暗記してしまったフレーズも、あなたの財産です

この記事は、
YouCanSpeakを毎日やっていたら暗記してしまいませんか?
の続きです。

いつも、「暗記してしまったら意味なくないですか?」
という質問をいただくたびに

「いや~、そんな心配するほど素晴らしい記憶力があってうらやましい!!」

と私はひそかに思っています。

・・・と書きましたが、同時に

「やる前からグダグダ言わず
 丸暗記するほど本気で頑張ってみればいいのに!
 そこまでやって英会話が上達しないはずないから!!」

これが、私の偽らざる本音です。

もちろん、高い教材を買おうか検討しているからこそ
そういうご心配があるのはよく理解していますし、
質問者さんたちを批判しているのではありません。

ただ言いたいのは、
ほんとに暗記するほど何度も繰り返せば嫌でも上達する!
ということなんです。


瞬間英作文は、暗記してはいけないのですが
最強の英会話勉強法!瞬間英作文のやり方と効果をお読みください)
これは、暗記することを目的に、というか
「頑張って覚えるぞ!」というやり方をしてはいけないというだけです。

でも、別に覚えようと意識しなくても
覚えてしまうことってたくさんありますよね。

普段よく聞いている英会話のCDを、
別に丸暗記しようとしたわけじゃないけど
何回も繰り返し聴いたりシャドーイングしていたら、
自然に覚えてしまうことなんて、あなたもきっとよくあるはずです。

そうですよね?

そういうのは、全然気にしなくていいですので、
ぜーんぜん心配しないでください。

むしろ、そのくらい真剣にやり込まないと
英語力なんてつきません。
そう思いませんか?

今、高い英語力を持っている人は、誰でも
同じ教材をボロボロになるまで、丸暗記するほど真剣に
取り組んだ経験があるはずなのです。

そのくらいやればいいのに、とそう思うわけです。


もちろん、暗記オンリーだと言えることに限りがあるし、
応用がききませんから、英会話ができるようになりたい人は
暗記中心の勉強をしてはいけません。

でも、何度も繰り返すうちに覚えてしまったりするのは
全く問題ないし、真剣に勉強していたら当たり前のことです。

私自身、英語を話すときには、
必ずゼロから英語を組み立てて話しているわけではありません。

教材を何度もやるうちに暗記してしまった熟語や、
海外ドラマをいつも見ているうちに覚えてしまったフレーズを混ぜて
(意識して混ぜようとしているわけではありません)
自分で文法をもとに組み立てた英語とのミックスで話しています。

だから、YouCanSpeakに取り組む時も
決して暗記してはいけない、すべてゼロから組み立てねばならないって
心配する必要はありませんよ。

ところどころ、覚えてしまったフレーズがあるくらいは
何の問題もないので、心配いりません。

暗記したフレーズもあなたの引き出しの中身ですし、あなたの財産です。

ただし、丸暗記した文章を何も考えずにそのまま瞬間英作文しているようでは
(というか、その場合は「英作文」ではなく「暗唱」ですが)
意味がないので、丸々覚えてしまったものはしばらく寝かせましょう。

そしたら、心配しなくてもすぐ忘れますから。笑

で、忘れたらまたやればいいのです。


「すでに英文を暗記してしまっている文章では
 イメージ化の訓練ができないのではありませんか?」

というご質問もいただきましたが、
難しく考えず、英文を丸暗記してしまったものは寝かせましょう。
やるべき問題は他にいくらでもありますから。

そして、丸暗記しないように問題を取り組む順番を工夫してみてください。
くわしくは、前のページに書きました。

→ YouCanSpeakを毎日やっていたら暗記してしまいませんか?

というわけで、お役に立ったら幸いです!






えいみのYouCanSpeak体験談はこちらから

YouCanSpeak英語力スピーキング特化システム ◆独学で英語の達人限定無料特典あり◆

独学で上級レベルの会話力を身につけるには「イメージをそのまま英語に直す」以上に効果的な方法はありません!単なる日常会話用の英会話教材はたくさんあれど、これは本気モードの体育会系。トレーニング時間は、なんと英会話教室の授業の約4年8ヶ月分。

対象者: 英検準1級~、TOEIC700~(えいみ目安)

⇒えいみのYouCanSpeakの体験談を読む

サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ