独学で英語の達人になれる!無料メール講座
メニュー 検索

このブログを通じてアルクの通信講座(ヒアリングマラソン、ボキャビルマラソン、通訳トレーニング入門のいずれか)をお申し込みの場合、

1.特別に受講者さんのために作成したノウハウレポート
2.気持ちが折れてしまいがちな通信講座受講を助けるサポートメール

を特典としてプレゼントしております。

この特典は完全に無料ですので、あなたに余分な金銭的負担がかかることはありません。どうせアルクの通信講座を申し込むなら、独学で英語の達人から申し込んでいただくのが一番お得です。

無料ノウハウレポート&サポートメールをご希望の方は、以下の注意事項をよくお読みの上、申請してください。

 

当ブログ限定特典プレゼントの受け取り方

1.お使いのパソコンのクッキーを有効にしてください

特典をご希望の方は、教材を購入する前にお使いのパソコンのクッキーが有効であることを確認してください。(普通は、何もしなくても有効になっています)有効であるかどうか分からない場合は、このページからご確認ください。クリックして「Cookieが有効です。」と表示されていればOKです。

無効になっていた場合、有効にする方法は、以下をご覧ください。

インターネットエクスプローラー(IE)でクッキーを有効にする方法
Firefoxでクッキーを有効にする方法
Google Chromeでクッキーを有効にする方法

なお、「クッキー(Cookie)」とは、あなたがこのブログにどこから来たのか(Google検索して来た、他の人のブログの紹介で来たなど)、何時に来たのか、何回目なのかという情報を一時的に保存するしくみのことです。

「あなた」と言っても、もちろんあなたの住所やお名前などの個人情報は私には一切知らされませんので、ご安心ください。私が把握できるのは、アルクの教材を購入した日時のみです。

 

2.私のブログを通じて教材を申し込んでください

このブログ(https://dokugakuenglish.com/)内のリンクをクリックしてアルクの販売ページに行き、通信講座を申し込むことが必要です。

以下のリンクからのお申し込みは、特典の対象になりますので、ご利用ください。

⇒ 1000時間ヒアリングマラソン

⇒ ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコース

⇒ ボキャビル(R)マラソンMUST

⇒ ヒアリングマラソン中級コース

⇒ ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!

⇒ ヒアリングマラソン3ラウンド・コンプリートプラン

⇒ 通訳トレーニング入門

 

注意!!以下のお申し込みは、特典プレゼント対象外です

1.このブログ以外のページからのお申し込み

このブログ(https://dokugakuenglish.com/)以外からの申し込みは、すべて特典の対象外となりますのでご了承ください。

なお、すでにアルクの講座を受講したことがあり、継続割引を利用される場合は、この特典と併用可能です。このページのリンクを通過して講座ページに進み、継続割引を適用してお申し込みください。

 

2.毎月チャレンジコース、お試しコース、特別コース

「毎月チャレンジコース」、「3ヶ月お試しコース」、「ヒアリングマラソン6ヶ月コース(1000時間ヒアリングマラソンのハーフマラソン)」などの短期お試しコースは特典の対象外とさせていただきます。

正規の講座をご購入の人とそうでない人に同じ特典を差し上げるのは不公平で、正規のコースで頑張ろうと決心された方に対して申し訳ないと感じるためです。ご理解いただければ幸いです。

 

3.公式ページで購入完了後、以下から特典請求してださい

講座のお申し込み完了後、下の請求フォームを送信してください。講座ごとにフォームが異なります。

⇒ ヒアリングマラソン・特典申請フォーム(1000時間、中級、kikuzo、3ラウンドコンプリート)

⇒ ボキャビルマラソン・特典申請フォーム(パワーアップ、MUST)

⇒ 通訳トレーニング入門・特典申請フォーム

※講座の申し込みをしていない方のフォーム送信はお断りいたします。

 

サポートをご利用になった方の声

これまで送っていただいたメールを一部ご紹介します。みなさん、本当にありがとうございます。
ほんとに私は幸せ者です(号泣)

M.H.さん(女性)

ボキャブラリーマラソン、完走しました!これは、何ごとも続かない私にとって驚異的な出来事なのです。

昨年の9月から、英検1級を目指してえいみさんのホームページにたどりつき、全ての記事に共感、感動して早速ボキャブラリーマラソンを始めましたが、「また途中でほうり出すんだろうな。。」と全く自分を信用していなかったというのが本当のところでした。

でも今回は違います。教材の内容の面白さにも引き込まれましたが、えいみさんのブログ、サポートメールがメンタ-、あるいはコーチングとなって、強力に私をひっぱって下さいました。

自分が幸せになるには、人からもらうばかりではなく、人に与えること。というのを読み、まさにえいみさんがそうではないかと思いました。

Y.Y.さん(女性)

そうだ!忘れそうになった!っとおもいました。

私はすぐに効果がでなかったり、私ってなんでこんなこともできないんだろう?と思うとすぐあきらめてしまいます。(特にダイエットとか。。)

こんな自分は自分でもよくわかってるので、英語を勉強するには気楽に楽しくやっていこうと決めていたのに・・・・。えいみさんのレポートを読むまであれもやんなきゃとか、私ってこんなのもできないからダメかも。。。って思ってしまいました。私の悪い癖ですね^^

なので、レポート読んでから最初に思っていた楽しんでいこうっていうのを思い出せました。

えいみさんの質問で自分をみつめなおす事ができます。英語勉強やり始めたばかりなのに、何で勉強してんだっけ?と思ってしまいます。ふぅー。危ない。危ない。また挫折君になってしまうとこでした。。。。ありがとうございます。

Oさん

まず、レポートを頂いたことに、本当に感謝致します。

ホームページでも拝見した、’自分の頑張る気持を子供だと思うこと。’このことが更に詳しく書かれており、「そうだ、なるほど、その通り」と納得しながら何度も読み返しました。そうしないと直ぐに忘れてしまうので。

「成長が目に見えなくても細胞レベルで成長している」という説明は、素直に体に入ってきて、それならば毎日栄養を与えて育って貰おうと思い、レポートを読む前よりも英語学習の継続に自信が持てました。

この事に気づけば、英語の勉強のみならず、えいみさんのおっしゃるとおり、人生の秘訣にも通じるものだと私も感じているところです。

(最近受けたTOEICの点数が悪く、ショックを受けたという内容)しかし、えいみさんのレポートを先ほど読み返し、当然の結果であるし、落ち込む必要もないと立ち直りました。かなり、楽観主義者です。投げっぱなしで育てられた子供が不良チャンになってしまうのと同じことだと。そう思い、またコツコツと育てていこうと思いました。手を掛け過ぎの完璧主義はいけませんがね。

待ちに待ったヒアリングマラソンは、3日前に届きました!早速ラジオドラマから、聞いています。とっても楽しいです。もう少しこれを聞き込んだら、 次は映画を聞く予定でいます。私も1日も早くえいみさんに追いつけるように、地道に取り組んでいこうと思います。

C.K.さん(女性)

定期的にサポートメールを下さり、ありがとうございます。私は、どうしても、楽なほうへ楽なほうへと流れて、それで勉強しているつもりになってしまうのですが、えいみさまからのメッセージを頂くと、だらけていた気持ちが、少しシャンとします。

H.K.さん(女性)

レポート読ませて頂きました。
「継続の秘訣」-まさに私のために書いてくれたのではないか、と思えるほど「あああっ」と声に出してしまうくらい、自分の状態に当てはまってました。

もとをとるために何がなんでもやる、完璧にやろう、そのためには自分に厳しくなくてはと思ってました。

T.S.さん(男性)

特典が届きましたので早速読んでみました。

完璧を求めて、「やるかやらないか」という二者択一のような心構えで何でも物事に取り組む性質でして、一日やらない日があると「なんて俺は堪え性がないんだ!!」と自己否定しまくりでやる気がなくなってしまうパターンが多いです(笑)

でもレポートを読んだりえいみさんのHPを観たりして「まずは気楽に、気長に続けてみよう!」と変っていっています。

M.N.さん(女性)

前回のレポートは印刷して手元に置き、時々読み返しております。

「捨てる記事を作ってください」と「非常事態が起こるという予測をする」は、続けるうえでとても大切なことだと実感しています。

始め読んだ時はそこまでの実感はなかったのですが、超忙しい日が続いてなかなか進められない日があり、そういう時は「あ、そういえばえいみさんああ言ってたんだっけ」と思いだし、自分を責めることなく出来ない日は出来ないで割りきることができています。これは精神衛生上とてもよいですね。

K.I.さん(男性)

レポートを拝読しました。

自分自身の英語勉強失敗談を読んでいるかのようで、まるで傷口をえぐられているような思いで読ませていただきました(よい意味で、です笑)。

冒頭で、これは人生全体にも通じる秘訣とおっしゃっていましたが、これは 大げさな表現でもなく、まさにその通りだと感じました。青二才が人生の何を知っているんだ、という感じですが。。。

教材をすべてやりきろうと思わないことが、教材を効率的に活用する秘訣であり、完璧をめざさない事が、一番完璧に向かうための近道だ、といった逆説的なことが、実は一番効率的だと自身の失敗談を通じて感じ、エイミさんのブログとレポートを読んで確信しました。

あと、ヒアリングマラソンの活用方法も、とても役立ちました。初めて何かを始めるとき、一番困るのは、最初の一歩をどう踏み出すか、だと思います。

そのはじめの一歩の大まかな踏み出し方を経験豊富な方に教えていただけるというのは、とても時間の節約になります。そ して、その方法ではじめてみて、細かなところは、12ヶ月かけて、自分でチューニングしていけばよいと考えています。

Y.N.さん(女性)

私にとって、えいみさんは、筋トレ中に、フォームを直して下さったり、あと1回って励ましてくれるトレーナーの様な存在です。今後ともよろしくお願いいたします。

M.S.さん(女性)

早速の温かいサポートメール、ありがとうございます!

脳みそに染み込むように 何度も何度も味わって読ませていただきました。ボキャビルマラソンの活用法、本当に参考になります。You can speak も始めようかと思っていたのですが、ボキャビルマラソンひとつで、本当にいろんな鍛え方が可能なんですね。半年間、これ一筋に身も心も捧げてみようと思います。

ご自分のお仕事・家事でお忙しい中、迷える英語難民のためにいつも ためになる暖かいお言葉をかけてくださり、感謝の気持ちで一杯です。遊びの方へ逃げたくなる私を 楽しく学習に導いて下さったお礼に何かしなくては、と思うのですが、やっぱり一番の恩返しは英語力をつけて えいみさんに 結果をご報告することですよね。来年は1級合格のご報告ができるように 頑張るけん~!

Hさん

いつも元気の出る、thought-provokingなサポートメールをありがとうございます。(あ、このthought- provoking.ははじめたばかりのヒアリングマラソンのPreMonth教材で出てきた言葉です。あー、身についてるなあ・・・、なんてね。)

今回のテーマ「自分のことは自分が一番分かってる」という意味、よく分かります。
はっきり分かるのが怖くて、自分の問題って直視しにくいと思います。他の人にすがるのって、楽ですよね。
でも本当に自分の目標に近づこうと思ったら、やっぱり自分のことは自分で考え、決めるのが大切だと思います。

Oさん

えいみさんが長年のご努力の末、蓄えられた秘訣やノウハウがたくさん盛り込まれていてまたまた感動してしまいました。

「おおらかに、こつこつと」、「非常時に備える」、「小さな一歩を楽しむ」など、まるで人生の指標ともなり得るお言葉が散りばめられていて、とても素晴らしいレポートだと思いました。

なるほどー、あまり力み過ぎずに取り組むことが続けるコツなんですね。私も、毎号全部やらなくちゃ!と気合を入れていたくちです。危ない、危ない・・・(フーッ)。

このレポートを指南役として、がんばって(おっと、あまりがんばり過ぎずに)取り組んでいきたいと思います。

H. K.さん(女性)

レポートありがとうございました。私は、まさに今、危険な落とし穴に落ちようとしていました。今、いろいろな意味で、心身共に疲れきっていたので、レポートを読んで、号泣してしまいました。まさに、人生の秘訣です。自分を認めてあげることですね。今まで只の一度も、通信教育をやりとげたことがないので、気楽に、とりあえず課題を毎月出すことだけはやろうと思います。とりあえずという気楽な感じで。英語に限らず、日々のこと全てを楽しむことですね。がんばるのではなく。ありがとうございました。

N. K.さん(女性)

続いている理由は、えいみさんからいただいた「成功へのヒント」を何度も読み返し、それを実践できていることが大きいと思います。

もちろん自分なりの目標に向けて頑張っていることと、語彙力が以前より確実に増えてきていると感じるので楽しく取り組んでいますが、思うようにこなせなかった日には、これまでの私なら、「あ~今日もほとんどできなかったな」と落ち込むと同時にそれを取り戻すのが面倒になり、だんだん教材を開かなくなる、、、ということが続いていました。

が、今回は自分でも驚くほど続いています。(まだほんの2カ月目ですが、、、)えいみさんからのアドバイス通り、完璧に覚えないとという気負いがなくなったことで、ほんの小さな前進でも楽しい!と思えるようになったことがとても大きいです。また、いただくメールにある数々のえいみさんや皆さんのエピソードから、私だけではないんだな、、、と思えることがとても大きいです。

そして同じように悩みながらも頑張っている方々が、えいみさんを先生とした日本全国にいらっしゃる英語クラスのクラスメート、そして同志のように思われ、一緒に頑張っていこう!という気持ちになれて、モチベーションが保たれていると思います。

こなさなければならない目先の仕事に追われて、日々過ごしてしまい、忙しいから、、、とつい自分に言い訳をしてしまいますが、えいみさんのメールを読んでは反省し、なんとかモチベーションを保っています。ありがとうござます。

(第3号の質問)1.今日のメールでの気づきは何ですか?(答え)今受けているボキャビルマラソンは、第一ステップへの到達には直接役立つわけではないだろう、、、と、むしろ文法講座の方が直接役立つと思います。そして、自分はいったいどうなりたいのか、、、が近い目標としてはありますが、現実的な最終目標がまだ定まらず、自分の中で堂々巡りしているな、、、と改めて認識しました。そして、どうしても家庭の事情(残業のある仕事はし辛いなど)を言い訳にしている自分に改めて気付きました。

2.現在のあなたは、最終目標からみてどの位置にいますか?(答え)教えることも楽しい、でもえてして狭い世界に陥りがちな講師で一生終えるのではなく、まだまだもっと社会的見聞を広めたい。それからまた教えるということもできるのではないか、、、という気持ちがあることを再認識しました。現状では空想に近くなってしまいますが、できれば海外営業部門での英語事務を経験したい。使える英語力を身につけなければ、、、と。そのためには、話す、聞く、読む、書くの四技能をもっと高め、TOEICのスコアは実力が伴わないと意味がないとは思いますが、まずは850点を目指して、それが達成できたら、まずは派遣社員として働く道をさがしたいと思います。

年齢的にかなり厳しいと思いますが、やらないときっと後悔すると思うので。そういう意味ではまだスタートしたばかりだと思います。英語力だけでなく、パソコンの知識も必要なので、それも勉強して即戦力となるよう努力したいと思います。長々と失礼いたしました。今後の自分像をゆっくり見つめ直すとてもいい機会となりました。なんだかずっともやもやしていたのが、すっきりしたように思います。ありがとうございました。

A. M.さん(女性)

いままでサポートメールを送って下さって本当にありがとうございました。

アドバイスにあったように、現在の自分に必要なスキル、勉強を目的と照らし合わせて 考えてみたいと思います。

ヒアリングマラソンは中級コースから継続して始めました。点数は若干下がってしまったものの2回目TOEICを受験した時に楽に聞きとれているのを感じたので、やはりそれなりの成果は上がっていると思いました。聞き取れる!と思っているうちに、最初の単語をうっかり忘れてしまうというまぬけを何回もしてしまったのが、やはり、体調不良に次いでの原因だと思います・・・

聞き取れても、頭に残っている時間がまだ短いのは、課題です。ヒアリングマラソンを受講中に何とか克服したいです。

私の目標は翻訳で稼ぐです。

今日初めてアメリアの応募サイトから1社、応募してみました。経験がないので、受けられる数も少ないのですがやはり、自信が無いとはいえ契約書に関しては何とか出来るのでは、と学習しているうちに変な自信が少しついたので、返事は来ないかもしれませんが自分の気持ちだけでも一歩進んでみることにしました。

それもこれもえいみさまのサイトを拝見してヒアリングマラソン中級を受講しようと思い、反対しているにも関わらずですがTOEICを受けてみようと思い、少しでも先に進んでいる実感が持てる様になったことが大きいと思います。

Tさん

いつも楽しく時にはハッとなりながら(笑)メールを読ませてもらっています。えいみさんの叱咤激励と甘い言葉で誤魔化さない現実的な言葉に挫けそうになる自分を立て直しています。

えいみさんのように、海外留学もせず国内でここまで英語をマスターしたという方がいるというのがとても励みになります。これからもビシバシ毒舌(笑)で愛のムチをよろしくお願いします。

ヒアリングマラソンはえいみさんが推奨していましたので、前から憧れていた教材でした。この1年はボキャビルもちょこちょこやりつつヒアリングマラソンに絞って英語学習をしていきます。

まだ2ヶ月目ですが、題材が多彩で飽きません。楽しく学習できます。ただ、何言ってるのかわからないのが殆どなのでカックリはきますが・・・来年の今頃の飛躍を信じてコツコツと学習していきます。

サポートメールがあると、孤独な英語学習の励みになります。

H. F.さん(女性)

私はえいみさんご推奨の「ながら聞き」を実践しています。できる時は テキストまでやる、できない時はせめてCDだけ聞くようにしています。

と言うと自分の心構えに自信を持っているように聞こえますが、これまでにも同じような心がけで勉強を続けようと試みたことは何度もありました。「とにかくできない日でも、CDだけ聞くようにすればいいんだ」と。

ところが優柔不断の性格が災いするのか頑張れない日にCDを聞いていると、ものすごく頑張っていた日のことがまざまざと思い出され、「どうせ私なんかあの時の頑張りが続けられないから力が伸びないんだよなぁ」と自分にツッコミを入れながら後悔し、せっかくCDを聞けている貴重な時間が無駄になってしまっていたのです。

ところが、先日頂いた「えいみレポート」で、「自分に寛大に」「完璧に覚えようとは思わないこと」「非常事態に備えること」と学習に余裕を持たせる大切さが繰り返されていたので、随分と励まされました。

持続的な学習とはつまり、開き直りが大事なのですね。たとえ完璧にできない日があっても、「私には続けようという意志がある。だから何が悪いんだ」と図々しく勉強しようと思いました。

お陰で、子守に疲れて子どもとバタンキューという日でも、寝かしつけながらイヤホンを入れてpower chantを聞きながら、「collateralってなんだか知らないけど、そうそうendorsementは裏書っていう意味だったわ、久しぶりに耳にしたけど、そういえばそういう単語もあったと、思い出したから今日はもう良しとしよう…」そうやって図々しく勉強していると、不思議と続くんですよね。本当にびっくりです。そして出来なかった時のことは振り返らず、時間に余裕がある日には気持よく勉強することができます。

weekend workoutも、できない時もありますが、「どうせ6ヶ月後に教材が没収されるわけじゃないのだから、講座終了後でも使い続ければいいんだ。あのえいみさんだってそうしているわけだし。」(えいみさんを「開き直り要員」として私の中で使っています(爆))そんな感じで、体育会系的に頑張っている悲壮感もなく、意外にも楽しく続いています。

M. H.さん(女性)

えいみさんのプログに刺激を受け一念発起し、1000時間ヒアリングマラソンを昨年12月から始めました。始める前は「高額な通信教育なのに続けられるかな~」と、若干の不安を抱えていましたが、えいみさんやコーチの励ましのお陰で、何とか継続しています。恥ずかしい話ですが、12月と1月は60時間弱位までしかトータルで聞くことが出来なかったので、今月(2月)からは100時間をクリアしたいと思っています。まだ、1000時間ヒアリングマラソンをしている英語効果は実感できていませんが(英語を実践できる場もないのですが)、焦らず続けていきたいと思います。

「王道に近道なし」「継続は力なり」。この2つのことわざを、えいみさんのレポートを読みながら思い出していました。3年。正直長いな~と思いましたが、その先にえいみさんがレポートに書いてくれた英語の実力がつくのなら、モチベーションを保ちつつ英語学習を楽しく続けられそうです。もちろん3年で到達出来るかはは自分の学習次第。明日からまた頑張ります! いつも分かりやすく 且つ温かいメールをありがとうございます。

Y. H.さん(男性)

一人でダラダラ勉強を続けいている中で、今回のようなメールをいただけるのは非常にありがたく、刺激にもなります。何より、僭越ながら「共感できる同志・仲間がいる感じ」がして、勉強を続ける糧になります。これからもよろしくお願いします。

勉強の成果としては、英語コンプレックスが少しずつなくなってきたことでしょうか。実力は別として、少なくとも抵抗感はなくなったと思います。日常のひとつになった感じです。

メールをいただく度、緩んだ心がシャキッとします。自分の職業柄、留学など英語力があれば仕事の選択肢や将来性が非常に広がるはずなのですが、自分の周囲には英語学習を続けている人が一人もいないため(少なくとも表面的にはいません)、続けている意味がわからなくなることが時々あります。でもえいみさんからのメールをいただけるだけで、がんばっているのは自分だけではないと感じることができます。これからも密かな心の支えにさせてください。

H. T.さん(男性)

えいみさんのレポ ートには、共感する部分がたくさんあります。そのことを、「そんなの知ってるよ(-o-)」と捉えるのと、「わかるわかる(^-^)」「そうだよね(^o^)」と捉えるのでは、全然ちがってくると思います。

私は後者で、「やっぱりそうだよね(^-^)」「よし、自分は間違っていない(^o^)」と感じながら、楽しくレポートを読んでいます。次回も、楽しみにしています☆

I. W.さん(男性)

えいみさんがおっしゃるように「楽々マスターする方法なんかない。続けることが絶対必要」なのだと思います。

とはいうものの私の机の上には英語学習のハウツーや英語の本がもう100冊以上も積まれています。いつかやりたいと思っていますが、実態は自分が今どの辺にいるのか判らなくなってもがいているような有様です。

こういうときにこのようなメールをいただいて、孤独感が薄まり自分を離れた所から見ることができて大変ありがたいことだと感じました。ありがとうございます。

K. F.さん(女性)

5回のサポートメールを通して、英語を勉強する目的や、何をすべきか、たくさん考えさせられました。

昔は、何をすべきか、よく考えずに英語の勉強をしていたので
何度も英語の勉強を再開しては挫折の繰り返しになっていたのだと思います。
今まで、いかに考えていなかったか実感させられました。。

えいみさんのブログやメルマガは、
英語の勉強だけでなく、仕事や人生に対する考え方の勉強にもなり
モチベーションがとてもアップします。

Y. I.さん(女性)

えいみさんのレポートやメールをいただくたびに、何かがつながっていっている気がしています。

今回のメールの内容・・・私は英語だけでなく、自分の人生に対して自分は「生き方オタク」のようになりかけていると、はっとさせられました。

自己啓発本やサイトを読み漁り、情報収集ばかりに時間を費やし・・・これ、私の事です。これと決めたらそれをガッとやらないと、すべてが中途半端になってしまうなと感じました。今はやりたい事が多すぎて、すべてをやろうとして、結局英語学習の時間まで少なくなってしまっていました。

英語をやるなら他人が見たら引くくらいの時間やらないと、だめなんだなと最近感じているんです。他の事は諦めて。それは犠牲にするということではなく、そのほうが本当は近道なのだと感じます。

えいみさん ありがとうございました。次回も楽しみにしています!今日いただいたメールを機に、1日の勉強時間を増やせそうです。

T. T.さん(女性)

どうやって進歩したらいいのか分らなかったのが、分るようになったのは大きな進歩で、 さらにえいみさんからのサポートメールで納得して、またさらに理解を深めることで 実践のエネルギーとすることができました。
あと、一定期間とは3年ということ、小さな成功体験をたくさん作ることなど、 目からウロコのようなことや、心では思っていても改めて考えたりしないようなことなど、 分り易いメールで配信してくださったので己の成長になりました。

また、えいみさんのように英語で仕事をされている方でも、日々の努力を怠っていないのを 目の当たりにすると、私が思うように英語ができないのもうなずける話だと思いました。

それ以外にもアルクを毎日していると、英語以外でもいい影響がでまして、なぜだか自分に自信もてるので
・人に愚痴らないようになった。
・自己責任を自覚できるようになった。
・時間を大切にするようになった。
・人の意見に左右されなくなった。
・気分よくいられるので体調もいいし、美容にもいい。
・ご飯が美味しくなった。

果たしてこれらは直接のアルク効果ではありませんが、アルクとえいみさんのメールの副作用です。 ナイスな感じで幸せです。

R. U.さん(男性)

このえいみさんのホームページに行き着くまでに、色々と調べました。その過程で、一番納得がいったので、えいみさんのオススメを参考に教材や勉強方を選んでいます。

いま、まだ勉強過程ではありますが、とても満足しています。でも、その満足感はやはり、まず自分で納得いくまで色々と調べたことも影響してるなあ、と今回のメールを読んで、思いました。

納得してるからこそ、迷わず勉強できる、だから、成果もついてくる(?)というフローです。

まだ英語の勉強を始めて1年未満、アルクは4ヶ月目ですが、(えいみさんが仰っている、3年の間に訪れる)小さなブレイクがたまーにあって、3年続ける自信にもなっています。(ほんの小さなことですが、たま英文がすっと自分に入ってくることがあり、「あー、これが小さなブレイク?」とか感じます)

A. K.さん(女性)

世の中にはいろんな情報があふれています。ネットで英語学習と検索するだけで、”聞き流すだけ・・”や”私はこれでペラペラになった!”などの魅力的な見出しがおどり、わたしの知らないすごい近道や秘密があるのではないか、今までの努力は時間の無駄だったのではないか・・と不安になります。

一番大事なコツが”継続すること”それはわかります。でも、今の自分のやり方で正しいのか、そこに自信が持てないと、継続するのも難しいです。

近道や秘密はなく、何をやってもそんなに違いはない・・とても、心強く、勇気づけられるメッセージでした。独学で通訳翻訳者になったえいみさんから出たメッセージなので、とても重みがあります。このメッセージを信じて勉強に励みたいと思います。

H. Y.さん(男性)

サポートメールありがとうございます。この迷走に迷走を重ねていたのが、道が開けるように(大げさでは
ありませんw)気持ちが楽になりました。

金言の数々が押し寄せ何かが開放されました。これは本気でそう思っています!現在いままで続かなかった英語の勉強がウソのように続いています。

K. N.さん(女性)

自分自身に問いかけて、言葉にするのって本当にいいですね。ぼ~~~~よ~~~としていた頭の中のイメージがクリアになって、問題点や、自分が結構頑張ってることにも具体的に気づけます。いつもえいみさんのメールやレポートにはほんとうに大事なことに気づかされて、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

O. M.さん(男性)

HPやメールの文章から読み取れる、英語学習に対するえいみさんの真摯な態度にいつも感心し考えさせられていました。お忙しいのに、返信メールもいただきありがとうございました。これからもがんばっていきますのでよろしくお願いいたします。

今回のテーマの「小さな成功体験を積み重ねる」は英語学習だけでなく、学校や仕事でも非常に大事なことだと私も思っています。私の前の上司から、「ウチの会社は、99%できたことより、1%でもできなかったことをことさら大きく取り上げ、それを改善することばかり注力する傾向がある(確かに改善のための会議はやたら多い)。まず、99%できたことをほめ、共有化することが重要」と言われたことがあります。部下をほめることが下手な私に対しては、「ほめるときは、他の人がいる前で多少大げさにほめろ。」と言われたことがあります。英語学習のような(どんな勉強もそうですが)地味な継続が必要な場合も全く同じで、自分の前進や後退を確認するためにも、まず、できたことを確認し、それから改善点を確認した方がよいと思いました。

M. M.さん(女性)

私は、えいみさんの「三年」という期間のことをときどき思い出しながら、過ごしていました。そして、その「三年」がとても心強く感じ、自分のやっていること、あれやこれやを思い出し、ああ、三年やってみようと考えていました。来年の二月で二年になる習い事も「ああ、あれも、もう一年やってみよう。違うことが見えてくるかもしれない、、。」などいろいろ。前向きに考える時間を与えて下さったサポートメール。ほんとうにありがとうございました。

K. N.さん(女性)

えいみ様のおっしゃる通り、私も教材オタク、学習法オタクになりかけていたのだと思います。

アルクの講座も横目に見つつ、でも自分の力でもっと安くうまくできるだろうとうろうろうろうろ…ホントにこの時間は無駄でした。(無駄とわかっただけでも進歩かもしれませんが)えいみ様のHPに出会って、そこで確信は持てなかったものの、「(高くついても)まずこれだけ投資してみよう」と思い、650点マラソンを申し込んだのが、昨年の10月です。

今では大変後悔しています、「なぜもっと早くやらなかったのか」と。元を取る、ということも本当にそうでした。英語力云々というより私の覚悟の問題ですね。

今回のメールも、今まで漠然と????としていたものを、とてもクリアに説明していただいて、また一つ、私の中の何かが固まった気がします。(すみません、またしてもわかりづらい表現で。)いただいたメールは、印刷して手元ですぐ見れるようにしました。迷った時にもすぐに戻れるように。

Yさん(女性)

続ける、という簡単だけれど本当に難しい、、、。渇を入れられました。なんとかがんばりたいです。

私、本当に英語をなめていました。
ちょっと頑張ればぺらぺらになるのではと思っていました。まさに簡単な方法を探していた気がします。
今さらながらになんてボキャブラリーがなかったのか、ヒヤリングもまだまだじゃないかって痛感しています。

まさに”続ける”が苦手な私には、英語の壁はすさまじく高いです。。。んが、なんとか頑張って外国人付秘書を目指し”続ける”をがんばります!!!!!

早く3年かかるんだよ!って渇を入れてほしかったですぅ~。
でも、今だから3年なんだなって思えるのかもしれません。前だったら、いや、3年かからない方法があるはず、と思ってしまったかも、、、。紆余曲折して、そんなに簡単に上達なんてできないんだってしみじみわかるから、あ~やっぱりそんなに、そんなにかかるんだなぁと納得することができ、そして、3年と聞いたことで、まだまだ頑張らなくてはってほんと思えます。

おっしゃるとおり、3年の覚悟ができていなかったら、1年後、2年後に、なんかこの方法では全然英語ぺらぺらにならないじゃん、って思ってあともう少しのところであきらめてしまいそうだから、3年と最初にはらをくくっていたら投げ出さないですむ気がします。

よい言葉をいただくことができてほんと嬉しいです。今までほんとにあっちこっちして、手にいれられなかった英語力ですが、今度こそ3年頑張るという気持ちで頑張ります!!!

A. N.さん(女性)

サポートメールは考えさせれる事が多く、自分を客観的にみるようにするきっかけを貰っているように感じます。
アルクの講座(私の場合はボキャビルですが)は、始める前とはではやっぱり違うと思います。劇的な変化というよりは、英文を書く際に、あーそいえばこんな時にはこんな単語を使っていたからこの単語を使おうって感じです。

M. N.さん(女性)

定期的に辛口な言葉をお願いします。英語に関して、甘い言葉が溢れている中で、冷静に現実を見つめる事ができます。TOEICに関しての過去の記事も大変感銘を受けました。えいみ様に出会えて本当に良かったと思っています。

色々な誘惑のあった独身時代よりも、私の場合、今が落ち着いて英語をじっくり勉強できると思います。

 


特典対象リンクです。

⇒ 1000時間ヒアリングマラソン

⇒ ボキャビル(R)マラソン・パワーアップコース

⇒ ボキャビル(R)マラソンMUST

⇒ ヒアリングマラソン中級コース

⇒ ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!

⇒ ヒアリングマラソン3ラウンド・コンプリートプラン

⇒ 通訳トレーニング入門