フレーズの丸暗記では英語は話せるようにならない!

919bef8573b9b72310ad641cdb25f994_s

・丸暗記したネイティブフレーズで人間関係にひびが入るかも?の続きです。


前回、「Beats me.(知らないよ)」という
いわゆるネイティブ表現を例に挙げて、
ネイティブ表現集から丸暗記したフレーズを
使うことが危険なことを話しました。

「危険だから使わない方がいい」という言い方って
とても消極的に聞こえると思うので
誤解はしていただきたくないのですが、

私が言いたいのは、あくまでも、
「必ずしも使うことを目的として訓練する必要はない」
ということです。



あなたが

「ネイティブ表現をたくさん暗記すれば
 英語を話せるようになる」

と思っているのであれば、それは大きな誤解だし、

意味を知っていなければ
思いつきもしないようなネイティブフレーズを
たくさん使えるようになる必要なんてないのです。

「聞いて(読んで)意味がわかれば十分」
そう、気楽に考えてください。


自然に口をついて出てくるくらい、あなたになじんだフレーズなのであれば
それが思いついたのなら使えばいいです。

少々その場にふさわしくない表現かもしれないとしても
それしか頭に浮かんで来なかったのなら
言うべきことを黙っているよりはずっといいです。

決して、「覚えてはいけない」「使ってはいけない」と
禁止しているのではありません。


そう前置きした上で。

ネイティブ表現を書籍などから丸暗記して
それを使ってみることが危険な理由は、

その表現が使われるシチュエーションや話者の心情が分からない

からです。


ネイティブ会話表現集によっては
「これはやや乱暴な表現なので使い方に注意」とか
親切に書いてある場合もあります。

そういう注意書き、見たことありますよね?

でも。

「乱暴な表現なので注意」って言われても
「じゃあ、どういう場面だったら使っていいの??」って
かえって困りませんか?

私だったら、
「いつ使っていいか分からんし、もういいや!」って
その表現を身につけるのが億劫になります。

だって、ふさわしい場面をどう調べていいか分からないし、
あえてリスクを冒してその表現を使うことで
相手を無駄に嫌な気持ちにさせたくないですから。

でも、そういう注意書きがあるのはまだマシな方で
私が知る限り、ほとんどのネイティブ表現本やサイトは
「さあ、今すぐあなたも使ってみましょう!」ってものばかりです。


いやいやいや!!
それは違うと思う!!

自分が使っても不自然でも失礼でもないと確信があって
その表現がよく使われる場面をちゃんと知っているなら
もちろん使えばいいですよ??

でも、自信が持てない表現を
丸暗記して使ってみようとするやる気があったら、
同じことを意味する、あなたが知っている表現を
普通に使えた方がずっといい。

私はそう考えます。
あなたも、そう思いませんか?


とはいえ、丸暗記しても大丈夫というネイティブ表現本もあります。
どんなものだと思いますか??

それは、特定のシチュエーションに特化したもの。

たとえば、
「ビジネス英会話表現集」とか
「旅行英会話表現集」とかですね。

当たり前ですが、ビジネス英会話の本に
ビジネスにはふさわしくないカジュアルすぎる表現が
入っていることはありません。
(あ、でも、「親しい同僚との雑談」とかは要注意ですが)

私も、そういう本を一冊買って職場に置いています。

たとえば、パーティーなどの行事で司会の通訳を
しなければならないとき、たいていそういう本に
「パーティーでの会話」みたいな項がありますから、
そこを重点的にチェックします。

ビジネスのパーティーでよく使う自然な表現を調べて
暗記して通訳に臨むこともあります。

パーティーの司会ですから、日本語の直訳ではなく
その場にふさわしい英語が言える必要があると思うので。


でも、それはあくまでも「その場しのぎ」であって
暗記で英会話ができるようになるとは私は全く考えていません。

というか、できるようにならなかったですからね・・・
(経験者は語る)



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ