海外にいるのに日本語の語彙教材を使うなんて

特に英語圏の方たちの悩みですごく多いのが、
「せっかく海外に住んでるのに、日本語の教材なんか使うともったいないんじゃないか・・・」
というものなんですが、

日本に住んでる方でも、
「できるだけ日本語を排除して勉強したい」という人もいますし、
どうしたらいいのか悩んでいる方って、実際すっごく多いと思うんです。

ですので、今日は「英語学習に日本語を使うこと」に対する考えを
相談者さんへのお返事で書いたので、読んでみてください。

アメリカにお住まいで、ボキャビルマラソンに興味があるけど
日本語の教材を使うことに抵抗がある・・・というご相談への回答です。


***えいみの回答ここから(抜粋)***

さて、私の意見はということなのですが、
これまで読んでいただいていたらお分かりかもしれませんが、
私は日本語を完全に排除して・・・という勉強法は好きではありません。

まあ、好きか嫌いかという問題よりも、
「日本語を使った方が効率が良い場合が多い」と私は思っているので
今までも日本語を利用して勉強してきましたし、それで成果は出ています。

こう言っては身も蓋もないかもしれませんが、

「せっかくアメリカにいるという環境を生かすために、日本語の教材は使うまい」
「アメリカで早く効率よく成果を出したいからこそ、日本語の教材を使おう」

どちらも間違いではないと思いますし、
○○さんが好きな方でいいと思うんですね。

もしも、○○さんが普段から
「日本語に触れるのは最小限にとどめよう!」と
たとえば日本人とは一切話さないとか、
ネットでも日本語のサイトは見ないとか

そういう生活を送るように気をつけていらっしゃるのなら、
そのルールが崩れるのでボキャビルマラソンは
使わない方がいいのかもしれません。

でも、そうでなければ、「アメリカにいるから・・・」っていう理由は
私にはそれほど重要なことのようには思えませんが、いかがでしょうか?

○○さんの目的は、アメリカという環境を利用することではなく
最終的に欲しい英語力を手に入れることだと思いますので、
どんな方法であっても、目的地にたどり着ければそれでいいと思います。

「現地でできることにお金や時間をかけたほうがいいのでは」

ということですが、具体的にはどういうことができるのか、
それによってボキャブラリーが効果的に増えそうなのか、
それをまず考えてみてはいかがでしょうか。

それで目的が達成されそうであれば
ボキャビルマラソンは必要ないと思いますよ。^^

ボキャブラリーは、一定のレベル(英字新聞が問題なく読めるレベル)に達するまでは
ダラダラ少しずつ覚えるより、ある期間で集中的に覚えた方が
その後の英語学習が加速します。

英字新聞が読めるレベルに達したら、あとは
自分の専門分野、興味がある分野などを中心に
普段の生活の中で英語に触れながら少しずつ語彙を増やしていけばいいと思います。



私も、そうやって一時期に集中してボキャブラリーを増やしたおかげで
英字新聞がスラスラ読めたり、英語ニュースも一語一句全部聞き取れるようになったので
英語の勉強がさらに楽になりました。

とは言え、知らない単語はやっぱり出てくるので
今は毎日苦痛なく英語に触れながら、ちょっとずつ覚えていっています。^^

***回答ここまで***

この方がどういう結論に達したかというと、
現在アメリカで、このボキャビルマラソンを受講されています。

前から読んでくださっている方は記憶にあるかもしれませんが、
「●●●」の話で「なるほど!自分もそうだ!」と思ったからなんだそうです。

(答えを言っちゃうと意味がないので、記事を読んでくださいね)


●●●の話はこちら。

⇒ 「単語は英英辞書で調べろと言われますが?」


この話を以前書いたとき、「納得!」「確かに!」という感想を
かなりいただきました。

今考えてみて、なんで●●●を例に出したのか
自分でもよく分かりませんが(笑)


⇒ ボキャビルマラソン・パワーアップコース




えいみのボキャビルマラソン・パワーアップコース体験談はこちら

ボキャビルマラソン・パワーアップコース ◆「独学で英語の達人」限定無料特典あり◆

英検1級に挑戦する人には特におすすめ!単語を覚えるのが苦痛だった私でも、英検1級合格にはずみがついた教材。暗記に絶大な威力を発揮する「リズム」を最大限に使い、「ながら聞き」で英字新聞も読める語彙力が身につく、ハードだけどすごく楽チンな教材。

対象者: 英検準1級~、TOEIC800~(えいみ目安)

» ボキャビルマラソン・パワーアップコースの体験談を読む

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ