ボキャブラリーは日本語を使って効率よく

ボキャブラリー教材を使って知らない単語を初めて覚えるときは、
日本語を大いに使うべきだと私は個人的に思ってるんですね。

その方が効率がいいから。

※前々ページからの続きです。
⇒ 日本語を使って語彙を勉強する利点

ボキャブラリーは日本語の補助を上手に使って
覚えるというのが私のスタンスなので、

ボキャブラリー教材のCDも
英語「のみ」が録音されているCD教材はNGなんです。

なぜかというと・・・

知らない単語を意味も分からず聞き続けて
単語の意味が勝手に分かるようになることって、ありますかね・・・?

なかなか、ないでしょうね(涙)

だから、その教材を使おうと思ったら
テキストを見ながらしか使えないんですね。

「この英単語は、こういう意味なんだな」と
いちいちテキストで確認しなきゃならないんです。

せっかくの音声教材なのに、
ながら聞きできないなんてぇ~(涙)

致命的です。

だから、私の場合は
CDは日本語と英語が一緒に収録されているものが
ボキャブラリー学習には必須です。

英単語とその日本語訳が順番に流れることで
ながら聞きだけで単語を覚えられますからね。

テキストを見るのは、
スペルと補足情報のチェックくらいで良くなります。

そうしたら、ほとんど机にいなくても
ボキャブラリー学習ができるようになるんですよね。

通勤中とか、家事をしながらとか
そういう時間をボキャブラリーに使えるんです。

すごく効率いいと思いません?


で、例文がついてないとダメですよ~とは
前から何回もお話ししてきているのですが、

例文も、英語だけでなく
日本語訳も収録されてるのがいいんですよ。

理由は同じで、テキストを開かなくて済むから。

そうしたら、もう、ほぼ
「ながら聞き」だけでボキャブラリー学習ができてしまうわけです。

これが、日本語を介さずに英語だけで勉強しようと思ったら
なかなかこうはいかないと思うんですよね。
ながら聞きではとても無理です。

これが、「日本語をうまく使いましょう」と言っている理由です。

日本語を上手に使って
効率よくボキャブラリーが増やせる教材っていうと
もう私にはこれしか考えられません。

⇒ ボキャビルマラソン・パワーアップコース

CDだけで学習が完結できるので
正直、テキストはあんまり開いてないです(笑)

私の場合、通勤の車の中で聞きまくりました。
そしてシャドーイングしまくりました。
丸覚えしてしまったスキットがいくつもあるくらいです。

テキストをほとんど見ないという適当な勉強法でも、
それまでは英字新聞がまともに読めなかったんですが
ちゃんと読めるようになりました。

もちろん、シャドーイングをしたことで
発音と英語らしいイントネーションも身につきましたしね。

日本語を使った勉強法だからこそ
こういうことができるということです。

英語だけで知らない単語を身につけようと思うと、
机で勉強しないとなかなか難しいです。

机で勉強する習慣がある人、
それが確実に継続できる人なら
英英辞典を使って語彙学習っていうのも良い方法。

でも、結局は方法よりも「続けられるかどうか」が大事です。

続けられる方法として、
日本語を利用して、CDのながら聞きが中心にできる
語彙学習を私はお勧めします。

⇒ ボキャビルマラソン・パワーアップコース
(えいみの体験談へ)


⇒ コロケーションが重要でない単語もある へすすむ


語彙(ボキャブラリー)の勉強法の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ