独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!

ネイティブの英語がバッチリ聞き取れる

「英語の初級者なんですが、何から勉強したらいいですか?」

よく聞かれる質問です。
あなたも、疑問に思っているのではないでしょうか?

kikuzo

 

まずやるべきことは、リスニングを含めた英語の「土台作り」です。土台とは、リスニング、基礎文法、基礎ボキャブラリー、発音などです。

そして、土台ができてから英会話などの訓練をしてください。

ですので、もしもあなたがこれからの学習にリスニングを取り入れてみようと思っていらっしゃるのなら、それは正解です。

でも・・・こういう教材、聞いたことありませんか?
「ただ聞き流すだけで英語が勝手にしゃべれるようになる!」

・・・ねぇ。(笑)
ここで、はっきりさせておきましょう。

単なる聞き流しで、英語が聞き取れるようになることはありません。ましてや、英語が話せるようになるなんてことは絶対にありません。

ちょっと考えてみてください。

これが英語じゃなくてたとえばアラビア語だったら・・・?
アラビア語のCDを聞き流すだけでアラビア語が分かるようになって、ある日突然ペラペラになるなんてこと、あるでしょうかね??
どう考えてもあり得ないですよね。

英語もそれと同じです。「単なる聞き流し」では、英語は聞き取れるようにはなりません。
戦略的に英語を聞き取る訓練をして、初級者さんに適した聞き取りのコツをつかむ必要があるんですね。

 

初級者さんの戦略的な聞き取りのコツ

戦略的な聞き取りのコツ。

それは、英語を聞くときに一語一句にとらわれることなく、全体像をつかむ訓練を積むことです。

リスニングが苦手な多くの人は、ひとつひとつの単語を追いかけてしまっています。全体像をとらえる訓練が出来ていません

分からない単語があったり、聞き取れない部分があったり。そういう時、不安になってしまいますよね。私もそうでしたので、その不安は本当によく分かります。

 

でも、単語がちょっとくらい分からないとか、知らない表現が出てきたとか、そんなことはたいして重要ではないんです。
単語は全部知らなくても聞き取りはできるんです。聞き取れない部分があっても理解はできるんです。

この事実を知って、今すぐ意識改革してください。

・どんな場面での会話なのか?
・どんな内容のことを話しているのか?

そういう全体像をつかむことに集中してください。

つまり、聞き取れない部分に気を取られるのではなく、聞き取れた部分から全体の内容を想像するというスキルがすごく重要なんです。具体的にどういうことか説明しますね。

 

リスニングが苦手な人が聞き取れない理由

まず、リスニングが苦手な人ってどんな感じで聞き取っているかという「イメージ」を画像で表してみます。

英語が「ちゃんと聞き取れている」というのは、

・どういう状況か?
・意図・目的は何なのか?

ということがしっかり理解できて、話の「全体像」が頭に思い浮かぶ状態ですよね。

でも、過去の私を含め、多くの学習者が英語を聞いている時の頭の中が一体どうなっているかというと・・・
こんな感じなんです。

リスニング1回目:
kikuzo

2回目:
kikuzo

3回目:
kikuzo

こういうことになってしまっているんですね。(涙)

細かいところだけ一生懸命聞き取って、パッチのように部分部分は見えているけど、ここがどこなのか、何なのか、さっぱり分からない・・・

つまり、どういうことかというと、

細かい単語に気を取られすぎて、何の話をしているのか、理解できない。
単語は聞き取れたのに、それが意味のある英語として聞こえてこない。

ということです。

そういう経験、あなたもきっとありますよね?

ではどうしたらいいのかと言うと・・・

 

正しい聞き取りのイメージとは?

正しい聞き取りというのは、

「最初から細部にこだわりすぎることなく、話の全体像をガバッとつかんで大まかな意味をとらえる」

という方法です。

1.最初は、「こんな場面なのかな?」とぼんやり全体像を理解する
2.次は、もう少し詳しい情報をつかむ
3.最後は、詳しい話の内容と意図を正確に理解する

同じ英語を何度も聞きながら、このステップを踏んでいくんですね。
具体的に言ったら、こんな感じです。

1回目:
kikuzo
う~ん、何となく、畑か芝生みたいなのが見えるかなぁ・・・

2回目:
kikuzo
おっ、だいぶ見えてきたぞ!

3回目:
kikuzo
見えた~!!こういう景色だったのか!
(※これはスイス・シャフハウゼンのブドウ畑です。笑)

いかがでしょうか?

正しい「英語の聞き取り」のイメージ、つかんでいただけましたか?

細かいことにはこだわらず、全体像をぼや~っとつかむ。

これが、リスニングの最大のコツです。

 

ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!

では、具体的に何を使って「細かいことにはこだわらず、全体像をぼや~っとつかむ」訓練をしたら言いかといいますと。

⇒ ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!

これです。

「英語は中学生レベルかな・・・」という方に適しているのが、この「ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!」です。


6ヶ月のカリキュラムです。


テキストがすごくオシャレでかわいい。
表紙の紙質も高級感がある素材です。カフェとかで勉強するのにぴったりの雰囲気。ま、勉強には直接関係ないのですが・・・(笑)


一週間はいつもRound1からスタートします。「細かいことは気にせずに、全体像をぼや~っと理解する」という段階。

■Round 1

細かい部分にとらわれないで、「全体像をぼや~っと」理解できているかをチェックする設問があります。

また、理解のヒントとなるボキャブラリーや熟語(チャンク)は載っていますが、スキットの全文や日本語訳はテキストには載ってないんです。

これがないからこそ、一字一句確かめて勉強したつもりになるんじゃなく、「全体的にだいたい分かればよし」という意識になれるんですよね~。(※スキットの全文・日本語訳は別冊Runnners’ Aidに載ってます)

■Round 2

Round2では、正確な理解ができているかのチェック。難しいなと感じる人のためにページの右にはヒントがついてます。

でも、できるだけヒントを見ずに挑戦して一つ設問に答えたら一つヒントを確認、というやり方がお勧めなんですが、この青いシート(ピンク、グリーンもあり)でちょうどヒントの部分を隠せるようになってます。

■コラム

コラムも充実しています。めちゃくちゃおもしろいです。

ところで、これを書きながら6巻のコラム「○○系のアメリカ人の見分け方」を読んだのですが、ドイツ系、イングランド系、ユダヤ系、アイルランド系、アラブ系・・・それぞれの特徴や得意分野、アメリカに来た歴史が書かれてて

「ねえねえ、これってほんと?」と夫にいちいち確かめ、あんまり面白くて、結局3時間くらい語ってしまいました(笑)

アメリカの安いモーテルはほぼインド系の人が経営してるとか、アイルランド系といえば警官とか。書いてあることは(当たり前ですが)その通りって夫は言ってました。

 

ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!受講者さんからの感想

Yさん(男性)

続けられた大きな要因は『理解』ができて進められるからです。同じ会話を何度も聞いて理解を深めていくので、最初全く分からなかった文章が徐々に理解でき、まさしく景色に霧がかかっていて何があるのかわからないのが、最終的にはこんな景色なのか!という感動が待っているところが素晴らしいです。
いままでの教材と違う「繰り返し聞く」というのは自分にもの凄くあっていました。

N.N.さん(女性)

最初聞き取れなかった英文が、次第に聞き取れるようになる3ラウンド・システムに驚きながら1か月ヒアリングマラソンkikuzo!を楽しんで学習しています。先日マンスリーテストの結果も自宅に届きました。
海外に来てから、日本から持ってきた読み物も見飽きており、テレビも見ないという生活を送っていたためだと思いますが、アルクの教材を進めて、欧米文化を知ったりコラムを読んだりするのが異様に楽しいです…(笑)
ちゃんと物にするために、復習とボキャビル・文法に時間を割こうと思っていますが…気負わず、焦らず、自分を信じてやっていこうと思います。
今年の目標は…毎日、イヤホンをつけてヒアリング…と毎日のiPhoneの充電。です!

Yさん(女性)

サポートメール、楽しく、また厳しい意見として読ませていただきました。
特にサポートメール4号の時は 胸に”グサグサ” きました。人任せと言っている時、” あ、えいみさん私のこと言ってる”と思ったくらいです。ハハ^_^;
でも、えいみさんが勧めてくださったアルクのkikizoはちゃんと続けています。少し遅れ気味ですが、期限までには、マンスリーテストを絶対に終了して修了証がほしいです。
やっぱり3万5千円は大きいです。それにやっていてわかった時はうれしいし、今までのようにやりたくないなぁ~とあまり思わないんですよね。私のレベルに合っているからなんでしょうね。(*^_^*)

この講座に適した英語レベル(目安)

  • TOEIC400点~550点程度、英検3級~準2級
  • 英語の聞き取りがとても苦手
  • 英語は中学生レベルという自覚がある

アルクによる開始レベルの目安は、TOEIC300点~、英検4~3級となっています。でも、英検4級と言えば標準的な中学2年生レベルですが、中2にはちょっと難しすぎないかな~?という印象です。あくまでも私の個人的な印象ですけどね。

なので、私の基準での「最適なレベル」は、TOEIC400~550点、英検3級~準2級くらいかなと思います。

開始レベルはTOEIC300点、英検4~3級でいいのですが、「ようやく英検準2級です」というくらいのレベルの方でも無理して「ヒアリングマラソン中級コース」にするより、kikuzo!でしっかり基本をマスターした方がいいと私は思います。

自分にはどのレベル合うのだろうか・・・と悩む場合は、まずは、アルクのページでサンプルを聞いてください

⇒ ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!

これは、超重要です!!最後に頼りになるのは、自分の感覚です。

サンプルは、アルクの販売ページの「教材を体験する」というところから、実際の音声が聞けます。

kikuzo

 

ヒアリングマラソン・ベーシック kikuzo!を特にお勧めする人

  •  とにかく英語が聞き取れない人
  •  英語のやり直しを始めたばかりで、何から手をつけていいか分からない人
  •  リスニングの勉強のために何をしていいか分からない人
  •  海外旅行のために簡単な英語くらいは聞き取れるようになりたい人
  •  これまでリスニング教材がつまらなくて挫折した経験のある人
  •  外国人と簡単なコミュニケーションが取れるリスニング力をつけたい人
  •  英語の基礎をしっかり固めて「初心者」をいい加減卒業したい人
  •  一度でいいから「聞き取れた!」という快感を味わってみたい人

 

このブログから申し込んだ方限定無料特典

このブログからヒアリングマラソンkikuzoをお申し込みの方限定で、以下を無料でプレゼントしています。

 

■ 1000時間ヒアリングマラソン 成功へのヒント

手にされた方には大好評いただいている、ノウハウレポートです。


(※「kikuzo」をお申し込みの方にも「1000時間」用のレポートをお送りさせていただきます。ご了承ください)

 

★このレポートにはこんなことが書いてあります

・「ヒアリングマラソンは完走しなくていい」その真意とは?
・「この教材を隅から隅まで使いきってやる」はダメ!!その理由とは?
・私が実践している、本当に効果がある継続の秘密とは?
・受講中に誰にでも起こりうる非常事態。そんな時、講座はどうする?
・英語学習と赤ちゃんの成長との関係
・「元を取ることにこだわってはいけない」その理由とは?
・受講料の元を取るどころか、ずっと利益を積み重ね続けられる学習法
・ヒアリングマラソンの「簡単レベル」を使った効果的な勉強法
・ヒアリングマラソンの「普通レベル」を使った効果的な勉強法
・ヒアリングマラソンの「難関レベル」を使った効果的な勉強法

 

★このレポートを手にした読者さんの声

続いている理由は、えいみさんからいただいた「成功へのヒント」を何度も読み返し、それを実践できていることが大きいと思います。

もちろん自分なりの目標に向けて頑張っていることと、語彙力が以前より確実に増えてきていると感じるので楽しく取り組んでいますが、思うようにこなせなかった日には、これまでの私なら、「あ~今日もほとんどできなかったな」と落ち込むと同時にそれを取り戻すのが面倒になり、だんだん教材を開かなくなる、、、ということが続いていました。

が、今回は自分でも驚くほど続いています。(まだほんの2カ月目ですが、、、)えいみさんからのアドバイス通り、完璧に覚えないとという気負いがなくなったことで、ほんの小さな前進でも楽しい!と思えるようになったことがとても大きいです。また、いただくメールにある数々のえいみさんや皆さんのエピソードから、私だけではないんだな、、、と思えることがとても大きいです。

まず、レポートを頂いたことに、本当に感謝致します。ホームページでも拝見した、’自分の頑張る気持を子供だと思うこと。’ このことが更に詳しく書かれており、 「そうだ、なるほど、その通り」と納得しながら何度も読み返しました。 そうしないと直ぐに忘れてしまうので。

「成長が目に見えなくても細胞レベルで成長している」という説明は、 素直に体に入ってきて、それならば毎日栄養を与えて育って貰おうと思い、 レポートを読む前よりも英語学習の継続に自信が持てました。この事に気づけば、英語の勉強のみならず、えいみさんのおっしゃるとおり 人生の秘訣にも通じるものだと私も感じているところです。

最近受けたTOEICの点数が悪く、ショックを受けましたがし、えいみさんのレポートを先ほど読み返し、当然の結果であるし、 落ち込む必要もないと立ち直りました。かなり、楽観主義者です。 投げっぱなしで育てられた子供が不良チャンになってしまうのと同じことだと。 そう思い、またコツコツと育てていこうと思いました。 手を掛け過ぎの完璧主義はいけませんがね。

 

■ 全5回サポートメール

だいたい2週間に1度、あなたのメールボックスにお届けします。

第1回:「本当に」効果がある英語学習法
第2回:大きなブレイクスルーまでにかかる期間は○年
第3回:多くの日本人が間違っている目標設定の方法
第4回:自己分析の重要性
第5回:小さな成功体験を積み重ねる

 

あまりブログでは書けないようなことを含め、かなり本音で語っています。また、受講者さんに実際に課題を提出してもらい、さらに学びを深めてもらう工夫もしています。

「このサポートのおかげで完走できた」そうおっしゃってくださった方もいる、大好評のサポートメールです。

受講者さんの感想はこちらから⇒ アルク講座受講者さんの熱い声

 

あなたが「独学で英語の達人」からヒアリングマラソンを申し込むだけで、ノウハウのつまったレポートとサポートメールを無料で差し上げます。(あなたにヒアリングマラソン受講費用以外の出費はありません)

この特典プレゼントの受け取り方は、こちらをお読みください。

「独学で英語の達人」限定!ヒアリングマラソン特典プレゼントの申請方法

 

他の人はどんな理由でkikuzo!を迷っている?

「私は今こういう状況なのだけど、この講座は私に合っているのかな?」
「●●できるようになるのが目標なんだけど、この講座で本当にいいのかな?

など、疑問に思うことがあれば、これまで頂いたご質問と私の答えはヒアリングマラソンに関する読者さんの質問&回答にたくさん載せていますので、参考になさってください。あなたの疑問が解決する質問と答えがあるかもしれません。

 

「kikuzo!」が最適レベルではないあなたへ

ヒアリングマラソンシリーズは、「kikuzo!」以外もあります。あなたに適したレベルの教材を選ぶ際のご参考にしてください。

⇒ 英語の中級者向け効果的なリスニング力アップ法
目安:TOEIC600~750点、英検2級~準1級

⇒ リスニング力の完成を目指す・1000時間ヒアリングマラソン
目安:TOEIC700点~、英検準1級