オンラインスカイプ英会話レッスンで元を取る方法

33d33aff05c2d243e85966239e333e57_s

英会話レッスンと言えば、
何の準備も心構えもなくとりあえずレッスンに行って
(スカイプレッスンならパソコンの前に座って)

さあ先生!私に英語を教えなさい!!

というスタンスで授業を受ける人がほとんどだと思います。

でも・・・
それじゃダメなんですよね。


大切なことですが、まずあなたは
先生に「教えてもらう」という受身の態度ではなく
「この時間を最大限に有効活用するぞ!」という意気込みで
積極的に参加することが絶対条件です。


たとえば、あなたは何となく疲れていたり面倒だったりするせいで
いつも受身で、先生に任せっきりにしていませんか?

先生:「この週末は何した?」

あなた:「特に何も・・・」

先生:「今度の休みは何か予定ある?」

あなた:「いつもと同じです」

とかいう返事は、
言うまでもなくダメダメです。

いや、決してやる気がないわけではないのだけど
いろいろ込み入った内容を伝えるための英語力がないから
「ほんとは予定あるけど、英語で言えないからないことにしとこう・・・涙」
となってしまう場合もあるかもしれません。

でも、そんなんではお金がほんとに無駄なので、
少しくらい大げさでも嘘でもいいから、
話を膨らませて少しでも多く英語を話すことを考えるべきです。

ええ、別に嘘ついたっていいじゃないですか。
悪意があったり、明らかにおかしい嘘じゃなければ。

英会話レッスンの目的は、あなたが話せるようになることですから。

込み入った内容を伝える英語力がないのなら、
「今日は先生にこの話をするぞ!」
と毎回準備をして行きましょう。


オンラインスカイプレッスンの有効な使い方

あなたがオンラインのスカイプレッスンをやっているのであれば、
同じ先生を毎回選べるとは限らないですよね。

でも、それを逆手に取ってしまえばいいのです。

たとえば、今までレッスンを受けたことのない先生だと
最初に自己紹介をして、自分の仕事や家庭のことなどを
話すことになると思います。

最初はオドオドして
自分の仕事の説明をするのも苦労すると思いますが、
違う先生に対して何回も自己紹介をさせられていると、
そのうち慣れてきますよね?

この原理を利用します。

レッスンの内容を先生にお任せするのではなく、
自分の仕事や興味のある分野に関連した
トピックや、スピーチ、プレゼンなどを
こちらから提案してレッスンに取り入れてもらいましょう。

たとえば車関係のお仕事をなさっているのであれば、
それに関連した時事ネタを要約して自分の言葉で説明してみる。

お花が趣味なのであれば、
「生け花」の作法や特徴、魅力についてプレゼンしてみる。

英語が日常的に必要な仕事への転職を目指しているなら、
自分の職務経験や目標、強みをプレゼンしてみる。

こんな感じです。

もちろん、いきなりはいどうぞでは話せないと思うので、
最初は原稿を書いて用意しても構いませんが、
先生に話すときはそれを読み上げてはいけません。

できるだけ、自分の言葉で説明できるように。

で、こんな感じで自分でトピックを提供して
レッスンで話をさせてもらった場合、
一人の先生に対しては普通は1回やれば終わりですが、
先生が複数いるなら、先生の人数分の回数練習が可能なわけです。

最初の先生にもらったフィードバックをもとに、
同じトピックで別の先生を相手に話してみたらいいのです。

レッスンの後は、忘れないうちに
先生に教えてもらったフレーズをノートに書き留めたり、
「次はこの話題も入れてみよう」とプレゼンの内容を膨らませたりと
復習もしておきましょう。


これを何回もやっていれば
先生ごとにいろんな視点のフィードバックもあり、
自分がだんだんと話し慣れてくるのもあり、
その特定のトピックについては、かなり話せるようになるはずです。

こうやって自主的に自分の話したいことを練習・実践するのが
私は最も効果的な英会話レッスンの使い方だと思います。

受け身ではなく、自主的に。
そうでなければ、いくらレッスンを受けても
スラスラ話せるようにはなりません。

何度も言っていますが、英会話レッスンは練習試合。
あくまでも「あなたが話す場所」です。

せっかくお金を払うのだから、しっかり活用しましょう!

     ↓

おすすめオンラインスカイプ英会話レッスンサービス一覧


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ