フィリピン人の英会話の先生が強い訛りで正直ちょっと不快になります



「いっぱい聞けて~いっぱいしゃべれる♪」のはダメ英会話学校のページで、
フィリピン英会話を練習試合として使うことをお勧めしましたが、
フィリピン人が先生の英会話レッスンについてご質問をいただきました。

> スカイプのフィリピン人による英会話レッスンをどう思われますか。

> 中には割と発音のきれいな方もいるのですが、
> 強い訛りやイントネーションをもった人もとても多いです・・
> 正直ちょっと不快になることもあります。


> ただ、ネイティブでない人とも英語をツールとして
> コミュニケーションをとる練習をする場としては、
> とてもいいと思います(格安ですし)。

> 実際いろいろな国の人とコミュニケーションをとろうとするとき、
> 訛りはつきものですから。

> でも、子供にはあまり受けさせたくないと感じます。
> 子供は耳から入る音をそのまま素直に覚えていくので、
> やっぱりネイティブの音を聞かせたいと思うんです。


フィリピン英語は私たち日本人が「英語」と思っているものと
いろいろ違う部分もあるようですね。

一応、フィリピンでは英語が公用語とされていて
高等教育では英語で授業が行われ、ニュースも英語です。
(英語「オンリー」ではない場合も)

私が大学時代に留学生ボランティアをやっていた時は、
ネイティブレベルの英語を操るフィリピン人の友人が複数人いました。

訛りもなく、聞きやすい英語でしたよ。
まあ、日本政府の奨学金を獲得したエリートだからなのかもですね。

まず、「訛り」というのは、
実は「ネイティブ」かどうかが問題ではなく
その人の出身地や学歴などに左右されることです。
私も広島なので日本語のイントネーション訛ってますよ(笑)

他県の人にはよく指摘されます。
別に「じゃけん」とか連発してるわけじゃないのに。

私がよく観ているイギリスのテレビ番組では、
イギリス北部出身の若い女性ゲストが
(私にとっては)強烈な発音で話すんですね。

「away」は「アウィー」、「up」は「オップ」、
「myself」は「ミーセーフ」とか。

イントネーションにしても、
文章のアクセントの置き所がアメリカ英語と全然違って、
聞き取るのにとても苦労しています。
その方はもちろんイギリス生まれ、イギリス育ちのネイティブです。

ちなみに、この人です。

(訛りが強いのは右側の女性。左側の女性は標準的なイギリス英語だと思います)


「ネイティブ」=「標準的なアメリカ英語」ではない

日本人だって、「ネイティブの日本語」を操る人が
関東の人なのか、関西の人なのか、東北の人なのか、九州の人なのかで
訛りが全く違うのです。(同じ国でもそうなのです!)

いろんな国に「ネイティブスピーカー」がいる英語では、
日本語よりさらに多様性があっても、全く不思議なことではありません

なので、「ネイティブかどうか」を気にするより
(もちろん、英語の先生として不適切なほど英語力が低い非ネイティブは問題外ですが)
その先生が持つアクセントや訛りが自分にとって受け入れられるかどうかで
決めれば良いと思います。

この質問者さんが「ネイティブ」とおっしゃるのが、
日本人に最もなじみのある「標準的なアメリカ英語」の
発音やイントネーションを指すとすれば、
(もちろん、アメリカ英語だって訛りはいろいろなのであくまで「標準」で)

「標準アメリカ英語以外の訛りを持つ人」を
英会話の先生に選ぶかどうかは、あなたの目的次第で良いのではないでしょうか?


たとえば、あなたが将来フィリピンに赴任の予定があるとか
仕事で接する外国人は欧米系の人よりもアジア圏の人が多いなら、
私はむしろフィリピン英会話の方が適していると思います。

多少独特なアクセントも、「慣れ」の問題ですから
仕事において役立つでしょう。

長くなってしまったので、
お子さんにフィリピン英会話レッスンを受けさせることなどについての
私の考えは、次のページで。


おすすめオンラインスカイプ英会話レッスンサービス一覧


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ