日本語を使って語彙を勉強する利点

前回、知らない単語を英英辞典で調べることの
是非について書きました。
⇒ 英英辞書で知らない単語は調べろと聞きますが?

最近は特に、日本語は介入させずに
英語のままで理解しなさいという風潮がありますが、

私、えいみはまあ、端的に言えば、
「日本語を上手に利用してラクしようよ!」派です。

あなたは、何派ですか?

「日本語は排除で完全英語脳にしたい」派?
それとも、私と同じ「日本語を利用しよう」派?

私の個人的な体験から書きますと、日本語を介して英語を勉強してきたからといって
「英語脳」ができないとか、全部を日本語に訳さないと
理解できないとか、そういう不都合は感じていません。

もちろん、日本語を介さないで勉強した成果と
比較したわけじゃないので何とも言えませんが、(笑)
日本語使ってるけど特に問題もないです。


だから、自分はがっつり日本語を介して
勉強してきている過去を振り返って言えば、

日本語を介する方法そのものがいけないのではなく、
英語のままで理解する訓練がそれとは別に必要というだけなんじゃないかな、と。

・ 日本語を介さない方法で勉強する
・ 英語のままで理解する訓練をする


同じことを言ってるように聞こえるかもしれませんが
全然違うんですよね。

前のページで「ある病気」(まだの方は読んでくださいね)について書いたように、
日本語を毎日使いこなしている私たちにとっては、
日本語を補助として使った方がスムーズにいく場合が
絶対にあると思うんですよね。

少なくとも、誰が何と言おうと、私にはそうです(笑)


だから、特にまだ英語のインプットが不十分な人が
いきなり英語オンリーにする必要はないと思うんです。

より素早くはっきりと理解するために
日本語を利用するべきというのが私の考えです。


英語を英語のままで理解する「英語脳」を身につけるには
自分にとってやさしい英語をたくさんインプットして、

「日本語に訳すまでもなく理解できる」英語のレベルを
だんだんと上げていけばいいんです。


実際、私はそうやって英語脳を鍛えてきました。

英英辞書を使って無理に日本語を排除するんじゃなく、
あえて排除する必要がないくらい簡単に理解できるレベルの
やさしい英語をたくさん読んで、聞いてきただけです。



あなたは、英英辞典を使ったこういう勉強法、きっと聞いたことありますよね。

英英辞書で知らない単語を調べて、
その説明の中で分からない単語が出てきたら
その単語も英英辞書でまた調べて・・・

ってやっていたら、英語力伸びます!

この方法で英語力がつくのは、間違いないです。

ただ、それを継続的にできるか?
というのが問題なんですよね。

たま~に気が向いた時だけやっても意味がないですから。


だから、その方法が理想的なのかもしれないけど、
毎日机について勉強する時間を確保して、
継続的にやることが難しいのであれば、

日本語の補助を借りて、継続的に
「ながら聞き」で勉強した方が絶対に簡単だと私は思うんですね。


「日本語を使うからいけない」ってみんな言いますけど、

実際、通訳者は
「聞こえてきた英語を全部日本語にする」作業を毎日やっています。

でも、だからと言って
「日本語にしないと理解できない」わけじゃないです。

普通にテレビを見たりする時は、
ちゃんと英語脳に切り替わるんですよね。
いちいち翻訳せずに英語のまま理解できます。

だから、私の経験からこれは100%確信を持って言えますが、

日本語を使うことと英語脳ができるかどうかは、全く別物です。

何が正解というのはないし、
もちろん自分に合う方法を見つけるのが一番なんですが、

日本語を使った方が効果的に勉強できるなら、
大いに日本語を利用するべきだと私は考えてます。

⇒ ボキャブラリーは日本語を使って効率よく へすすむ



語彙(ボキャブラリー)の勉強法の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ