「精聴」タグの記事一覧

英語のシャワーは効果ナシ?リスニングが上達する英語のシャワーの2つの条件

「英語のシャワーを浴びるように毎日2時間も英語を聞いているのに、  相変わらずニュースの内容が分かるようにならない・・・」 英語を毎日たくさん聞いているつもりなのに 一向にリスニング力がアップしないという悩みを持つ人は多いです。 TOEIC830点です。 点数はそれほど悪くないのに、 英語の映画もニュースもほとんど全く理解できません。 毎日BBCのニュースやNHKの英語ニュースや英語学習のポッドキ

精聴と多聴の具体的な学習法とポイント

精聴と多聴は、車の両輪のようなもので どちらもリスニングの学習法に欠かすことができません。 精聴:一語一句すみずみまでしっかり英語を聞き取ることを目指す 多聴:一語一句にこだわらずに話の全体をざっくりとらえることを目指す どちらも欠かすことができないのですが、 ほとんどの人は「どっちか片方」しかやっていません。 どちらもバランスよくできている人は本当に少ないです。 結局、精聴と多聴は、これをやれば

私が精聴に偏ったリスニング学習を卒業して開けた新しい世界

リスニングには、 精聴・・・ 聞き取りの正確さを鍛える 多聴・・・ 情報を瞬時にたくさん処理して全体像を推測する力を鍛える このどちらも重要で、どちらも欠かすことができないので 両方にバランス良く取り組むことが必要です。 参考: 精聴と多聴、それぞれが欠けると起こる重大な問題点ー英語が聞き取れるようになるには、どちらもバランスよく取り組むことが必要 ですが、今こうしてエラそうに語っている私自身、

精聴と多聴、それぞれが欠けると起こる重大な問題点ー英語が聞き取れるようになるには、どちらもバランスよく取り組むことが必要

精聴: 一語一句すみずみまでしっかり英語を聞き取ることを目指す。 多聴: 一語一句にこだわらずに話の全体をざっくりとらえることを目指す。 参考: リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(精聴編) リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(多聴編) これらの二つは、リスニング学習の「両輪」です。 どちらも重要です。どちらも欠かすことができません。 でも、私の知る限り、 これらの両輪にきちんとバランス良

英語ニュースとドラマでリスニング力が上がらない理由

・リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(精聴編) ・リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(多聴編) でご説明したように、精聴とは、 一語一句すみずみまでしっかり英語を聞き取ることを目指します。 その一方、多聴というのは、 一語一句にこだわらずに話の全体をざっくりとらえることを目指します。 これらの二つは、リスニング学習の「両輪」です。 どちらも重要です。どちらも欠かすことができません。 でも、

リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(多聴編)

リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(精聴編)でお話しした通り、 精聴とは、すみずみまで一語一句しっかり聞き取る勉強法で、 特にリスニングの勉強段階のはじめではこのプロセスがとても重要になります。 ちゃんと意味の分かるものを使い、同じものを何度も聞く。 あるいは、シャドーイングやディクテーションなど 「一語一句しっかり聞き取れていなければできない」勉強法を取り入れる。 さらに、シャドーイングを家

リスニングで絶対に外せない2つの勉強法(精聴編)

このページで書く内容をを知らないまま 高いリスニング力を獲得することは絶対にできません。 なので、今、リスニングをどう勉強していいか悩んでいるなら 注意して読んでくださいね。 そして、ただ読むだけではなく ご自身でぜひすぐに実践をはじめてください。 リスニングには、二つのアプローチがあります。 それは、「精聴」と「多聴」です。 精聴と多聴は、必ずどちらも取り組む必要があり 片方だけではリスニング力

同じ英語をスクリプト通りに聞こえるまで何度もリスニングしても、映画や海外ニュースは聞き取れるようにならない

精聴と多聴について読者さんから質問をいただきました。 ・ リスニングが伸び悩んでいる ・ リスニングをどう勉強していいかわからない ・ 多聴と精聴がどう違って、どういう効果があるかわからない こんな方には、とても役に立つ内容だと思いますので しっかり読んでみてください。 —– 件名 —– リスニングとヒアリングマラソンについて —R

正解リスニング学習法-初級者・中級者はこうリスニング力を伸ばせ!

私は過去に間違ったリスニング英語学習をやってしまっており 時間をかけた割に全然リスニング力が伸びていかないという経験をしました。 そこで、今振り返って「あのリスニング学習法は間違いだった」と分かった 勉強法があるのですが、それは以下の3つです。 1.海外ニュースなど英語ニュースの聞き流し 2.海外ドラマ・洋画の聞き流し 3.洋楽の聞き流し そして、そこから得た経験は 1.一回限りの聞きっぱなしでは
サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ