「ボキャブラリー」タグの記事一覧

アルク・ボキャビルマラソンパワーアップコースの効果

突然ですが・・・ あなたは、単語を覚えるのが得意ですか? 私は・・・・・ めちゃくちゃ苦手です。_| ̄|○ 自慢じゃないけど、 その辺の「苦手」な人には簡単には負けないほど、苦手です。 しかも飽きっぽいので、何をやっても・・・

単語を短期間で150コ詰め込んだ方法

このホームページでは 単語の覚え方についてノウハウを公開しているんですが、 ⇒「単語は書いて覚える」を卒業するべき3つの理由 タイムリーなことに、今月に仕事で大事な会議があって 通訳の準備で単語を150ほど頭に詰め込みま・・・

ラクなボキャブラリー強化法

ボキャブラリーの強化、 これは、英語学習者である限り、一生やり続けなければならないこと。 (文法なら、ある程度のことを学べば  ほとんど勉強の必要がなくなるんですが・・・) 一生逃れられない運命なんて!! でも、どうせ一・・・

ボキャビルマラソンの副産物(2)シャドーイングで複数スキルアップ

ボキャブラリーを覚えるのにCDを使う目的は、 「ながら勉強」で忙しくても勉強時間を増やすこと、 単語の発音を最初から正しく覚えることです。 ※この記事は、CDを使うことのタナボタ的な利点その1の続きです。 ⇒ ボキャビル・・・

ボキャビルマラソンの副産物(1)リスニング力アップ

ボキャブラリー教材でCDがないのはNGですよ!と これまで何度か書きました。 まだの方は先にこちらをお読みくださいね。 ⇒ ボキャブラリー学習にはCDが必須 ⇒ ボキャブラリー学習で挫折したことありますか? で、今回は、・・・

英単語と印象深い出合いを重ねる具体的な場所とは?

英単語の習得には、その出合いの数と質が重要です。 単語を一回で覚えられることはほとんどなく、 何度も何度も出合って、だんだんと定着していくもの。 また、同じような状況で何度も出合うより 印象に残る出合いをして、イメージご・・・

単語の習得は出合いの【質】も重要

前回は「単語の習得は出合いの【数】で決まる」ということで 何度も単語に出合って記憶に定着させることが鍵だと書きました。 ちょうど、新しい会社に入ったら 接触回数が多い人ほど名前と顔が覚えやすいのと 同じことですよね?と。・・・

単語の習得は出合いの【数】で決まる

単語学習って、特に勘違いが多い分野じゃないかなと思うんですよね。 たとえば、典型的な間違いの一つはこれ。 【単語は1回で覚えなければいけない】 たとえ無意識であったとしても、 こう思い込んでいる人は、ほんとに多いです。 ・・・

単語は例文とリズムの合わせ技で覚える

コロケーションが重要ではない単語は例文なしで覚えても問題ないし、 その方が時間短縮にもなり効率がいいと前回書きました。 ⇒ 例文の要・不要を明確に区別している教材 そうは言っても。 例文があることによって、印象に残って ・・・

例文の要・不要を明確に区別している語彙教材

コロケーションが重要な単語とそうでない単語があって、 重要でない単語については例文は必要ではない。 でも、学習者がそれぞれ その区別をして単語を覚える必要は特にないので、 本屋さんでボキャブラリー本を買うなら 全部に例文・・・

コロケーションが重要でない単語もある

コロケーションは大事です・・・ という話をこれまで何度もしてきました。 (コロケーションとは、単語と単語の自然なつながりのこと。) ⇒ 「単語は書いて覚える」を卒業するべき3つの理由の その3「コロケーションはまるで無視・・・

ボキャブラリーは日本語を使って効率よく

ボキャブラリー教材を使って知らない単語を初めて覚えるときは、 日本語を大いに使うべきだと私は個人的に思ってるんですね。 その方が効率がいいから。 ※前々ページからの続きです。 ⇒ 日本語を使って語彙を勉強する利点 ボキャ・・・

日本語の語彙教材を使うなんてもったいない?

特に英語圏の方たちの悩みですごく多いのが、 「せっかく海外に住んでるのに、日本語の教材なんか使うともったいないんじゃないか・・・」 というものなんですが、 日本に住んでる方でも、 できるだけ日本語を排除して勉強したいとい・・・

日本語を使って語彙を勉強する利点

前回、知らない単語を英英辞典で調べることの 是非について書きました。 ⇒ 英英辞書で知らない単語は調べろと聞きますが? 最近は特に、日本語は介入させずに 英語のままで理解しなさいという風潮がありますが、 私、えいみはまあ・・・

英英辞書で知らない単語は調べろと聞きますが?

「知らない単語は英英辞書で調べろという話を聞きますが、 えいみさんはどう思いますか?」 という質問を、よく受けます。 「英語を英語のままで理解するように!」 「日本語を介しているからいつまでも英語脳ができないんだ!」 と・・・

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ