TOEICが採用条件になっている仕事

さきほど、ふと思い立って
「リクナビ」で派遣の仕事を見てみました。

やっぱり派遣のお仕事は激減していますね。

これを読んでくださっている方のどれくらいが
現在「転職活動中」かは分かりませんが、
無理に動かずじっくりと力を蓄えるときなのかもしれません。

TOEICの点数にこだわりすぎず
「実践的な英語力」を身につけていれば
いずれチャンスは来ると思います。

で、リクナビの話なんですが。
TOEIC900点以上っていう仕事は見当たりませんでした。

800点以上っていうのは結構あるんですけどね。

で、そのTOEIC800点以上っていう条件があるところに
書いてある注意書きって、こんなのです。

・ ビジネス会話力必須

・ ネイティブレベル

ま、まじっすか・・・_| ̄|○ ガクッ

TOEIC800点の実力が分かってないとしか
言いようがないですよね。

800点で
ネイティブレベルって・・・ねぇ(汗)

それから、
「TOEIC700点または英検1級レベル」
ってのもありました。

英検1級も見くびられたもんです。
TOEIC700点と一緒にされちゃ困ります。(笑)

まあ、結局
TOEICの実態は、あまり理解されてないということですね。

だから、どうやっても行き着く結論は同じです。

TOEICの点数にこだわりすぎることなく
実践的な英語力を身につけるしかありません。

レポートでも書いたように
TOEICが趣味なら、別にいいんですけどね。

でも、「英語を生かして何かしたい」そう思っているのなら、
TOEICの問題集ばかり解き続けているのでは時間がもったいないです。

TOEIC600点~700点くらいの人なら
基礎が固まってない可能性大ですから、その勉強法でいいです。

でも、800点台後半から900点台になったら、
もうTOEICで上を目指す必要はないんです。


900点くらい行けば
もうたいがいの採用条件はパスするので、
そこでTOEICはスッパリやめて、
「実践的な英語」の習得にシフトするべきです。

「もし、950点っていう条件があったらどうするの?」
そんな疑問もあるかもしれませんね。

950点というものが万が一あったとして、
その案件に応募したい場合、私ならこうします。


「実用的な英語の習得を目指してこういう勉強をしてきました。
 そこで、このようなスキルを身につけました。

 TOEICは900点に到達して受験をやめてしまったので
 採用条件にはわずかに及びませんが、

 貴社における職務では私が現在続けているこれこれという訓練が
 関連性が高いと思います。

 採用していただければ、必ずお役に立てると思います」

みたいなカバーレターを書いて応募。

おそらく、これで入社試験には呼んでもらえると思います。

まあ、絶対に通用するかは分かりませんけど、
少なくとも、私が採用担当なら間違いなく候補者として扱いますね。

だって、950点を採用条件にする会社が欲しいのは、


「TOEIC950点以上の人」ではなく、
「英語が本当に使える人」だからです。


そうは言っても、
現在900点に届きそうとか届いたばかりという人の中には

「この点数じゃ、まだ頼りないな~」

と思って、もっと上を目指す人もいるだろうと思います。

そういう人に「今すぐTOEICをやめなさい」なんて言うつもりはないですし、
金輪際TOEICは受けないと決める必要もないと思います。

ただ、覚えておいていただきたいのは、

今あなたが感じている「不安」は、TOEICが950点になっても、990点になっても
ずっと感じるだろうということです。


実践的な英語力を身につける努力を怠っている限りは。

だったら、実践的なトレーニングを行う過程で

「TOEIC用の勉強は全然してないけど、950点が取れちゃった♪」

っていうのが理想的じゃないでしょうか?

実践的なトレーニングとは、たとえば「瞬間英作文」。
英会話力の向上にめちゃくちゃ効きます。

⇒ 独学で英会話をマスターする術

ピンときた方は、まずは書籍でいいので手に入れて
やってみられることをお勧めします。

詳しくはこちらからどうぞ。

瞬間英作文で英会話力を劇的にアップ!瞬間英作文の具体的方法




サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ