英会話学校に行っても話せるようにはなりません!

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

私の元には、
「英会話学校に3年通いましたが、
 結局英語を話せるようにはなりませんでした」

といったメールがたくさん届きます。

「英会話学校の年間数十万という契約をした時に
『ああ、これで来年は私もペラペラになれるんだ』
 と思っていたけれど、そんなことは全くありませんでした」

という方も。

で、その理由として結構多くの方がおっしゃるのが、

「私が飲み込みが遅いから・・・」とか
「先生と合わなくて・・・」とか

なんですが、はっきり言わせてもらいます。

あなたが英会話学校に通っても英語が話せるようにならないのは、
あなたの飲み込みが遅いからでもないし、先生が下手だからでもありません。

練習時間が少なすぎる!!

ただそれだけです。


英会話レッスンの捉え方を間違っている人が
とても多いので、当たり前の話をしておきます。

英会話の先生と週に1時間レッスンしたくらいで
英会話が上達するなんてことは有り得ません。


いいですか?
重要なことなので、繰り返します。

英会話の先生と週に1時間レッスンしたくらいで
英会話が上達するなんてことは有り得ません。

週1回のレッスンだと、月でたった4時間です。
仮に週3回だとしても、月12時間。
たった半日分にしかなりません。

しかも、

週に1時間の英会話レッスン時間があるとして、
あなたはその1時間、話しっぱなしですか?

違いますよね?

先生が半分くらい話しているかもしれないし、
グループレッスンだったら、他の生徒の話を
聞いている時間だってたくさんあるでしょう。

だとしたら、1時間のレッスンでも
実際にあなたが話している時間なんて、
10分あるかないかじゃないですか?

週に10分話したくらいで、ほんとに上手になるんですかね?

・・・なるわけないと思いませんか??(苦笑)

私は、英語が話せるようになるまでに
めちゃくちゃ練習しました。

当たり前ですが、
英会話の本を読んでどうこうとか
CDを聞いてどうこうではなく、

英語を実際に声に出しまくりました。

それをしなければ、今も
全然話せないままだったと確信しています。

(私がやった具体的な英会話のトレーニング法の説明はここからどうぞ。)

英会話の先生との会話の練習は
日頃の自主練習の成果を披露する場と考えるべきです。

大事なことなので、繰り返します。

英会話レッスンは、
日頃の自主練習の成果を披露する場です。

英会話レッスンは、
日頃の自主練習の成果を披露する場です。

英会話レッスンは、
日頃の自主練習の成果を披露する場です。

大切なことなので、3回繰り返しました。

たとえば、
野球の試合にだけ出ても野球って上達しませんよね?

試合で成果を出すためには、日頃の走りこみとか
素振りとか、そういう地道な努力が欠かせないわけです。

英語もそれと全く同じ。

1時間のレッスンを週に1~2回受けたくらいで、
ペラペラになることなんて、絶対にありません。

絶対に。

そんなにレッスンの効果がすぐに出るなら
日本人の英語学習者さんは
誰もこんなに苦労してませんから・・・


じゃあ、どうすれば英会話が上達するでしょう?

それは、あなたが家でどれだけ声を出して
練習するかにかかっています。

英会話学校で先生の前で話す時間の
何倍も何十倍も、一人で話す練習をするのです。


あなたは、毎日声を出して会話の練習をしていますか?

声を出しての自主練習をしていないのなら、
練習せずに試合にだけ出てるのと変わりません。

残念ながら、そのままでは、
今後もあなたは負け続けるだけです。

必ず、毎日声を出して練習しましょう。


シャドーイングをやるといいですよと前からお勧めしていますが、
シャドーイングがどうしても難しければ音読でもいいです。

英会話のCDつきの教材(書籍)などを1つくらいはお持ちだと思いますので、
それを感情をこめて音読をしてください。

出来れば、1日に30分は英語を声に出す時間を作りましょう。
少なくても、15分は欲しいです。

英会話の練習は、相手がいなくても
やるべきことはいくらでもあります。

むしろ、相手がいない場所での練習こそが重要だし、それが土台になります。

英会話の先生との会話は、練習の成果を出す場。

それ以外の時間は、自分で英語を聞いたり
音読したりという作業をコツコツと続けることが重要です。

英会話学校に過度な期待を持つのはやめて、自主練習に励みましょう。



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ