YouCanSpeakと英会話コエダス・アドバンスの違い

YouCanSpeakと英会話コエダスアドバンスの違いについて
ご質問をいただきました。


—– 件名 —–
スピーキングの教材について
—– 現在の英語レベル(教材・勉強法のご質問の場合) —–
TOEIC 840 (R:390 L:450)
—– メッセージ —–

アルクのコエダス・アドバンスと、えいみさんお勧めの
YouCanSpeakで悩んでいます。

(略)

元々、英語を話すことに抵抗はなく、
ネイティブやバイリンガルの友達がいた時期もあって
学生時代は日常会話はちょこちょこ話していました。
(留学経験はありませんが幼い頃に英会話をやっていたのもあり)

そのことは、ちょっとした自信だったりしたのですが
最近、全く英語を使う機会がなくなってしまい、
英語を話すことに対してどんどん自信をなくす自分がいます。

先日、会社(英語を使わない仕事)で偶然、外国人の方からの
電話対応を頼まれ、久々に英語を話したら、
簡単な文が出てこないし、焦って聞き取れないしで、
とても落ち込みました。

もちろん、語彙もリーディングもヒアリングも
まだまだ十分(何を聞いても読んでも分かる)というレベルでは
ありません。

ですが、それらは、今後の課題は何となく見えていますし
色んなメディア等を使って、自分に合った学習方法を探すことが
できるような気がしています。

それがスピーキングにおいては、とにかく機会がなく、
日常生活に取り入れていく、ということもできません。
ですが自信の源だっただけに、このままにしておきたくありません。

と、いう経緯があって、スピーキングもちゃんと鍛えなければ!
と考えているところです。(長文すみません)

今はとにかく、いざ、話す場面が訪れたときのために
話すことに慣れておきたい、英語の筋肉を鍛え直したい、
という感じです。

それで、HPを拝見する限り、えいみさんお勧めのYouCanSpeakは
私の目的を満たせるものだと感じているのですが、、、

お試し版をやった感じで、画面を見ての単純作業で
特に〆切などもない、ということで、
途中で飽きてしまうのでは、とちょっと心配しております。

なにせ私はとんでもない飽き症で、いわゆる机に向かう勉強が
心の底から得意ではありません(苦笑)

それで、コエダス・アドバンスは添削〆切や学習計画など、
ある程度の拘束感がありつつ、色んなシチュエーションがあり、
YouCanSpeakと同じような効果が得られるものかな?と
天秤にかけているところです。

そこで、、、

ずばり、この2つに、大きな違いがあるなら何でしょうか?

レベル、向いている性格、費やす時間、などなど、
えいみさんの観点で、何か少しでも、ほかに決め手に
すべきことがありましたら、参考に教えて頂ければと思います。

正直、実は自分の性格を考えて
コエダス・アドバンスに傾いているのですが、
えいみさんのお勧めを素直に聞かなくて、あとで結局
YouCanSpeakに行き着くことになったら勿体ないな、というのが
本音だったりします。(ワガママですみません)

厚かましい質問を、長々と失礼いたしました。
これからも、メルマガなど楽しみにしております!


(えいみ回答)

YouCanSpeakとコエダスアドバンスの違いですが、
よくぞ聞いてくださいました!
これが、全然違うんですよ。

・ コエダスの方は、「様々なシーンでの英会話表現の習得」
・ YouCanSpeakは、「文を自力で組み立てる技術の習得」

に重点が置かれています。
レベルで言えば、コエダスアドバンスより
YouCanSpeakが難易度がかなり上がります。

コエダスは、日常やビジネスの様々な場面で
「よく使われる表現」をまず覚え、その中の単語を入れ替えたりしながら
その表現を自分のものにしていくというのが基本です。

つまり、「決まり文句」的な自然なネイティブ表現を
たくさん身につけて、シーンによって応用していくというのが目的
です。
ビジネスや友人との会話でよく使われるいい表現が身に付くので
英会話の幅が広がりますし、リスニングにも役立ちます。

一方、YouCanSpeakはというと、
この教材で出てくる表現や文章は、それ自体を覚えるとか
習得するといったことが目的じゃないんですよね。
ひたすら「ありとあらゆる英文を作り出す」ことに徹する教材です。

特定の表現を学ぶのではなく、文章の基本構造(文法)をもとに
英語を瞬間的に、自由自在に組み立てられるようにするのが目的
です。

だから、この教材の中には多少不自然な表現があったりしますし
それに不安を覚える方もいらっしゃるんですけど、
私がいつも言うのは、

「表現を暗記することが目的ではないので、
 不自然とか心配しないでください。
 文章を自分で組み立てる力をつけることが目的ですから」

ということです。

そういう意味で、これら二つの教材は、
かなり性質が異なりますし、得られる効果も違います。

どちらがいいかというのは人それぞれなので
一概には言えないのですが、

コエダスアドバンスは、
ネイティブらしい表現をたくさん身につけたい人

YouCanSpeakは、
ネイティブらしいより「どんなことでも英語で言える」ことを
優先したい人
に向いています。


私の個人的な話をすれば、通訳という仕事をしていると
もちろん自然な英語を話すことも重要なのですが、
それ以上に、「どんな内容でも一瞬で英語にできる」ことが最優先です。

ですので、私はYouCanSpeakに代表される「瞬間英作文」を
重点的にやっていて、ネイティブらしい表現の習得は
日常の職場での会話や映画などから拾う程度にしています。

あとは、コエダスのような英会話のCDを車の中で流して
シャドーイングをしながら表現を身につけています。


ネイティブ表現を習得していくことも
スムーズな英会話には重要ではあります。

でも、特定の表現を身につけただけでは、
必ずそれでは表現しきれない内容が出てきてしまいますよね?

一方、瞬間英作文では、カバーできない分野はありません。
自力で英文を組み立てるトレーニングだからです。


ですので、「現時点で」どちらがいいかというのは
○○さんの目的とレベル次第ですし、
確かに飽きずに出来るかという要素は重要なので
コエダスにより興味を引かれるなら、そちらでいいと思いますよ。

ネイティブ表現の習得と応用は、英会話には重要ですので。

でも、最終的には、英語を自由自在に話せるようになるには
この瞬間英作文的なトレーニングは必須と私は考えています。
(YouCanSpeakを使うか使わないかは別として)

だから、

「ネイティブ表現をたくさん覚えてみたけど
全然言いたいことがすらっと言えないなぁ・・・」

という段階に来たときが、
瞬間英作文を始める時期なのだと思います。
英会話を続けていれば、その時は必ず来ますので。


ですので、

「文法は大丈夫、英会話表現集などもやったけど話せない」
という場合はYouCanSpeakがいいと思いますし、

YouCanSpeak

「とりあえず今は土台となる英会話表現から身につけたい」
という場合はコエダス・アドバンスかなと思います。


コエダス・アドバンス

○○さんがおっしゃっているような
費やせる時間や性格などという問題もありますけど、
それよりこの大きな目的の違いが一番重要なので
その内容を中心に書かせていただきました。





えいみのYouCanSpeak体験談はこちらから

YouCanSpeak英語力スピーキング特化システム ◆独学で英語の達人限定無料特典あり◆

独学で上級レベルの会話力を身につけるには「イメージをそのまま英語に直す」以上に効果的な方法はありません!単なる日常会話用の英会話教材はたくさんあれど、これは本気モードの体育会系。トレーニング時間は、なんと英会話教室の授業の約4年8ヶ月分。

対象者: 英検準1級~、TOEIC700~(えいみ目安)

⇒えいみのYouCanSpeakの体験談を読む

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ