瞬間英作文シリーズ(瞬間英作文教材の紹介)

さて、瞬間英作文でどんな教材を使えばいいのかということですが・・・・・

中学生用の問題集などをお持ちの方は、それを使ってください。

ただし、難関高校受験用とか特殊なものではなく、
普通の中学生が普通に使うような問題集にしてください。

問題集の「英作文」のところが使えるのはもちろん、
語句の整序問題とか、穴埋め問題の英語部分を隠してもできると思います。

中学生用の問題集なんて、持ってないわ~!という方は、
中学生レベルの英語知識で出来る
瞬間英作文そのものを目的とした教材
もあります。

有名だから、ご存知の方も多いと思います。

瞬間英作文シリーズ

この「瞬間英作文シリーズ」の著者は、英語完全上達マップの管理人さん。

何日もかけないと読みきれないほどのすごいボリュームで
貴重な情報がぎっしり詰まったすごいサイトです。

「瞬間英作文」という言葉は、実はこのサイトで知って、
私もこのHPで利用させてもらっているのですが、
実際の学習内容としては私の経験とほぼ同じで、
「私と同じことをした方がいるんだな~!」とびっくりしたのを覚えています。

「瞬間英作文」って、これまではあまり聞くことのなかった学習法ですが
これから急激に脚光を浴びそうな予感がしています。
そのうち学校教育でも取り入れられるようになるかも知れません。

というか、私が今度英語講師に戻ったときは、絶対生徒にやらせます。(笑)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
これが一番ベーシック。
「現在進行形」「SVOO」など、文法の項目ごとの構成
見開きで左ページに日本語、右に英語になっていて使いやすい。
CDは日本語→ポーズ→英語の順。
ポーズの間に何とか自分で英語を口に出し、次に英語を聞いて
確かめることができるようになっています。


スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
コンセプトは上の青い本と同じ。
違いは、青バージョンは同じ文型の文章が続くのに対して
これはいろんな文型・文法がごちゃ混ぜになってます。
なので、青本より実践的でハード。会話が苦手な人はまず
青い本からスタートして次にこの緑本に取り組むといいと思います。
これも上と同じパターンのCDつきです。

ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティス
パターン・プラクティスとは、例えば
「私は英語を勉強します」という基本文に対して
「私は」を「彼は」に変更したり、疑問文にしたりといった
いろんなパターンを瞬間的に作っていくトレーニング。
CDと本では変更部分の日本語しかないので、さらに
「考えなくても英語が即座に出る」という感覚がつかめると思います。


※ 目次、ページの一部、CDの試聴がベレ出版のホームページにありますので
  参考にしてみてください。


と、ここまで書籍を紹介してきたのですが、よく
「瞬間英作文の本を買ってみたのだけど、なかなか継続できないんです」
というお便りをいただきます。

どの方も、瞬間英作文を続けて、
英会話力をつけたいと考えています。

でも・・・なかなか継続できずに諦めてしまう方が多いようです。

おおげさではなく、私の英会話力は、
ほぼ瞬間英作文でできています。

だから、この勉強法が合うかもと思った方は
ぜひ継続して結果をだしてほしいと思います。

瞬間英作文でのブレイクスルー体験で書いたような、
「自分はこんなに英語がしゃべれるのか!」というワクワク感が
味わえるようになります。

きっとやみつきになります。

私は強制的に瞬間英作文をやらざるを得ない状況にありました。

でも、そのようなラッキー(なのか?)な状況にない人が、
モチベーションを保ちつつ、

結果が出るまで教材を放り出さずに勉強を続けるには・・・?

途中で瞬間英作文を投げ出す確率が確実に減る教材を
どんな英会話にもついていける究極のスピーキング上達法でご紹介しています。

詳しくはこのページで読んでいただきたいのですが、
本とは確実に異なる、継続の秘訣が隠されています。

また、きちんと取り組めば、ビジネス英語どころか
「思ったことは何でも言える本物の英会話力」が身につきます。

実際に、複数の読者さんから

「残念ながら『瞬間英作文トレーニング』の本は続かなかったけど
 これは続けるのが楽しくてすごくいいです!」

というメールが来た、このHPで一番人気の教材です。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ