やTV番組を見たりするのは、この要領ですよね。

一語一句聞き取ろうとしたら疲れて仕方ありません。


ディクテーションはそれと何が違うのかというと、
確実に一語一句を書き取る勉強法ですので、

聞き取れなかったところは内容から想像したり、
文法知識で補ったり、そういうことも必要になります。

ディクテーションは絶対にやって損はない勉強法ですし
私はめちゃくちゃお勧めしているのですが、

なぜかというと、この「想像する・補う」という過程が
すごく大切だからなんです。


たとえば、聞こえた音をそそのまま書いていっても、
同じ発音で違う単語もたくさんありますし
正解にはたどりつけないんですね。

そこで、
「この文章の内容からするとこっちの単語だな」
と話の意味をきちんと理解して想像するスキルが必要ですし、

「確かにこう聞こえるんだけど、
これだとcanの後ろが過去形になっちゃうし・・・

だったらこれは間違いってことだよね。
じゃあ何って言ってるんだろうな~?」

と、文法知識も持ち出して考えないといけないわけです。

また、特に「リエゾン」なんかに弱い場合は
(たとえばWhat aが「ワットア」じゃなく「ワラ」と聞こえる現象のことです)
ディクテーションで飛躍的にリスニング力が伸びます。

「ワラ」が「What a」のことだと分かる、というのは
なかなか日本の英語教育では身につかないスキルなんですけど、

そういった「音の変化」の特徴を知らないと
ディクテーションはできませんので、
リスニング力強化にこの上なく効果的です。

これが、「単なるスクリプト確認」だと
「へー。What aなのね~」で終わりなんですが、

ディクテーションをやると、

「くっそー!!なんでWhat aなんて簡単な英語が聞き取れないんだ!!」

となるわけです。


さて、この後どっちがこの「音の変化」を
きちんと身につけられるでしょうか?

明らかですよね。


さらに、ディクテーションのすごいところは
「ちゃんと書き取れてないところ=弱点」ですから
もう、明らかに自分の苦手なところが分かるんですよね。

また、リスニング力だけでなく単語力も必要ですし
(単語が全部分からないと、聞こえないし書けないですから)
文法力も必要となれば、

いろんなスキルがいっぺんに伸びるすんごい勉強法だと
お分かりいただけると思います。

ま、そうは言っても私もナマケモノ大魔王ですので(爆)
面倒なのは否定しないですが・・・

でも、「スクリプトを見て分からないとこだけ確認」では
ここまで隅々とは到底できないです。

きっと、見逃してしまう部分もたくさんあると思います。

ディクテーションは、それこそ時間もかかりますし
エネルギーと集中力もかなり必要としますので、

多くの英語を聞いてたくさんやる必要はないです。

一度にやるのは、ほんの2~3パラグラフで十分です。

そのほんの短い文章をうんうんとうなりながら完成させ、
どーーーしても聞き取れなかった部分は
めっちゃ悔しい思いをしながら答えを見る。

その過程が、すんごく効きます。
保障します。


というわけで、面倒なのはよく知ってますが
ディクテーションは「絶対に」やってください。

絶対に、損はさせません。


私のリスニング力が飛躍したのは
ディクテーションを根性入れてやったおかげです。

で、多分こういう記事を書くと

「何を使うのがオススメですか?」
っていうメールが絶対に数通来るので・・・(笑)

ナラボー・プレス

VOAの音声素材を使って
無料でディクテーションが出来ます。




ちなみに、私がディクテーションをやったのはこの教材です。


質問者さんがおっしゃっていた
「多くの素材を聞いてスクリプトで確認」という多聴もできるし、

もちろん音声CDと全スクリプトがついているので
ディクテーションも好きなだけできる、一石二鳥の教材です。


ディクテーションは面倒でなかなか続けにくい勉強法ですが、
この教材にはコンテストがあるので、続けるモチベーションが保てます。


続けるモチベーションを保てる「仕組み」を作ること、

聞き取れなくて「くやし~!!」という感情を
モチベーションアップに利用すること、

超・重要です。

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ