シャドーイングで学習レバレッジを最大にする方法

escalator-283448_640

「何か別のことをしながら英語時間が自動的に積み上がった」

というのが、
私の英語学習が多くの人より上手くいっている最大の秘密です。


私は、シャドーイングのためだけの勉強時間を1分も取っていません
すべて、運転しながら、家事をしながらなどの「ながら勉強」です。

ながら勉強が習慣になってしまいさえすれば
「やらない方が気持ち悪い」くらいになってしまうんです。

忙しくて勉強をする時間がない、
英語を習慣にすることができず、長続きしない・・・という方にこそ
ぜひ、取り入れていただきたい勉強法がシャドーイングです。


だって、毎日忙しいんじゃもん。
英語の勉強に、そんなに時間割けんのんじゃもん。

あんただって、そうじゃろ?

英語の勉強しよーかのー思うても、机についた瞬間に眠とうなるじゃろ?
机につく時間すらないくらい忙しい日もあるじゃろ?

(なんか、広島弁ってこうやって文字にしてみたら
 ものすごいお年寄りの話し方にしか見えませんね・・・^^;)


独学で英語の達人システムのシャドーイングは、「何も見ずに」行います。
耳で聞こえる音だけをたよりに、その音を再生していきます。

家事をしながら、運転をしながら、散歩をしながら・・・など
耳は空いていてiPod等で音は聞けるけど、テキストは読めない
というときにやるのがお勧めです。

こういう時間って結構多いもので、無理なく取り組めます。
無理があると長続きしないので、「ながら勉強」を上手に取り入れてください。

私は車での通勤中にシャドーイングをします。
運転しながらブツブツします。
(ただ直進しているだけの時など、安全運転に支障のない範囲で)

その習慣を、10年以上続けています。
毎日1時間のシャドーイングをしていたとすると、
2000時間以上は英語時間が自動的に積み上がっていることになります。


目と手がふさがっていても「ながら勉強」で出来るのが、
シャドーイングのいいところ。

入浴しながら、家事をしながら、化粧をしながら、など
「耳と口は空いていて、目と手がふさがっている」
という時間をうまく活用してみてください。


「簡単すぎる」程度のものをシャドーイング素材に
してくださいと言っていますが、これが理由でもあるんですね。

あんまり聞き取りに苦労するものだと
シャドーイングに集中しなきゃいけないので、困るんです。

集中しなきゃいけない
  ↓
ながら勉強できない
  ↓
シャドーイング時間を別に確保する必要がある
  ↓
面倒なので続かなくなる


という明確な公式が、私の中には成り立っているわけです。
だから、聞き取りそのものが難しいような英語はシャドーイングには使いません。


入浴中にシャドーイングをするには、
私はiPodと防水スピーカーを使っています。




「何か別のことをしながら英語時間が自動的に積み上がる」
という習慣、ぜひあなたも取り入れてください。

これが習慣化されれば、あとはこっちのもんです。
エスカレーター式に、ラクに自動的にどんどん上がっていくだけです。


シャドーイングで耳と口を鍛えながら単語(熟語)を習得


これもかなりすごいとっておきの方法なのですが、
単語・熟語の例文集などをシャドーイングに使うのもお勧めです。

なぜかというと、
単語や熟語の暗記とシャドーイングの訓練がいっぺんにできるからです。

単語や熟語の教材をシャドーイングに使うことの利点は
単語や熟語が主役なので、文章の構造が単純で文のひとつひとつが短く
シャドーイング教材として優れているからです。

文章が長くなったり複雑になったりすると
意味を理解するところでエネルギーを使ってしまいますから、
シャドーイングの良さが発揮されません。

私は、単語と熟語のCDつき教材を何度も何度もシャドーイングしたので
それでほとんど覚えてしまいました。車の中だけで

単語の教材なんかは、テキストを開くのは
最初になじみのない単語や意味の取れなかったところを確認する程度でした。
CDは擦り切れるほど聞いたのに、テキストは新品同様という。

⇒ 私がシャドーイングをやり倒したボキャブラリー教材はこちら

シャドーイングと別の勉強を組み合わせるという方法、ぜひ試してみてください。
一石二鳥にも三鳥にもなりますから。


サブコンテンツ
mailk

このページの先頭へ