「TOEIC」タグの記事一覧

TOEICのリスニングスコアが485でも、ヒアリングマラソンをやる価値はありますか?

—– 件名 —– ヒアリングマラソンにつきまして —– 現在の英語レベル(TOEIC、英検など) —– TOEIC930 —– メッセージをどうぞ —– えいみさん、はじめまして。 いつも楽しく拝読させていただいております。とても勉強になります。 さて、標

精聴と多聴の具体的な学習法とポイント

精聴と多聴は、車の両輪のようなもので どちらもリスニングの学習法に欠かすことができません。 精聴:一語一句すみずみまでしっかり英語を聞き取ることを目指す 多聴:一語一句にこだわらずに話の全体をざっくりとらえることを目指す どちらも欠かすことができないのですが、 ほとんどの人は「どっちか片方」しかやっていません。 どちらもバランスよくできている人は本当に少ないです。 結局、精聴と多聴は、これをやれば

リスニングの習慣が英語学習に最重要である理由ー私がTOEICのリスニングであっという間に満点が取れるようになった方法

今日は、とっておきの話をします。 私はこの「あること」に気づいてから英語学習が めちゃくちゃ加速したと言っても過言ではありません。 それに気づく前の私は、気が向いたらラジオ講座を聞いてみたり、 英語のCDを聞いたりしていました。 でも、TOEICは2年半もかかって ようやく680点から780点へと100点アップ(汗) ⇒(証拠)私のTOEICの受験履歴 たった100点アップするのに2年半もかかるく

TOEICの是非は結局、本質の問題なのです

前回の記事について、 またたくさんのメールをいただきました。 ⇒ 客観的な指標としてTOEIC受験は必要ですか? ⇒ TOEICを受けるなと言っているわけではないのです こんなに反響が大きくなるとは自分でも思っていなくて びっくりしました。 ご意見をくださった方、ありがとうございました。^^ 「共感しました!」というメール、 「私はこの反論メールの方と同じように感じていました」というメール、 いろ

TOEICを受けるなと言っているわけではないのです

前回の記事 ⇒ 客観的な指標としてTOEIC受験は必要ですか? について、メールをいただきました。 この方と同じように疑問を持った人もたくさんいたのでは?と ハッとさせられたので、シェアさせてくださいね。 (引用ここから) > —– メッセージ —– > えいみさん、こんにちは! > > えいみさんのメルマガ、 > いつ

客観的な指標としてTOEIC受験は必要ですか?

TOEIC受験について、 読者さんからメールをいただきました。 引用ここから —————————————- > —– 件名 —– > TOEICについて > —

英語学習の目的を見つける方法

これまでの記事で、TOEICの点数や英検合格だけを目標に勉強するのは もったいないですという話をしました。 どうせ勉強するんだったら、 ・ 英語を勉強する目的をはっきりさせましょう。 ・ 目的につながる勉強をしましょう。 ・ 問題集を解くばっかりじゃなく、実践練習を積みましょう。 その方が効率がいいですよ、と。 でも、 「私が英語を勉強する目的って・・・なんだろう?」 そう考え込んでしまう人も、実

TOEICが採用条件になっている仕事

さきほど、ふと思い立って 「リクナビ」で派遣の仕事を見てみました。 やっぱり派遣のお仕事は激減していますね。 これを読んでくださっている方のどれくらいが 現在「転職活動中」かは分かりませんが、 無理に動かずじっくりと力を蓄えるときなのかもしれません。 TOEICの点数にこだわりすぎず 「実践的な英語力」を身につけていれば いずれチャンスは来ると思います。 で、リクナビの話なんですが。 TOEIC9

「採用条件TOEIC900点以上」の本当の意味

「TOEICの高得点って転職には役に立たないです」って前回書いたんですが、 これは、私の苦い過去の経験からきています。 まあ、私はTOEIC990点じゃなくて980点なんですけど、 「980点」が武器になると本気で思っていた 過去があったんですね・・・(汗) で何度も突撃して、玉砕してきました。 「『TOEICの点数が高いから英語を生かした仕事をしたいんです』っていう人、  ほんとに多いんですけど

TOEICは「ハイレベル英語就職」には役にたたない

TOEICは、点数が上がるほど TOEICの点数が採用条件になってる職種では武器になりません・・・ という話を、レポートの中で書きました。 それに関して、私と同じ社内通訳翻訳者さんから メールをいただきました。 *** > 現業務は社内翻訳・通訳といっても > TOEICなんかいらないんじゃないの?というぐらいです。 > (そんなjob description掲げるぐらいだったら

英検1級 VS TOEIC990点

「英検とTOEICって、どっちが難しい?」 「どっちが就職に有利?」 どちらもよく聞く質問です。 もちろん、一概には答えられない問題ですし、 見方によって答えはどちらにもなり得ます。 このページでは、英検1級とTOEIC高得点に焦点を当てて、 それぞれの特徴、メリット、評価などの違いを考えてみたいと思います。 英検1級とTOEICを比べてみよう 1. 英検1級満点とTOEIC満点は、どっちが難しい

瞬間英作文の効果・私の英会話力は瞬間英作文でこうなった

・スピーキングの効果的な学習法で独学で英会話をマスター! ・瞬間英作文で英会話力を劇的にアップ!瞬間英作文の具体的方法 で、 「英作文を書くのではなく、口頭で行う」 という方法で私の英会話力が上がったという話をしました。 でも、 どのくらいのレベルの口頭英作文ができるころに、 一体どのくらいしゃべれたのか? これがあなたの一番知りたいことではないでしょうか? 今日は、私の過去の英会話力の推移と、

新TOEICを受けてみました

2008年10月に、第142回のTOEICを受けました。 最後に受けたのは2003年6月なので、5年半ぶり。 新形式になってはじめての受験です。 受験のきっかけは、 もちろん日頃の成果をチェックするためでもありますが、 それよりも前回が5年以上前と期間がだいぶ空いてしまったことと、 「そういえば私、新TOEICって受けたことないぞ? 他の英語ブログの方たちのTOEIC話についていけないっ!!」 と

えいみのTOEIC受験履歴

先月、新TOEICを初めて受験したことをきっかけに、 私とTOEICについて書いてみようという気になりました。 私はTOEICについては全くの素人なので、 TOEICの勉強法について詳しく触れるつもりは今のところありません。 この先を読んでいただければ分かりますが 私にはTOEIC対策ページを作るノウハウはありません。 ですので、体験談が中心になりますが、TOEICと私について書いてみようと思いま
サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ