リスニング力向上と発音上達にシャドーイングが効果的な理由

daisies-676368_640

シャドーイングは、声に出して発音するトレーニングなので
「発音」「イントネーション」など
英会話の勉強としてのイメージが大きいかもしれません。

もちろん、英会話にも効果があります。
でも、実はリスニング力向上にも効果抜群なのです。

理由は、
聞き取れないものは口にも出せないからです。

英語を聞くだけでは、
何となく分かったつもりになってしまうことがよくあります。

一語一句聞き取れなくても、内容がわかれば
「ま、いっか」で終わってしまいますよね。

でも、シャドーイングをしてみると、自分の弱点がよく分かります。

ここをスクリプト(英語が文字になったもの)を見て
「この音はこう聞こえるのか」と確認することがとても大事なのです。
これがリスニング力アップにつながります。


口に出してみたとき、うまく発音できず口ごもってしまう部分が、

・ 単語を知らない
・ 単語は知っているけど、その発音に慣れていない
・ 単語と単語がくっついた音(リエゾン)に慣れていない


などが理由で、聞き取れていないところです。
(「リエゾン」とは、単語同士がくっついて音が変化することです)


ひとつひとつの単語の発音を知っていることが大切なのは言うまでもありませんが、
特に「リエゾン」がきちんと聞き取れるようになることは、本当に大切です。

リエゾンをマスターするには、
黙って英語を聞いているだけでは不十分です。
また、個々の単語の発音を覚えるだけでも不十分です。


シャドーイングで文章をまるごと自分で口に出して
正しい発音とイントネーションを体で覚えるしかありません。

シャドーイングの練習を積んで、リエゾンにも慣れてくると

「聞いても全然分からなかったのに、
 文字を見たらこんなに簡単な英語だったのか!」

という、誰もが悩む状態から抜け出すことができます。

結果的に、シャドーイングによって
リスニング力が大きくアップします。


発音の上達にもシャドーイングは効果あり

「発音の上達」も、シャドーイングの偉大な効果です。

自分ひとりで音読やリピーティングをしていると、
どうしても自分流の発音に傾きがち。

でも、シャドーイングだと、聞こえた音を再生することで精一杯なので、
逆にわざわざ自分流の発音に直すほうが手間なのです。

結果として、聞こえたとおりに発音し、
聞こえたとおりにアクセントをつけることになります。

自分が正しく発音できる単語は、絶対に聞き取れます。

知っている単語なのに聞き取れないのは、
間違った発音で認識しているからです。

または、間違っているとまではいかなくても
ガチガチの「ジャパニーズイングリッシュ」な発音が
頭にこびりついている場合も、リスニングでは苦労します。

たとえば、「general」を
「ジェネラル」と認識していれば、それで間違いではないですが
実際のアメリカ英語では「ジェナロー」と聞こえます。

そういうパターンをシャドーイングでは効果的に身につけられます。

シャドーイングの効果を最大にするには、「とことん真似をすること」です。

よく、

「いつも同じものを聞いていると内容を覚えてしまって
 英語と同時に発音してしまいます。これでいいのでしょうか」

といったご相談をいただきますが、私からすれば
「英語と同時に発音してしまうってのは、聞いてないってことですよね?」
ということです。

その教材を暗唱する必要があるとかいった事情があるのであれば
同時に発音できるところはやってもいいでしょうけど、
おそらく普通の大人はそんな必要はないはずです。

リスニングや発音を鍛えようと思ってシャドーイングをするのなら、
当然、しっかり英語を聞くべきです。

聞くことがおろそかになるほど内容を覚えてしまっているのであれば、
教材を変えた方がいいですね。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ