単語の習得は出合いの【質】も重要

前回は「単語の習得は出合いの【数】で決まる」ということで
何度も単語に出合って記憶に定着させることが鍵だと書きました。

ちょうど、新しい会社に入ったら
接触回数が多い人ほど名前と顔が覚えやすいのと
同じことですよね?と。

前回の記事をお読みでない方はこちらからどうぞ。
⇒ 単語の習得は出合いの【数】で決まる

で、もうちょっと
会社の同僚の名前の話を引っ張りますと。

「接触回数が多ければ覚える」とはいっても、
何回会っても、何回名前を聞いても
やっぱり覚えられない人がいるのもまた事実なんですよね。

インパクトが薄い人って、やっぱりいますしね。

でも、そのインパクトが薄い人のことを、
ある時を境に、もう絶対忘れない!っていうくらい
バッチリ名前が覚えられることも誰にでもあると思うんですよね。




それって、どういう時だと思います?





・・・





・・・・






そう、

その人に関する、印象に残るエピソードが生まれた時です。

誰も知り合いのいないはずの県外に旅行に行ったら、
あり得ない偶然でその同僚に旅先で会ったとか。

その同僚から思いがけず愛の告白を受けたとか。(笑)

その同僚、すっごく温厚そうに見えて実は
家ではDV夫らしいと噂で聞いたとか。(爆)


そういうことがあったら、

「ああ!!あの○○さん!!」

って、強く印象に残って
そのイメージとともに、その人の名前も
しっかりと記憶に定着すると思いません?


つまり、英語でも、できるだけ、そういう形で
「印象に残る出合い」を求めていかないといけないわけです。

「いつもと違うシチュエーションでの出合い」を。

う~ん、こう考えると、
なんかロマンチックですよね。(笑)

つまり。

あなたが、ボキャブラリー本を使って勉強してて、
どうしても覚えられない単語があるんだったら、

同じ方法を続けても、残念ながら覚えられる確率は低いです。

「印象」が足りないから。
「インパクト」が薄いから。



それよりも、「今までと違うシチュエーション」
その単語に出合えるように
自分から動いていくべきなんです。

単語と、印象深い出合いをしないといけないんです。

・・・でも、単語とどこで印象深い出合いをしたらいいの?
という話は、次のページでどうぞ。

⇒ 英単語と印象深い出合いを重ねる具体的な場所とは? へすすむ


語彙(ボキャブラリー)の勉強法の一覧へ戻る

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ