独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

英検1級スピーチに合格した方の勝因分析

エバンス愛

英検スピーチ対策のノウハウぎっしりの体験談の続きです。

この方は、ブログにコメントをくださったのがきっかけで
数ヶ月前から何度もやりとりをしていた方でした。

スピーチの構成についてアドバイスもさせてもらいました。

なので、合格発表の日も「どうだったかな~」と
すごく気になっていたんですね。

だから、発表当日に「合格しました!」というメールをいただいたときは
ほんとに嬉しかったです。

この方の点数は
24、27、14、14の79点。

高得点での合格、お見事です。
(ていうか私、完全に負けてます 笑)

このメールには「ノウハウがぎっしり」と上で書きましたが、

まずは、これ。

> 面接は、導入(結論)→理由(1)→理由(2)で
> ちょうどベルがなりましたので、
> むりやりin conclusionといって最後のセンテンスをいれてみました。

スピーチの構成で24点(80%)を獲得していることから考えても、
最後の”in conclusion”が効いているのだと考えられます。

もちろん、時間切れなのに無理やり結論を突っ込むことを
推奨するわけではありませんし、
ベルが鳴った後の発言がカウントされる保障はありませんが、

スピーチの最後に「結論」があるのとないのとでは、
やっぱり随分違ってくるようです。

ちなみに、私の場合は
導入(結論)→理由(1)→理由(2)
でベルが鳴り、そのまま終了、得点は18点(60%)でした。

> 質疑応答は、自分なりの意見を3つの文章ぐらいで返答しました。
> だからか、質問は2つのみでした。

これも、すごくいい戦略だと思います。

自分の意見を事前にまとめていて
ある程度の長さで言える場合は、
どんどん自分からしゃべってしまう。

試験官からの質問はどんなものが来るか予想がつかないし、
日本語でも何と答えていいか分からないような
質問をされる場合もあります。

だとしたら、試験官の質問の数を減らすという作戦は
かなり有効だと思います。

もちろん、話の流れに沿った内容を話すというのは
大前提ではありますけどね。

> えいみさんのHPどおり、発音や文法は、
> 沈黙がなければ上がっていく気がします。

> 私も特にセクション3は前回8→今回14です。
> 努力はしましたが、そんな3ヶ月でここまで伸びる気もしませんので・・。

これを実際に体験された方の声は貴重です。

この方は、高校の英語の先生ですし、TOEICも970点をお持ちなので
文法や語彙は当然バッチリのはずです。

だから、この方の「実力」を考えると
セクション3(文法・語彙)が20点中「8点」ということは
考えにくいんですね。

ということは、実力はあるのにそれを発揮できてないのは
なぜかというと、
前回は「沈黙」があったからです。

沈黙を避けることができた理由は、

> 今回は、考えたことのある環境関連を選びました。
> 考えたことのあるものでないと質疑応答はかなり苦戦しますので。

とあるように、まずトピック選びを間違えなかったこと。

自分の意見としてある程度まとまったことを言える
「ネタ」をストックして持っておくのが大事なのは、
言うまでもありませんよね。

そして、それを本番で冷静に選べるかどうか。
(本番で舞い上がってとんでもないのを選んだのは私です ^^;)

そして、瞬間英作文に取り組んだこと。

> スピーチをいくつも用意して暗記するより、
> 考えをまとめて瞬間にいう練習を繰り返しました。
>

> YOU CAN SPEAKも今ステップ3に入りましたが、
> 前よりも間違っても何か言っている自分がいます。

> 前はとにかく間があったんです。
> 最初がでてこないというか・・。

> 前回の2次面接でも、とにかく最初がでてきませんでした。
> でも少しずつ英語を発することに抵抗がなくなってきています。

これを読まれて分かると思いますが、
瞬間英作文に取り組むと、「英会話」の根本が変わります。

根本というのは、
「間違いを恐れず英語が口に出せるようになる」
ということです。

英会話を上達させるにも、
発音をよくするとか、表現力を磨くとか、語彙を増やすとか
いろいろ要素はありますが、

まずは思い切って英語を口に出せることなしには
絶対に流暢に話せるようにはなりません。

「少々間違っても良いから、とにかく何か言おう」
という、いわば「心の訓練」ができるのが、瞬間英作文です。

「間違ったことを言ったら恥ずかしい」「笑われたらどうしよう」
という段階を絶対にまず克服しなければならないんです。

私自身、この「恥ずかしい」という壁を越えるのに
すごく遠回りをしましたし、長い時間がかかりました。

でも、その壁を越えてしまえば
英会話がどんどん上達していくことを経験として知っています。

それぞれの方が、
いろんなスタンスで英検1級に挑戦されると思いますが

この方は、私と同様にスピーチを暗記することに違和感を感じて、
根本的に英語を口に出すスピードを上げる訓練をしたことで
結果的にうまくいったんですね。

スピーチを暗記するのって・・・なんかしっくりこない、とか
ていうかスピーチ30本の暗記とか絶対ムリ!!とか

そんな風に思っていらっしゃる方には、
瞬間英作文が絶対に合っていると思います。^^

 

→ 英検2次スピーチの模範解答はあり得ないと思いました へすすむ

英検1級挑戦者さんの体験談の一覧へ戻る

もう、効果の出ない英語学習をダラダラ続けるのはやめませんか?

独学で英語が身につく無料メール講座

多くの留学したい人間が、自分の英語学習法に停滞感や行き詰まりを感じています。せっかくの英語学習へのモチベーションを起点として、どのように英語を身に着けたらいいのか?

このメール講座では、

  • 何からどんな教材を使って勉強するかという迷いが無くなる英語の学習順序
  • 英語を読むときや聞く時につい日本語に訳してしまうクセを無くす方法
  • 「ネイティブ英会話フレーズ」の暗記をしてはいけない理由

など、英語学習についてのノウハウや具体的な実践方法について解説しています。ぜひ、あなたの英語学習にお役立て下さい。

実践ガイド

無料メルマガを見る

Ai Evansエバンス愛

独学で英語を勉強し国際機関で通訳者を8年経験したのち、独立。英語でもっと人生を豊かにする英語学習コーチとして、本物の英語力を身につける方法を指導しています。
詳しいプロフィール