英会話に正解はありません

meadow-680607_640

瞬間英作文について、

本文を正解としないで、
どんどん自分なりに訳していけばいいということなのですね。
要は、正しく話すよりも、まず発話する訓練、
という捉えかたでいいのでしょうか。

というご質問をいただきました。

結論から言うと、
瞬間英作文は「正解はない」と思って取り組むとうまくいきます

単語を一つ一つ英語に置き換えるのではなく、
ざっくりとイメージを捉えてそれを英語で言うのが、コツです。

お手本の英語は、何万通りもある「通じる表現」のたった一つでしかありません。
だから、それと全く同じことを言う必要はありません。

現在、瞬間英作文の書籍やYouCanSpeakなどを使って
瞬間英作文に取り組んでいらっしゃる方も多いと思いますが、

「この英語では通じないだろう」と自分で明らかに分かる場合、
また、「これで通じるのか見当もつかない」という瞬間英作文初心者の方は

お手本の英語を参考にして言い直してください。

でも、それ以外の場合は、お手本と違っていても大丈夫です!
英会話に「正解」はありません。
これを覚えておいていただけると、気持ちが楽になります。

むしろ、完璧に言おうと思ってお手本をまるごと暗記してしまうと、
瞬間英作文の意味がなくなってしまいます。

暗記していいのは、熟語と慣用表現まで。

また、文章をまるまる暗記して十分な効果があるのは、
英語を習い始めたばかりの初心者の人だけです。
(初心者の方には瞬間英作文はまだお勧めしません)

単語や熟語を組み合わせて文章を作っていく過程は、
暗記に頼らないからこそ、いろんな場面で応用できるようになります。

だから、お手本と全然違う表現になっても、
お手本のようなこなれた熟語や慣用表現が使えなくても、
「ああ、私はまだまだだわ」なんて決して落ち込まないことです。

確かに、文法的に間違いのない英語を言う方が、間違いだらけよりはいいです。
また、ネイティブらしい表現も、言えないより言えた方がいいです。

でも、今のあなたが「英会話は苦手だな」と思っているなら、
文法の間違いをゼロにする努力は、今は必要ありません。

そこは、今のあなたが取り組むべきところじゃありません。

文法のミスが全くない、またネイティブらしい英語を目指すのは
間違いなく「私は英会話が得意です!」と自信を持って言えるようになってからです。

私は、文法ミスやネイティブ表現へのこだわりを捨ててから、
日本語と同じように英語が口から出始めました。

最初は、どうしても頭の中で英作文を文章の終わりまでやってから
英語を話そうとしていました。

だから、時間はかかるし、一つ一つの日本語にとらわれてしまっていました。

それが、「正解はない。相手に通じる英語なら大丈夫」と
方針を変えてから、英語が出るスピードがどんどん早くなっていきました。

今は、日本語を話す時と同じように、英語を話し始めると同時に
その後をどう続けていくかを考えています。

日本語だと、「何て言おうかな」と文章の終わりまで考えて
話し始める人は(日本語ネイティブなら)いないと思いますが、
英語でも今は全く同じです。

そして、瞬間英作文を続けていって、英語を口に出すという訓練を続けていけば
心配しなくても、明らかな文法ミスなどはどんどん減ってきます。

最初は
「明らかに間違いだと分かるのに、それがつい口から出てしまう」
という経験を誰でもします。

それは会話に慣れていないことが原因ですから、
「まだまだダメだな」と落ち込んだりする必要はありません。

トレーニングあるのみです。


瞬間英作文って「不自然な英語」がけっこうある気がするんだけど?
本当にそれに従って英会話のトレーニングなんてしていいの?という方は、こちら。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ