英語のプロ専科:上級瞬間英作文(通訳入門)

教材レベルの瞬間英作文が出来るようになったら?


おめでとうございます!

これであなたには、どんな文法的な内容でも、時制でも、
英語に瞬間的に変換できる頭の回路ができあがりました。

あとは、この骨組みに肉付けをしていって、
さらに自由自在に英語を操れるようにするだけです。

ここまできたら、特に使うべき教材などはなく、逆に、何でも教材になり得ます。

新聞記事。
会社の資料。
パンフレット。

自分の目的に応じて、好きな題材でトレーニングをしてみてください。

例えば、「大学入試 英作文」とネットで検索してひっぱってきた、こんな文章。

文明生活には科学者だけでなく、科学を応用できる人も必要だ。
科学知識を実際に用いて、日常の必要を満たすことが大切だからだ。


受験生なら、この文章をこねくり回して
丁寧に英作文を作るんだと思います。

でも、瞬間英作文の上級者は、こんな文章を見た瞬間に英語を作っていきます。
これでもかなり簡単な方かも。

「教材用」の日本語を訳すときの感覚が抜けないうちは、

「主語がない~!何を主語にして文章を始めたらいいの?」
「文章が無駄に長い!!結局何が言いたいの?」

と、瞬間的には英語にしづらいことに驚くかも知れません。

これが完璧にできるようになる必要があるのかと聞かれれば、
「普通に」英語を話せるようになりたいのであれば、必要ありません。

ですから、人によっては
中学レベルの瞬間英作文で十分な場合もあるし、
このレベルの瞬間英作文が出来るようになってもまだ足りない、
という場合もあるでしょう。

あなたの目標と現在地をよく見極めて、
あなたにとって必要なトレーニングだと思うなら、
「上級瞬間英作文」、ぜひやってください。


上級瞬間英作文のアイデア


瞬間英作文の上級レベルに来た方への私の横着アイデアとして、
「瞬間英作文と他のスキルアップを組み合わせる」
ということを提案したいと思います。

例えば、あなたが語彙力アップに取り組んでいるとします。

おそらく語彙用の参考書などを使っていると思いますが、
それぞれの単語について、その語彙を含む例文が入っていますよね。

その例文の日本語だけを読んで、英語に瞬間英作文するのです。

たとえば、「楽しく英検1級レベルの語彙力を身につける」でご紹介した
ボキャビルマラソンであれば、

それぞれのページの左側に日本語、右側に対応する英語が書かれています。
(ちょっと見えにくいですが・・・)

この文章は、その日に習う単語を含む文章です。
これの英語部分を隠して、日本語を見ながら英作文してみるんです。

すると、あ~ら不思議!

単語も覚えられる上、
瞬間英作文のトレーニングもできて一石二鳥です!


ここまで教材をしゃぶり尽くせば、
「元は取ったど~!」という感じですよね。

(ちなみに私は、このボキャビルマラソンを
シャドーイングと同時通訳の練習にも使ってます。
アルクもびっくりのしゃぶりっぷりだと思います。)

もちろん、なかなか「瞬間」英作文はできないと思いますので、
瞬間英作文の初心者にはオススメできない方法ではあります。

でも、高校レベルまでマスターした方なら、
このくらいの負荷をかけるのもいいと思います。

英語学習は、足し算でなく掛け算でやる方法を工夫するといいです。
労力は半分、効果は1.5倍になります。


このページ執筆時点の私(2009年時点)と瞬間英作文


私は現在、仕事の会議資料やスライドなどを使って、
日本語を読んでそれを即座に英語に直すという訓練をしています。

また、会議でよく使う表現などを、下のようにエクセルシートにまとめて
瞬間英作文に使っています。



まあ、見ていただければ分かりますが、
英語のレベルは全然高くありません。(笑)

せめてこういう基本表現は、
何も考えなくても瞬間的に出るととても楽なので、
瞬間英作文の一環としてやっています。

これまでの中学・高校レベルの瞬間英作文が、
一般的な万人向けのものだったのに対し、
このエクセルシートのような瞬間英作文は、
私自身の目的に応じたオリジナルです。

それぞれが、自分の目的に合わせてオリジナル教材を作るといいと思います。


瞬間英作文で通訳入門


実は、この瞬間英作文自体は、通訳トレーニング法でもあります。

通訳の場合、会議の資料を開始数分前に渡され、ほとんど初見で
その資料にそった会議の通訳などをしなければならないことも多いです。

だから、通訳であれば、瞬間英作文のスキルは必須。

会議の資料を直前に渡された場合はともかく、
日本語を「読んで」一瞬で英語にするのは
通訳とはちょっと違うじゃないかと思う方もいるかもしれませんが・・・

「この人の言いたいことは何だろう?」と、発話の趣旨を瞬間的に捉えて
それを英語に変換していくという過程は、
日本語を読むのであろうと聞くのであろうとそんなに変わりません。

通訳を目指す方は、やっておいて絶対に損はないトレーニングです。

というか、必ずやるべきだと思います。
一緒に頑張りましょう!

瞬間英作文をやるときの注意点、
これを気をつけるのと気をつけないのでは大違いです。



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ