「自然な表現を使いたい」から「通じればOK」にハードルを下げよう



私は、メール講座の中で
文法講座の受講者さんに文法サポートを行っています。

私としては、

「この文章の構造がよく分からない」とか
「この文法項目のここがよく理解できない」とか

そういう文法に関する質問を想定していたのですが、
実際にかなり多いのが

「この文章はネイティブに自然に聞こえるでしょうか?」
「ここはAとBのどちらがよりナチュラルでしょうか?」

といった、
「ネイティブらしいか」「ナチュラルか」
を気にする質問なんですね。

で、私が分かる限りで
どちらがナチュラルかという答えは言いますし、
ネイティブである夫に意見を求めて回答することもありますが、
私がいつも必ず言うのは、

「ネイティブだって、何を自然と思うかは人それぞれ違います。
 そもそも私はネイティブではないので、厳密には分かりませんし。
 それに、ナチュラルかどうかは、人に教えてもらうものではありませんよ」

ということです。

もちろん、決まった言い回しがあったりして
ネイティブらしいかそうでないかがはっきりしている問題も多くあります。

そういう場合だと、私も自信を持ってお答えできますし
それなら話は簡単です。

でも、言語ってそういう単純なものではないんです。

数学のように、答えが一つに
決まっているわけではないんです。

たとえば、私の職場で
ネイティブAさんが書いた英語の文章を
ネイティブBさんが修正するという状況だって、普通にあります。

で、Aさんが書いた文章が明らかにまずくて
Bさんの文章の方が良いとAさんも納得できるならいいですが、
そうではないことがほとんどです。

日本語でも、こういうことはよくあるでしょう?
何を良い文章と思うか、人によって個人差がありますよね?

「この文章の方が自然だ」「こっちの方がいい」っていう感覚って、
そのくらい不確かなものなのです。

この職場の件は、AさんもBさんもアメリカ人で
出身州も近く、どちらも男性で、同年代。
どちらも優秀な人だし、文章力も高いです。

それでも、こうなのです。

その上、「ネイティブ」と一言で言っても
日本語のように日本人しかいないならまだしも、
英語だと「ネイティブ」の住む国もバラバラだし、
同じ国でも学歴もいろいろ、年代でもいろいろ
なんです。

それを、
「これはネイティブらしい言い方か?」と
全てにおいて気にしていたら、泥沼だと思いませんか?

絶対的な正しい答えなんてないんですから。


私自身、今では英語学習者さんに
「この表現はナチュラルですか?」という質問をされても、

「こういう言い方をよくします」
「文法的に間違ってはいませんが、めったに聞かないです」
「これで通じなくはないですが、
 ネイティブは『何か足りない』って感じるはずです」

という、私自身の感覚からの答えがある程度できるようになりました。

でも、こうやって一応の「ネイティブ感覚」が身についたのは
ネイティブに逐一、

「この表現はネイティブらしくない」
「こういう言い方が自然だ」

と教えてもらったからではありません。

どうやってネイティブ感覚を身につけたかというと、
「ネイティブの英語にたくさん触れてきたから」です。

(正確に言えば、私がインプットしているのは
 アメリカ英語がほとんどなので、
 私の「ネイティブ感覚」は他の英語圏では必ずしも通じないでしょうけど)

「こういう言い方ってネイティブらしいの?」
という疑問を、いちいち他人にぶつけていても
らちがあきません。

そうではなく、大量のインプットの積み重ねの結果

「何となく、ネイティブはよくこう言っている気がする」
「何となく、こういう言い方はネイティブはしない気がする」
「何となく、この場面にふさわしいのはこの表現な気がする」

ということが、「何となく」分かってくるのです。

「感覚」ですから、「何となく」なのです。
正解なんてないのです。

では、私たち英語学習者は
「大量のインプットの結果、ネイティブ感覚が身につく」まで
どうすればいいのでしょうか?

これは、私の英会話力のブレイクスルーのきっかけになった
本当に本当に大切なことなので、
絶対に覚えておいてください。


それは、

「自然な言い方で話したい」から「通じればOK」に
ハードルを下げることです。

ナチュラルかどうかは、
あなたがまずは英語を不自由なく話せるようになった後で
気にするべきことです。

通じればOK。
これを、今日から呪文のように唱えてください(笑)

そして、
「ネイティブに笑われるんじゃないか」
「自然な言い方ができないと恥ずかしい」
という呪縛から、解き放たれてください。

「誰が」「いつ(どこで)」「どうする」さえしっかり伝えられれば、
少々不自然な言い方でも、大丈夫です。
ちゃんと通じますから。

ちゃんと通じる英語を話すには、
文法的に正しい英語を話せばOKです。

文法が破綻していると、語順がぐちゃぐちゃになったり
日本語のように主語がなくなってしまったりします。
それだと、英語としては意味不明になります。

でも、とにかく文法的に通じる英語なら
多少不自然であっても、通じないことはありません。

「自分の英語で通じるかどうか判断できない」
という場合は、文法の復習をもう一度やりましょう。

と言っても、難しい文法は必要ありません。
中学レベルと、高1レベルまでの基礎的な部分でいいです。

あとは、その文法ルールに対して
きちんと単語を乗せていけば、絶対に通じますから。

というわけで、
まずは「通じればOK」
これを覚えておいてくださいね。

ネイティブらしい英語かどうかは、
ペラペラになってから心配すれば十分です。



サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ