独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

「採用条件TOEIC900点以上」の本当の意味

エバンス愛

英語を活かして働くことを目標としている人は、いわゆる世間一般で「英語上級者」と認識されるTOEIC800点台、900点台を目指していると思います。「いやいや、スコアが高ければ高いほど有利だろう」と、950点くらいを目安に勉強している人も少なくないでしょう。

今日は、そんな方たちに向けて、TOEIC高得点を採用条件に掲げている会社はどんな人材を欲しがっているかという話をしたいと思います。

TOEICが採用条件になっている仕事

さきほど、ふと思い立って「リクナビ」で派遣の仕事を見てみました。TOEIC900点以上っていう仕事は見当たりませんでした。800点以上っていうのは結構あるんですけどね。

で、そのTOEIC800点以上っていう条件があるところに書いてある注意書きって、こんなのだったりします。

・ビジネス会話力必須
・ネイティブレベル

ま、まじっすか・・・_| ̄|○ ガクッ

TOEIC800点の実力が分かってないとしか言いようがないですよね。800点でネイティブレベルって・・・ねぇ(汗)

 

さらに酷いのだと、「TOEIC700点または英検1級レベル」ってのもありました。

英検1級とTOEIC700点が同レベル扱いって・・・と絶句してしまいますが、まあ、結局、TOEICの実態は、あまり理解されてないということですね。

だから、どうやっても行き着く結論は同じです。TOEICの点数にこだわりすぎることなく、実践的な英語力を身につけるしかありません。

 

でも、「英語を生かして何かしたい」そう思っているのなら、TOEICの問題集ばかり解き続けているのでは時間がもったいないです。

TOEIC600点~700点くらいの人なら、基礎が固まってない可能性大ですから、その勉強法でもいいです。でも、800点台後半以上くらいになったら、もうTOEICの問題集は必要ないんです。

TOEIC900点を採用条件に掲げている会社なんてほとんどないので、TOEIC900点くらい行けば、もうたいがいの採用条件はパスします。そこでTOEICはスッパリやめて、「実践的な英語」の習得にシフトするべきです。

だって、900点を採用条件にする会社が欲しいのは、

「TOEIC900点以上の人」ではなく、
「英語が本当に使える人」だからです。

 

そうは言っても、現在900点に届きそうとか届いたばかりという人の中には、「この点数じゃ、まだ頼りないな~」と思って、もっと上を目指す人もいるだろうと思います。

そういう人が「金輪際TOEICは受けない」と決める必要はないです。

ただ、覚えておいていただきたいのは、今あなたが感じている「不安」は、TOEICが950点になっても、990点になってもずっと感じるだろうということです。

実践的な英語力を身につける努力を怠っている限りは。

 

だったら、実践的なトレーニングを行う過程で「TOEIC用の勉強は全然してないけど、900点が取れちゃった♪」っていうのが理想的じゃないでしょうか?

実践的なトレーニングとは、たとえば「瞬間英作文」。英会話力の向上にめちゃくちゃ効きます。

 

「採用条件TOEIC900点以上」の本当の意味

「でも・・・『TOEIC900点』が採用条件の仕事だってあるじゃない?
だったら、900点を持ってたら立派な武器でしょ?」

そう思いますか?

現実は・・・・

TOEIC900点が採用条件だったら、
950点持っていても、990点持っていても、

多くの場合は
「で?だから何?」

で終わりなんです。(ガーン)

今から、当たり前だけどすっごく大切な話をします。

採用条件がTOEIC900点っていうのは、
「TOEICが900点台の人がほしいです」って意味じゃないんです。

意味、わかりますか?

大事なので、もう一度言います。

採用条件がTOEIC900点っていうのは、
「TOEICが900点台の人がほしいです」って意味じゃないんです。

じゃあ、本当の意味は?

それは、

「TOEIC900点というタイトルが持つ【イメージ】の
英語力を兼ね備えた人がほしい」

という意味です。

あなたも、TOEICを受験してきて、TOEICの価値や評判を聞いてきて
分かると思いますが、

「TOEIC900点」の人って、
一般的にどういうイメージを持たれているでしょうか?

それは、
「ネイティブに近い英語を使いこなす人」というイメージです。

まあ、これを聞いて現在900点台の人のほとんどが
「んなわけねー」
と心の中でつぶやいていることは、よーく知ってるんですが。(笑)

最近は、
「TOEIC高得点者が必ずしも英語ができるとは限らない」
という考えもだんだん浸透してきているようですが、

それでも、一般的には
「英語のエキスパート」というイメージです。

TOEIC900点の人のイメージ:

・ 英会話はできて当たり前。
・ 商談メールもサクサク書ける。
・ ビジネスの場にふさわしい英語も使い分けられる。
・ 必要なら通訳くらいできる。

・・・これを読んで、ちょっと青くなりませんか?(汗)

これが、
「TOEIC900点くらいになったらTOEICはもう卒業ですよ」
と私が繰り返し言っている理由です。

前回書いたように、

TOEIC900点台の人の実態が分かっている人は
TOEICの点数なんてスルーするし、

実態が分かってない人は、
上で書いたような英語力を持つ人を探しているわけですから。

英会話が全く必要ない「TOEIC900点以上」が採用条件の
会社なんてほとんどないので、

英会話は絶対に、基本的な訓練はしておくべきだと思います。

私が実際に行っている訓練はこちらのページからどうぞ。

瞬間英作文のやり方とおすすめ教材。私はコレで独学で通訳になりました

せっかくTOEICで高得点を持っていても

「英会話必須」っていうただし書きのせいで
その仕事をスルーせざるを得なくなるなんて、もったいないです。

もう、効果の出ない英語学習をダラダラ続けるのはやめませんか?

独学で英語が身につく無料メール講座

多くの留学したい人間が、自分の英語学習法に停滞感や行き詰まりを感じています。せっかくの英語学習へのモチベーションを起点として、どのように英語を身に着けたらいいのか?

このメール講座では、

  • 何からどんな教材を使って勉強するかという迷いが無くなる英語の学習順序
  • 英語を読むときや聞く時につい日本語に訳してしまうクセを無くす方法
  • 「ネイティブ英会話フレーズ」の暗記をしてはいけない理由

など、英語学習についてのノウハウや具体的な実践方法について解説しています。ぜひ、あなたの英語学習にお役立て下さい。

実践ガイド

無料メルマガを見る

Ai Evansエバンス愛

独学で英語を勉強し国際機関で通訳者を8年経験したのち、独立。英語でもっと人生を豊かにする英語学習コーチとして、本物の英語力を身につける方法を指導しています。
詳しいプロフィール